第16話 三度目の引っ越し

三度目の引っ越しをしました。

と言っても、家の引っ越しではなく、

昔 書いた童話の引っ越しです。


一番最初は、魔法のアイランドに載せてたの。

あすこは、女性の作家さんたちが たくさんいました。作家さんたちの公開作品も、恋愛小説が多かったかな。

(´・ω・`) 楽しかったんだけど……

残念なことに、広告表示が大半を占めるようになり、

肝心の読書がしにくくなり、

サイトを退会して、引っ越したのでした。


で、そのあとの引っ越し先が、エブリスタ。

読書しやすくて、大好きな作品に たくさん出会えて、

引っ越して良かったなあ。って、嬉しかったです。

けど、また、(´・ω・`) エブリも広告が大半を占めるようになり、

カクヨムに引っ越しました。


だから、その童話(題名は、葡萄の国の王子様 です)は、

引っ越し三度目です。


でも、引っ越して良かったこともありました。

それはね、小説の書き方を、わかりやすく教えてくださる作家さんに出会えたことです。

エブリスタでね。


すんごくステキな物語を公開されてる作家さんで、いままでに何十作品 読んだかなあ。

何十……ってか、百以上 読んだかも。

はまって、はまって、夢中になって読んで、

また読み返して、またまた夢中になって。


その作家さんが、初心者向けに、小説の書き方講座を書いてくださったんですね。

o(*⌒―⌒*)o わあ、嬉しい。

読みました。勉強しました。

で、自分の童話を見直しました。


だから、カクヨムには、見直したものを載せました。

今日から、少しずつ公開していきます。

古くさいストーリーです。あんまし読まれないかもしれませんが、

私には、宝物です。


だから、引っ越しは、もうやりたくないです。

神様お願い。

カクヨムが、ついの住みかになりますように。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます