第6話 読みやすくてうれしい

いちいち広告(コマーシャル)を見てからでないと 次のページへ行けない小説サイトから

こちらに作品をアップしてくださる作家さんが増えてきました。


(´;ω;`) めっちゃうれしいです。

なぜって、こちらでならば

お気に入り作品が、見たくもない広告なんかに邪魔されず

サクサク読めるもの。


読み専の気持ちを わかってくれないサイトは

あまり行かなくなりました。

大好きな物語が いくつもあって、栞を挟んで、更新されると うれしくて、続きを楽しみに読んでいたんですけどね。









  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます