第26話誰彼構わず話してはいけない

悩んでいたら相談してね、友達じゃない。

この言葉ほど宛にならない。的はずれな回答が戻ってきたり、あなたは恵まれてる‼️なんて言われたら、余計にイライラが倍増するし

話してしまった私に落ち込んでしまった。

こんなこと、何回もした、何回も?それは大袈裟だが、誰にも話せなくて、私の中で悩んでいて、何か私の心の糸が切れた、そんなときだったから、話してしまった。


話すなら、心療内科か、いのちの電話、的なやつに。秘密にしてくれるから。

アドバイスを求めていないのに、言われたり

それは、私に言われても困る、とか言ってきたり、え?相談してねって言ったよね?だから、勇気出して話をしたのに。

裏切られた、ここで、その感情が生まれる。


そしてまた、相談する人も欲しい回答がある。それを、偶然にも言ってくれたらラッキー、しかし、現実は的はずれな回答がたくさんある。世の中完璧にはいかない、そう分かったつもりでいるけれど、やはり、全てが上手く行きたい。


いや、私もね、知人と暮らし始めてから、近隣の騒音に悩まされ、一体何時にものつくりしてんねん‼️というくらい、夜からの打ち付ける音、翌日のゴミ箱に大量の段ボールがあると、昨日のあれかな、と、感じてしまう。

騒音に、知人との生活リズムの違い、完璧なんてないけれど、さすがに、頭がおかしくなる‼️と、そんなときに、前回登場したスピリチュアルお姉さん、余計に疲れた私が居ました。


元々、誰かとつるんで行動するなんて嫌いで、だけど、会社員になってからは、それでは、暮らしていけないと、勝手に思い込んで、女性同士のランチに連れだったり、しましたよ、しましたよ、これでも私も。

やっぱり、合わないや、の答えを確認しただけで。

美味しいお店を発見、それはありました、収穫でした、しかし、主婦トークにはうんざりだし、独身頑張ってます女も、刺があるし、変わってるね、一人でランチ、と言われても、やっぱ無理やねん‼️でした。


協調性、無いのかも、社会性、それはある。人間味、それもある、欠けているのは?

無理に笑って、本当の等身大の私で居ないこと、これだ。


何でも相談してね、力になるから。

なって欲しいのは経済面だけだ、これは私の個人的意見、聞くしか出来ないけど、といいながら、あなたなんてまだ良い方だと結論付ける。

聞いてないじゃーない、ただ、聞くっちゅーのは、どっから仕入れたか分からん一般論ちゅー、怪しげな、自らの言葉に責任取りたくないから使うあれやな、「みんな、そう言ってる」どこのみんなじゃ‼️これ、学生時代だけじゃないんです、会社に入っても、暮らしている地域でも。


自分が弱っているときに、まぁ、刺さる刺さる、「私って協調性ない?普通じゃない?おかしい?気違い?」私もよくぞまぁ、ここまで、自分を疑った、想像力豊かだ。

この、訳のわからないみんな、にも、惑わされてはいけない。


日頃から様々なことに関心を持つ、これなんです。

って、うつ状態で、摂食障害で長いこと悩まされてきての、答えです。

様々な人にも出くわしました、温かい人もいました、あれは、ラッキーであり、感謝しかないです。


私?今が気になりますよね、何をしてるんだ?と。

家事してます、ですね。会社にもまた、勤めたいです、だから、履歴書も出してます。

働き方、自分で把握してなかっただけでした、何も自分から障害者にならずとも良かった。

約3年とはいえ、長かった。


本当は、経理部を退職してからかれこれ半年以上、新たな職場も決まっていました、しかし、いざとなると、自分でもビックリしましたが、体が行こうとしない、辞退した、これを三回くらいしてしまいました。


あ、私に降りかかっていたあれこれは、実は大変だったんだ、だから、今になって体が反応したんだ、そう、気づいたんです。

甘えです、甘えです、それは受け止めます。

今回はようやく、甘えより、私の心の声を受け止める事を選択しました。


実はね、手芸や勉強がずっとずっと前から好きでして、体調と相談しながら創作しているのです。

あとは、家事ですね、潔癖なくらい、問題ですねぇ、しかし、動けば気持ちも変わるんです。雑巾がけしたら、変わるんです、汗をかいたらシャワーでさっぱりするんです。


何か、変わりました。

私で居たいんだ‼️残り、短くて結構、長いなんてむしろ私には拷問、ならば、私と向き合って、私が心から楽しいと言おうではないかと。気持ちが変わりました。


掃除、すごーい、心の埃も取り払うのか?と、感心。晴れた日には布団を干す、フカフカで気持ちがいい、これだけで違うんです。

え?ビルの真ん中に暮らしているから窓もなく、風も感じない、それは、環境が適していない。見直しを、とはいえすぐには動けない、ならば、庭園などにたまに出かける。


そうしていくうちに、私が過ごしたい環境、が、分かってきたのです。

感情が溢れて誰かに愚痴を吐きたい、今すぐに、こんなときは、部屋の掃除と布団を干す。肉体的に疲れさせて、今の気持ちはどこから来たのか?を考えてみる。


誰彼構わず話しては、自分が疲れてしまうし、自分が求める回答は得られない、むしろ、的はずれな回答ばかり、ネットで愚痴る?お皿を割りに出かける?パチンコ?

違うな、違うな、本気の相談なら行政や労働相談窓口、秘密は一応守られます。


どうでもいい、お友達、は、いりません。私はむしろ、お友達にさえ、優等生でいなくてはいけないと、思っていて行動したから疲れていました。

お一人様?テレビ番組でいろいろありますね、それが本当に孤独なのか、私は違いました。


やっぱり、休養の方法が間違っていました。気づきました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます