第16話どうしてこうも、比べたがる?

槇原敬之「世界に一つだけの花」にもあるように、健常者vs障害者なんかじゃないのです。企業では、障害者vs障害者、どっちがより、重く可哀想でしょうか?な、争いなのです。

うつ、おとなしいです、作業の制限は特にありません、ただ、真面目に根を詰めやすいので、長時間労働は辛いです。


発達障害、集中力ものすごくあります、ただ、複数の指示には混乱です、など、様々な条件あります、統合失調、自閉症、強迫神経症、同じく。


視覚障害、聴覚障害、機能的部分で制限があるのみ、身体障害も同じく、ダウン症、これは、支援施設での生活訓練その他が必要なので、別とする。


これら、違うのですが、企業においては、よほど整備された企業でない限り、「障害者枠」は、同じ、ひとくくりなのです。

ショッピングセンターで複数の店舗で買い物をしたとき、気の利いた店員が「そちらのお荷物も、おまとめいたしましょうか?」と、尋ねてくれる、あれは、ありがたい、が、企業では、まさに、お荷物おまとめ、感覚なのです。と、私は感じました。


露骨にしすぎると、障害者団体からものすごい抗議の嵐になるので、露骨にはしない、だが、あれこれ出される取り扱い説明書に、対応など、出来ないのです。

だって、営利目的ですもの、慈善団体ではありませんもの、ただ、国が指示したから、なだけですもの。

私はこう、解釈しています。


より一層、自分は可哀想で手厚くされるには、私の方が先天的障害だから、治らない、あなたみたいなうつなんか、いつか、治る、だから、出来るよね?と、障害者の間で起きるのです。そしてまた、障害者同士お互いは分かりません、なったことあるなら、健常者より、詳しいし対処できるはずだよな?違います。


障害者も、人間です、人間性の問題です。

自分だけがこの世の不幸で、自分は手厚くされて当たり前、こんな考えの人もいれば、こんなだから、普通じゃないから、周りの迷惑になっている、引きこもろう、となる人もいれば、ただ、医師からの診断名、取得した障害者手帳の等級が同じ、なだけで、成り立ちも、経過も違うのです。

あと、一番大事なのは、その、障害者本人が今とこれからをどのようにしたいのか、これによります。


私は学生時代から、振り返れば一風変わった人が、引き寄せたのか居ました、出くわしました。一時的で、今ではその人が何をしているか、知りません、知りたくありません。

こんな人が居ました。

彼女は、先天的な脳の障害があるらしく、東京女子医科大学の高名な先生にかかっていたようで、ご両親も、一人っ子かつ、先天的障害のある彼女をガラス細工のように、接していたようでした。


私にもよく、「私ちゃんは、健康だから、理解できないよ❗️脳の病気だもん❗️治らないし、ずっと薬飲まないといけないから❗️」ことある毎に言われた。

「それって違うよね?」言えば、ヒステリー起こされて、私ちゃんは、人を受け入れない、否定ばかりする、おかしい、障害者を理解できないなんておかしい、この、言葉の嵐でした。

一緒に居ても楽しくない、私は彼女から、遠ざかるようになりました。

あれから、自分が障害者になってみて、障害者と関わってみて、やっぱり変わってないな、どっちが可哀想でしょうか?を、する。


いや、私も会社でいじめられ、会社によって、うつと摂食障害にさせられて、どうしてくれる❗️この人生、お前らの責任だ‼️と、思っていました、私の気持ちを悟れない周りはおかしい、バカだ‼️そんな考えでした。

世間体が悪いから、うつだというのを隠して

いわゆる「クローズ就労」していました。

それが、続かなかったから、障害者を明確にした「オープン就労」をしてみました。


障害者枠で入ったのだから、今度こそ居心地良く、リハビリ出来ると信じていました。バカみたいに信じていました。

だけど、待つばかりは何も変わらない、だから、私から、周りと話すようにしました、幸い、明るいね、いつも、と評価されました。

うつ=暗すぎる、移りそう、こう思われたくないから、笑わせよう、と、頑張りました。

だから余計に、なにもしなくて、会社や社会の責任にする障害者が、うんざりと、腹立たしく感じていました。


会社は何でもしては、くれません。むしろ手厚くしていただけたなら、それは、ラッキーです、まさに、有難い、ありがとう、です。

変えろ変えろと、わめくなら、自らも、これは、出来ます、と、可能なことをアピールする。

働き方も、自分から選択する、私はようやく、それを開始しました。


職業選択も、就労時間も、なにもかも、世間体だけを気にして、私を分かっていませんでした。

うつが治るには、運動して、早起きしたら、9割治ると、YouTubeで精神科医が話していました、いや、それ、出来たら病気行かないし、9割治るとか、その具体性が、追い詰めるんだって言うのに。


おっと、話がそれました。

企業での、障害者は、ひとまとめです、私が知る限りは。違うなら教えてください、私の取りこぼしですから。

どっちが可哀想とか、うつは市民権得てるけど、うちら、違うしとか比べないで、闘う相手が違ってます❗️

個性だと開き直らないで‼️障害は障害です。


そんなじぶんを受け止める、ならば、快適に暮らせるにはどうしたらいいかを、「トライ&エラー」何度でも、繰り返す。

社会が変わるのを待つよりも、自らが変わるのを先にする。

そこから、すべては変わる。

私は、確信しています。無理するな、無茶するな、周りに期待するな❗️


だって、不死身じゃないもの、いつか終わるもの、私が変わると周りも違いますよ、今、私がそれを、しているのですから、あと、相談、あ、占い師とかじゃなく、誰彼構わずネットじゃなく、これは、な、所に、するのも、また、行動。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます