第13話直情バカの事件簿

高校時代に友人から「私ちゃんは、カッとなると前後のみ境なくなるから、気を付けた方がいいよ」言われた台詞を今、よーく噛み締める。

見た目はおとなしい弱そうな雰囲気、しかし、内面に熱いものがいつもある、「漢」おとこ、ですか?な、私、キャラじゃないのに嫌われたくなくて、優等生演じて参りました。だから、火山の噴火のように爆発しました。


思えばスピリチュアルお姉さんの言葉にすぐに反応して騒ぎ立て、会社の新人精神障害者からは、「私さんが、自分に冷たく当たったから、自分は出勤が怖くて出来ません。」と、会社隣のファミレスから、直属の課長に電話され、直属の課長が迎えに行き、当時、私の隣の座席配置だった新人を、私から遠く離した。

私が悪いんですか?マニュアルまで作成したのに?私が冷たくした?課長は、私に丸投げしただけじゃないですか‼️他の人も我関せずで、みんな私が悪いんですか?


冷たくした、これが当てはまる事件がある日の午前10時10分に起きた。

よく、席がえを敢行する部署で、今までは部長クラスは個室が与えられていたのだが、廃止になり、嫌なことに、我々一般社員の横に、しかも、就業時間の2時間前から来ている。

非常に心地悪い。

私は、新人と雑談からリラックスしてもらって、精神障害者で来たわけだし、慣れて欲しいと、雑談混じり、本題を、毎日していた。

時間を10分と決めていたのが、その日は、新人も気分が良かったのか、たくさん話をして来た。

それを、部長は、騒音として

「あのさ、うるせぇんだよ、雑談ならあっちでしてくんない?俺の仕事が集中出来ないから❗️他もさ、大迷惑してるんだよ‼️」怒鳴られたのです。

私は新人に「ごめんね、嫌な思いさせて。」と、平謝り。

後から部長「ごめんね、悪気ないんだよ。」

え?え?え?怒鳴りましたよね?というか、座席ここに来たの部長ですよね?課長は、さっさと逃げて、窓際に引っ込むし。


怒鳴られてまで、私も精神障害者の相手、しかも無給で、していられないわ‼️怒鳴られるなら、私も仕事あるし、話すの止めた、課長は、だんだんと、この件には遠ざかっていて、私からの提案にも、「あー、分かりましたよ❗️あいつ、クビにするから❗️」こんな回答だった。クビにしたかったのは、会社では、まだ、障害者だった私が、生意気に進言なんかしたから、邪魔だったのか?


部長、課長からは「私さんには全て見透かされている気がする。」そう言われた。

課長は「私さんは、仕事出来る❗️使える❗️」べた褒めだった。そりゃ、嬉しかった。認められた、のだもの、欲しかった、承認だもの、

私は、存在価値あるんだ‼️嬉しかった。

たかだか数百の人数の会社だったが、嬉しかった。

誰かに、会社の中で認められたかった‼️

出来るやつと、言われたかった‼️ここで踏ん張らないと私はうつのままだ、だから、耐えるべきだ‼️と、走った、結果認められた、嬉しすぎた。


あれ?これって新興宗教にはまっちゃうメカニズムと一緒?

これを、心理学者は「自己肯定感が、極端に低いんですね、だから、人一倍、承認欲求が強いわけですよ。だから、無理も厭わなくなるんですよ。」と、テレビや雑誌で、または、講演会で語る。

そうですけどぉ、なんか、問題起きてから、このタイプはこうしやすい、とばかり、話さない?


ならば、まずは、冷静に聞きなさい、他人から認められたい、以前に、あなたは、あなたが、大好きですか?嫌いなんじゃない?

一番の敵にしてない?それ、解放してあげようよぉ。あなた自身があなたの、一番の味方でいて、治療においては、一番の名医でいなさい❗️最後の一言は私が実践していることだが、これ、話して欲しい。


みなさん、うつに、頑張れは禁句です、休ませましょう、簡単な作業を与えましょう、何にも解決になってない❗️真面目なうつは、気を遣わせて、ご迷惑さんになる、申し訳ない、生きてる価値ない、と責め立て、ラッキー、障害者特権フル活用❗️と捉える人には

「自分、障害者なんで、一度に指示されたら出来ません。優しくしないと、団体に言いますよ、SNSで晒しますよ」え?脅迫ですか?をする。


基本、うつは静かです❗️その他の障害者です、ああだこうだ、なるのは。

可哀想な障害者を面倒見ている奇特な人物、をしたいから、団体を立ち上げる?

食い物にしているよね?と私からは見える団体がいくつもあるので、言葉にしました。

そして、障害者同士で、私の方が可哀想合戦するの、みっともないから止めましょうよ、健常者からしたら、同じなんだから。

うわっ、迷惑。お守り勘弁。


障害者になってみて、どちらの世界も行ってみたから話すこと。

安易にダメだ、障害者かな、と、悩んでいる人、それ以上追い詰めないで、そこに悩めているのは、正常です‼️ただ、追い詰めているだけです。

ダメなのは、その働き方かも知れませんよ、その通勤距離かも知れませんよ。その、部署かも知れませんよ。

履歴書が汚れる?そんなにしつこく問われませんよ、言い方が分からない?よし、私が伝授します。生意気か。じゃあ、こうです。一緒に、汚く見えない履歴書作りましょう。


その前に「あー、自分は弱いよ❗️ちょっと言われたくらいで考え乱されて、寂しいよ、認められたいよ‼️でも、これが、自分だー❗️」と、自分を受け止める。私が私の最高の救急救命士。ちなみに、上級救急救命士を持っている私の思考方法。

まずは、救命し、そこから、一番の医師になる、どこよりも、手厚い看護師になる。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます