第6話言ってはいけないこと

なんだか、最近は、産後うつ、普通の?うつ、に対して言ってはいけない言葉があると、講演会やら、セミナーで話をしている。

代表が、「頑張れ」「すぐ治る」いやぁ、ダメなんですか?

だって、要するに時間はかかっても、いつかは、自分の力で、自分の幸せを見つけなさいよ、そこに、頑張れ、ではないのかなと。


あとは、休養が必要、いや、私には、給料がむしろ、必要だ。

なんやかんやと、綺麗事、生きるにはお金が必要だ。

支援者が、永遠にいるなら、別だ、しかし、いつかは、自分の脚で進まなくては。

あぁ、だから、中高年の引きこもりが問題になるのかぁ。


私は、家族には腫れ物でした。何かを言えば塞ぐし、あれを、見たくないから、気を遣ったと、後に言われた。

薄々分かりつつも、言われると悲しかった。

ただの、荷物でしかないのじゃないかと。


会社もそう、法廷雇用率があるから、精神障害者含む、障害者を雇う。

理解?在るわけない、腫れ物。

腫れ物だ、を、気づいてよ、おかしいなと感じてよ、今はすごく、そう思う。

頑張れの言葉は、みんながみんな、言葉巧みに、相手に合わせて話せない、だから、出した答えなだけで、病むといちいち、言葉に突っかかる。


ジミー大西のギャグのように「お前も頑張れよ」これを、切り返すゆとりが、必要なのだ。

で、家族やら周りも対処に困り、セミナーでは、禁句ばかりで、これじゃみんなで、倒れますよ。


どうか、その人を見て、その人に合った言葉を選ぶようにしませんか?

難しいようで、訓練。相手をどう、思うか、で、言葉が下手だからなんて言い訳でなく、相手を思う度合いによる、


腫れ物になるな❗️

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます