114.ソレを殴れる訳は……

ソレは殴り飛ばされ驚愕していた。


「何故ダ!?我ハ概念的存在ダゾ!?我ヲ殴ルナド不可能!?マシテヤ我ニ痛ミヲ与エルナドト!!?」


ソレは殴られた事だけでなく、殴られた痛みを味わっている事にも驚いているらしい。


うん。それじゃあ、もっと殴られる痛みってのを知ってもらおうじゃないの!!


私はそれはもうソレを殴りまくった。これまで散々ソレによって傷つけられた姉妹の分を含めて何発も何発も……そして、何発か殴った後に、強烈な一撃を叩きこんでソレを吹っ飛ばした。


「グッ……!?ガバァッ……!?ナ……何故ダ……!?何故……!?アイリーンデスラ……我ヲ殴レナカッタトイウノニ……!?何故オ前ハ我ヲ殴レル……!?」


ちっ、流石にタフね……結構力入れて殴ったんだけど、これぐらいじゃやられないか……まぁ、いいわ。まだ殴り足りないぐらいだし……だから、私は再び何発もソレに拳をお見舞いしてやった。


「グボォ……!?グハァ……!?ガハァ……!?ハァ……ハァ……何故……ダ……!?何故我ガ……コレ程ノダメージヲ……!?」


あれだけ拳を叩きこんだけど、まだ倒れないなんで本当にしぶといわね〜。バカ皇子よりもしぶといんじゃないかしら?まぁ、バカ皇子はあえてしぶとくさせたんだけどね〜……。

って言うか、何故あんたを殴れるのか……そんな理由すら分からないなんてね……仕方ない。教えてやるか。最後にソレには知ってもらうべきだろうし。


「あなたを殴れる理由なんて簡単よ。それは、姉妹の絆よ」


「姉妹ノ絆ダト……!?」


私の言葉を受けて驚愕するソレだが、すぐにバカにしたように笑いだす。


「フハハハハ……!アリエナイ!アリエナイ!姉妹ノ絆ナドデ!我ヲ殴レルナドト!我ハヨク知ッテイル!絆ナド脆ク壊レヤスモノダト!!」


ソレは笑いながらそう言った。

ふ〜ん……よく知ってる……ね……全然よ。あんたは姉妹の絆ってやつを何も知らないわ。だって


「だったら、あなたの両側にいる娘達は何かしらね?」


「ナッ……!?」


私に指摘され、ようやく気づいたらしいソレは、自分の両側にいる人物を見て驚く。


ソレの両側にいたのは、「私」とアリーだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます