56.広がる悪意

憎い……!憎い……!あの娘が憎い……!!




「魔力数値……計測不能!!?魔力属性は全属性!!?」


「凄い!これは凄い才能の持ち主が現れたぞ!?」



「お姉様!やりました!これで私もお姉様と同じ学園に……」


バシンッ!!


「お……お姉様……?」


「やめて!?触らないで!?私に近づかないで!!?」



憎い……!憎い……!憎い……!私よりも優れた才能があるあの娘が……!?



「アリー様がいればステインローズ家も安泰ね!」


「それに比べて双子の方の姉ときたら……」


「やめましょう。そんな事を言ったらご主人様の不興をかうわよ」


「…………」



憎い……!憎い……!憎い……!憎い……!あの娘がただ憎い……!



「大丈夫だよ。アンナ。アンナも私達の大切な娘さ」


「そうよ。だから、気にしちゃダメよ」



やめて……!?そんな哀れみなんていらない……!!?どうせお父様も!お母様も!あの娘が大事なんでしょ!?



「すまない。君との婚約を解消したいんだ」


「なっ!?なんで!?どうして!?あなたは私を気に入って婚約してくれたのでは!!?」


「いや、これは親同士が決めた婚約なんだ。俺には他に好きな人がいる。だから、そんな気持ちを持ってる俺が君と誠実に付き合う事など出来ない……」


「そんな……!?まさか……!?その好きな娘はアリーですか!!?」


「すまない……」


あぁ……!?アァ……!?憎い……!憎い……!憎い……!憎い……!憎い……!憎い……!憎い……!憎い……!憎い……!憎い……!憎い……!憎い……!憎い……!憎い……!憎い……!憎い……!憎い……!憎い……!憎い……!憎い……!憎い……!憎い……!憎い……!憎い……!憎い……!憎い……!憎い……!憎い……!憎い……!憎い……!憎い……!憎い……!憎い……!憎い……!憎い……!憎い……!憎い……!憎い……!憎い……!憎い……!憎い……!憎い……!憎い……!憎い……!憎い……!憎い……!憎い……!憎い……!!!!






ここ、マグダエル公爵家の屋敷の一角でも、その黒い悪意がひしめいていた。


「何故……!?私の方が先にカイン王子と出会ったのに……!?」


マグダエル公爵家の一人娘であるエリザベス・マグダエル、彼女の瞳には憎悪の炎が燃えていた。


「何故……!?たかが魔法が強いというだけの伯爵家の娘が……!?絶対に……!絶対に認めない……!カイン王子に相応しいのはこの私なのよ……!!」


エリザベス公爵令嬢の憎悪の炎はますます燃え上がる。


その炎はやがて、伯爵家の双子姉妹に飛び火していく……









憎い……!憎い……!あの娘が……!?アリーが……!?私の全てを奪うあの娘が憎い……!!?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます