9.「出版社」と「書籍化」と「収益化」の再検討

 ここまで述べてきたとおり、作家が作品を世に送り出すという事や、お金を貰うというシステムに関しては変革の必要性があります。その一つが既に述べたカクヨムの「収益化」という取り組みにもなってくるのですが、本項では最後に「出版社」と「書籍化」と「収益化」の立ち位置を再検討してみようと思います。


 まずは「出版社」。かつては作品を世に送り出すという意味で権威的で、絶対的でした。しかし、現代においては作品を世に送り出すことはもう、作家単体でも出来るようになっている。ではどうしたらいいのか。答えは簡単。作家一人では出来ないことを補えば良いんです。


 具体的に考えていきます。今現代において、作家が作品を公開することは出来ます。じゃあ何が出来ないのかといえば、宣伝です。これは自薦だけではなかなか難しい。勿論、ここに「流行らせんかな」という意識が入った瞬間に駄目になるという前提はありますが、良い作品が、日の目を見ずに消えていくというのは往々にしてある事です。


 また、「作家を育てること」。これも作家単体では難しい場合が多いです。可能性はあるんだけど、悪い所が多い作家に対してアドバイスをし、良いところを伸ばしていく。それが出来るプロフェッショナルは依然として必要となってくるでしょう。これもまた、出版社が担ってきたところで、これからも担っていくべきところです。


 そして次に「書籍化」。これは立ち位置が大分変わります。今までは書籍化を通して世に送り出されていましたが、これからはその立ち位置が自由になる。つまりは「書籍化を通じて世に送り出してもいいし、既に人気の作品を書籍化してもいい」という事です。

 

 極端な話、ネット上で完結した人気小説に加筆修正したものを出版してもいいんんです。以前ならばそれを出来るのは一握りでしたが、現代では人気な作品を書いていればそれだけで収益が得られるようなシステムが出来つつある。作家の収益は「書籍化で初めて」ではなく、むしろ「書籍化」は「ファンへのサービス」のような形もあっていいのではないでしょうか。


 最後は「収益化」。これはもうカクヨムが既にやっているような取り組みが近い所かなと思いますが、要は「作家」が「書籍を出版していなくても人気に応じて収益を得られる」のが理想なのかなという感じ。それは広告という形でもいいですし、投げ銭という形でもいいでしょう。書籍化と絡めて、クラウドファンディングを行うというのも一つの手かもしれません。

 

 そういった「0か1ではない収益化」が出来るようになっていくことが、作家、そして創作業界全体にとってもプラスになっていくんじゃないかなぁと。やっぱり頑張っていい物を書いたら、その分お金になるっていうのは素直に嬉しいですし、良いものを書いている人にはなんらかの支援をしたいなぁと思いますからね。そういう気持ちを無駄にしない形が大切なのかなぁと。



【ざっくりポイントまとめ】

・「出版社」は作家一人では出来ない事を補うのがいい。

・具体的には書籍化や、宣伝など。

・「書籍化」はデビューの手段である必要はない

・なんなら完結した後に書籍がファングッズのような形で発売してもいい。

・「収益化」はカクヨムがやろうとしている取り組みに近い形。

・0か1ではなく、作品の出来や力に応じて収益が得られるシステムが大事。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます