3.LINEノベルは覇権足りえるか

 ざっとその概要を確認してきた「LINEノベル」ですが、今までの投稿サイトを変えるようなターニングポイント。分かりやすく言えば「覇権」足りえるのかという部分なんですが、結論だけ先に言っておくと自分は「NO」だと思います。多分、そこまで大きくはなれないんじゃないか、と。


 何で覇権足りえないのかと言うと、これはもう分かりやすく「既存の枠組みから脱却していない」からなんですよね。より具体的に言うならば以下のような構図。


アマチュアの物書きが小説を書く

出版社がそれを見出して、声をかける

 ↓

書籍化する

売れたり売れなかったりする


 この構図。これが従来型の小説、ないしは創作物が広く世に出ていく仕組みです。その中で「出版社が見出す」というフェーズに関しては時代で微妙な変化があって、かつてはやっぱり漫画大賞とか、小説大賞に応募して、大賞を取ってというのが基本軸だったけれど、最近は「小説家になろう」や後述の「カクヨム」などの小説投稿サイトから作品や作者を見出して、書籍化させるというスタイルが増えたという感じ。


 じゃあ「LINEノベル」はどうなのかっていうと、これも結局は上記の小説投稿サイトと同じで、出版社のやる「小説大賞」をWebでもやるようになったよねってだけなんですよ。構造としては過去ずっとやられていたものと同じ。タイプ的には「カクヨム」が一番近いとは思いますが、結局のところ最終的には出版社が書籍を出して、それが売れたかどうかで続きだすか決めるよって形。

 

 つまり新しい物として出てきているけど、やってる事はそこまで変わってないんですよね。勿論LINEだから手軽に読めるみたいなメリットも無い訳ではないですが、後続というデメリットとほぼ帳消しかなというのが個人的な感想です。


 とはいえ、この「LINEノベル」。三木一馬氏が関わっている訳なんですが、この人、現状自分が知っている限りだと、創作に対するアドバイスの仕方とか、見出し方が今のところ自分に一番近いんですよね。だから良いかは分かりませんが、見るほうの力は信頼出来そうだって言うのは一つ大きいと言えば大きいかなと思います。後大賞の賞金が300万円と結構多いのもポイントかもしれない。うむ。



【ざっくりポイントまとめ】

・現状の力関係を変えるまでは行かなそうな気配。

・従来の作家を出版社が見出して書籍化するという構造から脱却したわけではない。

・編集長の三木氏の見る目はそれなりに信頼出来る……ハズ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます