LINEノベル

1.LINEノベルとは何か?

 さて、まず「LINEノベル」とは一体何なのかについて掘り下げていきます。「LINEノベル」はざっくり言ってしまうと「既存の商業作品も一部読むことが出来る、小説投稿サイト」のようなものだと言えると思います。


 カクヨムでも作家の公式連載などがありますが、恐らくはあれに近い形(それよりももっと規模の大きい物と思われる)をやろうとしているものだと思われます。後は既存の作品。現在出てるのだと『ソード・アートオンライン』とか。編集長が三木一馬氏なので、まあ彼に関わってる人って事なんでしょうか、その辺りの繋がりはまだ分かりませんが。


 それ以外では作品を投稿するシステム。この辺りは既存の小説投稿サイトと同じ。ただ、ちょっと違うのはそこに載っている小説に一つの出版社がオファーを出した時に、参加する他出版社に情報が共有される点。ここ、多分あんまり注目されてないけど、大きな点だと思います。勿論出版社が「他の出版社がオファーを出した注目作品に良い条件でオファーを出す」という事をきちんと出来ればという条件は付くのですが。


 後は(恐らく既存の書籍化作品等のみ)は一部有料コンテンツになっているんですが、これがもう一つ面白くて、読んだ時間によってチケットを手に入れられて、そのチケットを使って続きを読めるというシステムになっているみたい。要するに既存のスマフォゲーのスタミナとかと全く逆のシステム。これも詳しいところを見てみないとですが、構造としては良い感じですね。



 【ざっくりポイントまとめ】

・「LINEノベル」はざっくり言ってしまうと「既存の商業作品も一部読むことが出来る、小説投稿サイト」のようなものである。

・一作品に出版社がオファーすると、参加する他の出版社にもその情報が行くシステムになっている。

・作品を読んだら読んだだけ無料で読めるシステムを実装するつもりである。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます