MOSAIC ─Wasteland Hunters ─

作者 蒼弐彩

191

70人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

最悪の生物兵器“合成獣”(キマイラ)を倒すために戦う、
人間兵器“異能者”(モザイク)たちの物語。

この物語最大の特徴は、凝った舞台設定でしょう。
第三次世界大戦のあとの荒廃した世界、あちこちに棲む“合成獣”、
そしてそれを倒す“異能者”たち。

現実の科学技術を取り入れている点が、物語に圧倒的な説得力を与えています。
“合成獣”の設定が、北欧神話やクトゥルフ神話など、
さまざまな神話伝承から取られていることも印象的でした。

また、戦闘シーンの上手さもこの作品の魅力の一つです。
静謐な筆致で俯瞰するように綴られる文、それ自体に魅力があります。

気になる方は、ぜひ一度開いてみてください。
あっという間に一気読みしてしまうほど、引き込まれることでしょう。

★★★ Excellent!!!

タイトルの通り、こちらの作品は、相当主人公達が苦戦し、尚且つ傷を沢山負います。
昨今の俺TUEEEEでよくある「なんでも圧勝」という戦いなどなく、有り余る文才からやってくる表現たちによって、主人公達の置かれている状況、その緊迫感が身体を包み込み離しません。

また、作者様が理系の方ということもあり、全ての事象に理論付けがされていて「まぁ、この世界ならこうかもね」なんていうふわふわした理由を作り出しません!

そして、理系ならではの専門知識を、分かりやすい説明で教えてくれるため、読んでいて「高校時代こんなのあったなぁ」なんて感傷に浸りながら読めました。
学生の方は、勉強にもなると思います。

また、戦闘描写の方も申し分なく、何が起きているかを三人称で書くことにより、一人称より場面を俯瞰的に見ることが出来るため、是非映像で見てみたいな! と思う程の表現力があります。

そして、これを見た貴方、まずは黙って読んでみましょう。
気づいたら2章が終わっております。

★★★ Excellent!!!

間違いない、異能バトルものが好きな人は読んだ方がいい。

主人公だけではない、その場にいる全員が自らの大義を持ち、戦いに挑んでいる。その背景には彼らの大義だけではない、生まれた時から規定された運命があり、それを規定しているのも、また人間。人間であり人間でない、MOSAICたちは人類の救世主か、悲劇の主人公か?――ただ異能=強い、だけではない、背景から作りこんだ独自の世界にこの作品の魅力がある。

独創性のあるキャラクター設定もこの作品の魅力である。登場する全員が共通の目標を定めながら、各々が自分の信念を貫く。背景とも相まって、彼らは魅力を増す。

勿論、戦闘描写を求めてこの作品を読んでも、大いに満足できるはずである。作者の頭の中はどうやって展開しているのだろうか? これだけの情報を混乱せず書けるのは作者の大きな特徴であろう。

もう一度繰り返す、この作品は、異能力バトルを好む人、異能力バトルを書く人には必読の作品である。単純な戦闘のみならず、背後の世界観を作りこむ創造力、登場人物の魅力、背景とキャラクターに負けない戦闘描写の筆力、異能力バトル作品の必要条件がここに揃っている。一読すべし。

★★★ Excellent!!!

神話的存在の名を冠する強大な負の遺産である生命体たちとの戦い。

対峙する異能者たちは皆少年少女であり、その能力との代価に短い寿命が宿命づけられている。

元々残酷だった自然の摂理を人がいじると、その残酷さは時に理不尽な域にまで引き上げられる。

そんな世界で展開する物語。

傷一つないガラスは鋼鉄に等しい強度を持つが、傷の無いガラスは一つも存在していない。それは我々人間の心と同じだ。まして、少年少女ならなおさらだろう。

彼らの鋭くも透明で、そして割れやすい命を刃とした物語。

作者の言葉選びのセンスがそれをより際立たせて、美しささえある。これはそんな物語。

★★★ Excellent!!!

数話読んだけど、凄いです。
第三次世界大戦が舞台で、説明が割と多くて読みやすいです
ルビのフリも、日本語に英語や海外料理メニューみたいに振ってあるのが、個人的に個性を感じました。

世界観が魅力的で、想像出来ます。
SFって個人的には宇宙と銀河が舞台や未知なる生物と戦うイメージが強かったですが、こちらの作品は一味違いますのでぜひ読んでみてください。

★★★ Excellent!!!

異能系だが銃火器系。これもまた良し!

世界は世界大戦時に投入された兵器、合成獣(キマイラ)の暴走にて荒廃した世界。
未だ合成獣(キマイラ)が蠢く世界で、対抗兵器として寿命を犠牲に戦闘能力を持った人間、異能者(モザイク)として戦う少年少女達がいた。

そんな異能者(モザイク)の一人、紫苑は、日本よりかつてドイツと呼ばれた国へ派遣された。
そこで同じ異能者(モザイク)の仲間と共に、合成獣(キマイラ)と戦う物語。

という事で、内容の通りバトル系作品ですが、現代の銃火器と、異能の力を合わせたファンタジーともSFとも取れる作品です。

魅力はやはり戦闘。
それぞれの能力を駆使する点もそうですが、各々の過去から生まれし、その性格もまたポイント。
やや危うさのある主人公の紫苑にしても、喧嘩したりしながらも仲間を助けようとするロゼリエにしても。
その異能だけでなく、そんな彼らの性格が戦闘にドラマ性を生んでいきます。

また、戦闘描写の表現もまた逸脱。
詩を奏でるように描写される戦闘は、厚みがあり過ぎず、しかし魅力的な世界を見せています。

勿論、ただ合成獣(キマイラ)と戦うだけに終わらじ、暗躍する組織の存在などもあり、それでなくとも未来が見えないこの世界観に、より厳しさを見せていきます。

文章はライト過ぎず、しかし描写している中でも読みやすい標準的な印象を覚えました。
個人的にこういうポストアポカリプス世界はある程度描写されてこそイメージが膨らむので、ちょうどよい感じだと思います。

未来を犠牲に、未来のために戦う少年少女達の戦いは、王道もあり。時に息を吐ける日常もあり。
色々な顔を見せてくれます。

そんな世界、皆様も是非堪能してください!\\\\٩( 'ω' )و ////

★★★ Excellent!!!

主人公の辛い過去や重いハンデが見ていてとても格好良かったです。
主人公達もとんでもなく強いですが、それ以上に敵が強く、どう勝つのかと言った展開が続きハラハラして見てました。
そして、戦いだけではなく人間関係も見ていて楽しい作品でした。
別れや、恋など生死が側にある場所でこれからどう進んで行くか楽しみです。
今主人公達は、とても苦しい展開ですが
応援しています!

★★★ Excellent!!!

この物語の中に入るまでに、時間は必要ありませんでした。徹底的に、作り上げられた物だと認識できなくなるほど設定がそこら中に散りばめられており、違和感を感じたり元の世界に戻るような、冷静になる隙がなかったので、本当に感動です!

★★★ Excellent!!!

世界中に跋扈する合成獣に対抗するため、若者たちが異能を武器に戦う話。
しかし異能といっても、便利な魔法など、この作品には存在しない。人の身を超えた者――異能者《モザイク》。その代償に、彼らは自身の寿命を薪にする。場合によっては、10代半ばで人生の折り返し地点を過ぎるほどに。

守るべきものを守れなかった。自らの命に、価値などない――序盤から捨て鉢な言動の目立つ主人公。その価値観を撃ち抜くのは、狙撃手の少女。生死の間際で揺れながら、彼は何故生きてきたかを自身に問う。


少年たちは、命の残り火が尽きるまで戦い続ける。精緻な戦闘描写はもちろん、登場人物たちの心の動き、ふと見せる年相応の日常と見どころ満載の作品。

★★★ Excellent!!!

世界観、キャラクター、文章の書き方、全てが超高クオリティにまとまっている作品です!

この作品の一番の読みどころは、あらすじにもある異能者と合成獣との戦いです。臨場感あふれる戦いは、読む手を止める事を許さない程の圧倒的な書き方で、気付いたらあれ? もう終わったの? となってしまうほどです。

読んで絶対に損はしません。むしろ読まないほうが損なくらいです!

★★★ Excellent!!!

読ませて頂きました。

とにかくかっこいい。その一言に尽きます。

数多くの表現や、銃の戦闘描写もさることながら、世界観がとても魅力を感じさせるものでした。

タイトルを英題することや、実弾を使用するなどの工夫も随所に見ることが出来ました。まだ、自分が見つけられてない素晴らしさもあると思います。

冒頭第一文から、世界に引き込まれました。異能力や合成獣といった魅力的な単語が飛び交うところも素敵でした。

更新頑張ってください。応援しております。長文と上から目線、失礼しました。

★★★ Excellent!!!

第3次世界大戦後ということで殺伐とした雰囲気が何となくありますが好きです。文章も精緻に書かれていてそれでいて引き込まれるような感じがして素晴らしいです。合成獣キマイラとの戦闘シーンも息をのんで読みふけりました。カクヨムで感想を書くのは初めてなのですが、蒼弐彩先生のご活躍の一助になれば幸いです。

★★★ Excellent!!!

縁があってこの作品にたどり着きました。
プロローグと1章分を読んで思ったのは、商品価値がある小説なのにどうしてカクヨムに置いたままにしているのか、ということでした。
amazon kindleでは挿絵や表紙絵をつけた一般人の小説がたくさん売られています。
例えばこの作品を文芸フリマで同人誌として販売し、後でkindleで販売していたらきっと買うと思います。
序盤のキメラを撃とうとする女の子の躊躇いが特によく書けていて、世界観が説明的なセリフではなく地の文で、それも違和感なく書かれているのはなかなか異例だと思います。
シオンが夢を見ていて、日本語が理解できない登場人物というのも読んでいて腑に落ちますし、これに商品価値がないなんていうのはおかしいと思います。
たとえ編集者の方と巡り合うことがなくても、kindleやbookwalkerで販売すればランキングを狙えそうなほどに素敵な作品です。
ぜひ商品として出してほしい。そう思う一作でした。

★★★ Excellent!!!

 背景は、第三次世界大戦後の荒廃した地球。大戦後の異物:合成獣に対抗すべき生み出されたMOSAICの少年少女たちの生き様を描いたSFファンタジー小説です。

 化学的根拠のある世界観は非常に鮮明の描写されておりまた鋭さがあります。
 合成獣との戦闘シーンも細かい所にまで工夫が施されておりバトル小説の中でも頭一つ抜きんでている印象を受けました。
 また、キャラクターの仕草や会話の言葉選びも良く読みやすいです。

是非、一度読まれてみて下さい。

★★★ Excellent!!!

 第三次世界大戦後の荒廃した地球が舞台となる異能系SF作品。大戦時の遺産である生物兵器が跋扈する世界で、これらに対抗する為に産み出された『MOSAIC』と呼称される少年少女が懸命に生きる姿が描かれている。

 ともすれば、破茶滅茶な設定の多い異能系作品の中で、本作が抜きん出るのは、科学的知識に裏づけされた世界観と、贅沢すぎる程に表現された戦闘描写。
 加えて、少年少女の感情を多様な角度で巧みに映し出しており、彼等の喜びや慟哭が読者の胸を打つことだろう。

 登場人物の一人一人の輝きが一つの欠片となって各話ごとにキャンパスに埋め込まれていき、まるで、徐々に形作られていくモザイク絵画を隣で見ている様なそんな感覚を与えてくれる。

 更なる飛躍を予想させる本作。果たして、どの様な作品を描ききるのか、著者の創作活動に賛辞と喝采を贈りたい。

★★★ Excellent!!!

まず最初の冒頭シーンはアニメを見ているかのように脳裏にまざまざとその情景が浮かんできました。

荒廃した世界観をじっとりと植え付けるような文体の中で、テンポの良い戦闘シーンが、読み手を先へと押しやります。

そして心躍る言葉使い。モザイクやコカトリスの言葉選びがとても素敵です。
兵器もどれをとっても魅力的で、ミリタリ好きにも楽しめるお話だと思いました!

ゆっくりになってしまいますが、読み進めさせていただきます!

★★★ Excellent!!!

テーマも良いし、世界観の雰囲気もいいですね。
圧倒的な強さを誇る合成獣にリスクを負う代わりに力を得た異能者が戦う話ですか。
合成獣を倒せば、報酬を得られるなどファンタジー世界のギルド的な設定もあり、
SFではあるけど、ゲームでよくある仕組みが好きな人にも楽しめる内容になっております。
まだ話数が少ないですが、少ないからこそ今後の展開に想像力を掻き立てられる作品です。