The Plough――黒ノ円舞

 『公園』と呼ばれている場所は割と近かった。

錆にまみれたり罅が入ったり、朽ち果てた遊具が立ち並ぶそこは彼らの演練場でもあるのだろう、コンクリートには銃弾の跡が星形やジンジャークッキーのような形を精密に描いている。

 ようは才能の無駄遣いだ。


 待つ事暫く、曲がり角から罅割れた道路を踏み敷いて、四駆が近づいて来る。

恐らくはあれが迎えに来た車であろう。

役目を終えた少女は踵を返して帰ろうとする。


「ありがとう、そういや君、名前は?」


 彼女の背を呼び止め少年は訊いた。


「ロゼリエ=ヘリオトロープ=メルクール。ロゼでいいわよ、ビッグルーキー。じゃあ、またあとで」


 ここまで来たなら一緒に乗って行けば良いのにもかかわらず、それだけ言って少女は去っていく。

 電操系の異能者特有の走りでその姿はすぐに背景の向こうへと掻き消えた。


 彼女の消えて行った方を見送る背後で四駆が停車。運転席に座るのは、紫橙水晶アメシトリン蒼灰長石ラブラドライト虹彩異色パーティーカラードの少女。

 年の頃は少年よりやや年上……およそ十八、十九と云った処か、白色人種コーカソイドの白磁の肌に宝石色の瞳がよく映えていた。


「君が、シオン=シュヴァルツァ=アイスレーゲン君……もとい、氷雨紫苑ひさめしおん君ね。これからよろしく」


 少しだけ片言な日本語で彼女は笑って手を振る。

 手招きされながら少年は困惑気に眉を寄せ、助手席に座った。

そして少しドイツ語の訛りの混じった英語で問う。


「俺の本名を知っている人は、同類以外には殆ど居ない筈ですが?」

「…まぁ、黒髪シュヴァルツ本国日本に存在を知られたらマズいもんね、どっかの研究者が言うにはドイツ地方の上層部が欧州連邦に秘密で受け入れた異能者開発の成果物モルモットだとか、しかも日本と交わした正式な約束じゃなくて研究所の一個人との契約。その上、契約した研究者は直後に事故死……暗殺だとも言われてると」


 エンジンをかけながら彼女は言う。少年の方は黙り込んだままだ。

黒髪とは異能者開発の本国、日本で作られた異能者の称号である。髪や毛を黒くする遺伝子は西欧の異能者にとっては致死性の物であり、黒髪の人間自体が殆ど居ないから、というのがその由来らしい。


「まあ、細かいことは支部についてからのお楽しみ、私が君の本名を知っているのは人伝てに聞いたから、今はそうとだけ言っておくよ……ああ名前で思い出したけれど、私の名前はアリシア=ディアマンド=ウェストラングレー、一応ここの支部の最高責任者ならしいよ。これからよろしくね」


 責任感も減ったくれもない軽い調子で彼女はそう言いアクセルを踏み込んだ。

 安全運転には程遠いスピード。心地よく廃墟群が前から後ろへと流れていく。


「ああ、よろしくお願いします」


 窓の外を見やって紫苑は言った。


 窓から見渡す景色のあちこちに十円禿じゅうえんはげの様な焼け跡の残る空き地と廃墟の広がるさま

 それは、異能者が倒すべき存在――合成獣キマイラの生息域が程近い事を知らせる。

そのうち林立する廃ビルの山の中に入り、そしていきなり視界が開けた。


 適当な所に車を留めて彼女は誇らしげに微笑む。


「ついたわよ、ここが私達の居城」 


 いっそ場違いなほどに小綺麗な病院らしき建物がそこに建っていた。

無機質なほど白い壁面を緑の蔦が這う。


「……随分と羽振りがいいんですね、支部でしょう?」

「当り前よ、見ての通り合成獣の生息域が近いから。……後、敬語は無しで良いわよ、言われ慣れて無いから凄くむず痒いし」


 合成獣キマイラを倒せば倒すほど対合成獣協会アンチバイオハザードコーポレーション―――通称“協会”から報酬が出る。それゆえ生息域が近い区域は狩猟場ビオトープとも言われ、付近の支部と縄張り争いをすのも珍しい事ではない、だから弾薬代や人員の治療費その他で建物を新しく建てるほどの資金が溜まる事は、――それほどの余裕が支部に生まれる事は、稀なのだ。


「誰も狩りたがらない程凶悪な合成獣が多いのよ、だから日本開発国の異能者が来てくれるのは助かるな、それも“氷雨”の強化異能者エンハンスド・モザイクが」

「俺に期待するのは勝手だけれど、俺がそれに応えられるか否かは話が別だ」


───それに、強化異能者なんてそっちが思っている程良いもんじゃない。


 口の中でだけそう独り言ちて、病院の中に入る。中身も外と同様に通路には一片の塵も無く清潔だった。

 人は割といるようで、好奇心のこもった目線が幾つかこちらに向けられているのを感じる。異能は生まれてから二十代、長くても三十歳までには消えている、だからあちこちで見かける人々の大半がまだ十代であった。


そのなかで、


「や、誰かと思えば紫苑君か」


 不意に背後から声。驚いて振り返れば淡金髪に海蒼色アクアマリンの瞳の白衣を着た女性がそこに立っていた。

見覚えしかないその姿に思わず紫苑は声を上げる。


「メグ姉ッ!」


――人伝てに聞いたから、今はそうとだけ言っておくよ、


 その言葉が脳裏をよぎる。少女の言った通り紫苑とメグことマーガレット=サンマリア=ギガンチアは旧知の仲だった。


「久しぶりだな、息災だったか?」

「ああ…それは勿論」


 言い淀んだ彼に彼女は一瞬目を細め、少年の姿を見やり嘆息した。


「……後で検査してやる」


 少年は苦い顔をして首を振る。


「いらない。来る前に、専門医に一度診て貰ったから」

「嘘つけ、お前が自分から医者に行くもんか。というかお前の専門医は私だろう? まあ、まずはアリー……アリシアに自分の部屋とか案内してもらえ、でその他諸々用が済んだその後でいいから」


 根負けしたように紫苑はその蒼色の眼を逸らす。


「……わーかったって」


 白衣を翻して彼女はそこから去っていく。

その後ろ姿から目を離し紫苑は嘆息した。


 強大な力はそれだけで多大な代償を要する。

まして強化異能者はただでさえ短命な異能者のDNAを人工的に操作して作られた存在だ。

自分が“特殊”であるということは知っている。

時に生活に支障が出ることも、生死に関わる問題が起こる事だって少なくない、そのための検査だ。それは知っているけれど、


 本当は直視したくもない。


 十分強い力を持ちながら、大事な存在を失うのをただ傍観するしか出来ないときもあるなんて、そんな単純事実を。

だから自分は自分が嫌いだ。


 心の中に呟く言葉は誰にも届かない。

先を行く少女の背を前に紫苑は本日幾度目かの溜息をついた。


    ♰


「さ、て、ここが今日からの君の部屋ね。使える部屋が割と少なくて二人部屋になってるのは勘弁して頂戴。…レイ、入るわよ」


 扉に掛けられている電子鍵を素早くタップして外し、扉を少女は押し開く。

 

 ゴッ、と鈍い音がした。


「〰〰〰ッ痛ぁ!!」


 顔面に扉の直撃を受けて尻餅をつく人影が一つ、金色を帯びた白髪の少年だった。その紅玉髄カーネリアンの様な紅い瞳がこちらを見やる。


「ごめんごめん、わざわざ出迎えてくれなくてもよかったのに。」


 まったく悪びれない様子で少女は言って紫苑を振り返った。


「彼が君の同室の相手ね。ついでに演練とか合成獣と戦う時の二人組ツーマン・セルの相手でもあるからよろしくやっといて」

「……えっあっ……うん」

「じゃあ一段落したら、能力測定したいから来て、場所はレイに教えて貰えば良いから、じゃあね」


 言うだけ言って彼女はバタンと戸を閉めて何処かへ行ってしまう。

後にはスーツケース片手に困惑する黒髪の少年と、未だ額を押さえ悶絶中の白金髪の少年が残された。


「ええと、その悪りいな、痛むか?」

「ああ……まぁアリシアのアレは割と何時もの事だし。それにアンタが謝る理由無いだろ。心配される程僕もヤワじゃないし」


 押さえていた手を地に着いて、のろのろと少年は立ち上がる。


「僕はレイ=カーネリアン=アルゲトリデン、割と部屋汚くて悪いんだけど中入りなよ。」


 ♰



 荷物の整理その他諸々の雑事を終えて、レイに先導されながらその場所へ行くと先にアリシアがその前で待っていた。


「やぁ、早かったね。じゃ早速始めようか。能力測定」


 レイを下がらせ、彼女はだだっ広いホールのようになっている広間の大扉を閉めてカギを内側から閉ざす。これじゃあ、何もなくただ広いだけの空間だ、一体何を測ると言うのだろう。

首を傾ぐ紫苑にアリシアは何かを投げる。


「能力測定なんて言ってるけど、要は手合わせね。それ使って」


 受け取ったそれは、ボールペン程の大きさの蒼い液体が入った何らかの装置。


「……未使用の演算装器カリキュレータ、これ貰ってもいいのか?」

「当たり前、使っていいって言ったでしょう。一度入れたデータは細かい長さとか重さとかは兎も角、剣を鋼糸にしたり、双剣にしたりなんて無茶苦茶は無理だし、日本刀のデータなんて黒髪シュヴァルツァの他に使う奴なんてそうそう居ないわ。演練用だし勿論刃は入ってないわよ、さっき聞いたけど、蛙禽コカトリスを両断できる様な新入りなんかと普通の武器で戦ったら流石に私でも怪我の一つや二つはするだろうし。……っていう訳で、始めましょうShall we dance?」


 言って少女は紫苑が握るのと同じ物――但し中身の液体の色は白色だが、を取り出して軽く振る。

刹那、白銀の長剣がその手に現れた。


「こっちも刃は潰してある、まぁ摩擦でも物は切れるし、割と重いから打ち所が悪ければ死ぬかもだけど、寸止めするから安心して。じゃあどっちかが倒れるまで、君から始めてくれて構わないわ」


 紫苑は握ったままの演算装器に意識を向けた。

ただの棒を指先から取り込んで一体化させるような懐かしい感触。

いつだったかまだ物心も着かないほど昔に初めて握った竹刀が脳裏に浮かんだ。

指先に溜まっていく力の圧がどこかでふっ、と失せて循環めぐる。

気付けば、その手の中に蒼味を帯びた銀色の刀が表れていた。


「―――疾ッ!」


 勢い良く地を蹴り、少女の方へ走る。

異能によって加速された生体電気が、常人にはありえぬ反射速度と運動能力を彼に与える。

少女はただ黙って剣を構えるのみ。それを見てさらに紫苑は加速する。


――これなら取れる。


 そう思い刀を握る手から少し力を抜く、同時、ふと頭上に冷たいものを感じた。

半ば反射的に得物を無理矢理上へと振り上げる。

キンッ、という怜悧な音がそこからした、何もない中空で。


 前を見れば目の前にいた少女の姿が霞と化して消えていく所だった。


 振り向き様に紫苑はその前に進む。

何もない空間に風が生まれ、少年の後ろ髪を一二本はらはらと切り散らせた。


「よく気が付いたね、お見事」


 陽炎が生じ、そこからアリシアが現れる。今度は本物だ。


「―――〈蜃気楼ミラージュ〉だろ、加速系と減速系両方持ってる異能者がよく使う手だ、まあ殆ど勘と運任せの迎撃しかできなかったけど」


 彼女と剣を打ち合わせながら吐き捨てるように言う。

実際今のは今までに見た〈蜃気楼〉の中で一番といって良い程、滑らかで自然なものだった。殺気を感じなければ一本取られていただろう。


 因みに、加速系――というのは名の通り分子運動を加速させる異能の事、

要は温度を上げて物を燃やしたり空気の密度を変えたりが出来るという能力だ。

腕力自体は恐らく少年の方が上な筈だが、押し負けているのは彼の方。

 重さで鎧を叩き切る事を主眼に作られた重くて頑丈な長剣と、斬れ味重視で華奢、悪く言えば衝撃にそれほど強くない日本刀の差である。

刃が持たないと判断して、紫苑は地を蹴り後ろに下がった。


追い縋る少女の姿――速い。


 もう一度打ち合い、刃を上手い具合に滑らせて懐を狙うこと数度。

けれど彼女に全て見切られる。

キンッキンッという小気味の良い音と、上がり気味の二人の吐息のみが静寂の中に生まれる。

攻撃の合間に、けれど隙を見せることは一切無く、少女は少年へ笑いかけた。


「上手いね、電操系の異能だけでここまで戦える新人は初めてかも」

「本気出してない人に言われたくない」


 言って刀を跳ね上げ、剣の軌道を逸らした。

――次の一撃で決めてやる。

さらに彼女の間合いに踏み込んで、彼女の剣を持つ手を刀の柄で叩く。

完全に軌道を狂わされた剣がカランと音を立てて転がった。


 その音を聞きつ刀を横に薙ぐ、そして少女の白い首筋の手前で静かに止めた。

全てが刹那の合間に起きたこと。


「お見事、まさか相討ちまで持っていかれるとは思いもしてなかった。優秀ね、君」


 彼の喉元に手刀を当てたままの姿勢で少女は静かに嘆息した。

手刀を解いて少女は額の汗をぬぐう。

そのまま、床に転がった長剣を拾い元の形状に戻した。


「どっちかが倒れるまでとか言ったけど、君を倒すのは手古摺りそうだし、大体どんなものか分かったからもういいや。それにしても、なんで負けたんだろ」


 どうやら相打ちにされたのがそんなにお嫌ならしい。


「本気の半分も出してなかったからだろう?」

「君も減速系の異能は一度も使わなかったじゃない、もしかしたら勝ててたかもよ。まあ、私の面子もあるし、そうそう勝たせる訳にも行かないんだけど」

「支部長として?」

「そ、これでも〈最輝星シリウス〉の称号、なんか知らないうちに与えられちゃったし、協会の中でも割と知られてるみたいだし、あんまり他人ひとに負ける事が出来ないのよ」


 彼女は内側のロックを外し、扉を開く。

連動しているのか、自然と日本刀が元の演算装器の姿に戻る。


「やあ、おめでと。初見殺しのあの技破った人久し振りに見た。

それに、アンタとなら大分やりやすそうだ」


 目を遣れば、近くの壁に寄り掛かるようにしてレイが腕を組んで立っていた。


「何が……?」


 聞けば笑いかけるように少年が言う。


「僕は勝手に、アンタが速さと精密さ重視のタイプだろうと思ってるんだけど、見た所、面攻撃は苦手そうだったから。それに、減速系の異能で氷を作りまくって相手の足場を封印して戦うタイプでも無さ気だから、僕みたいな加速系の火炎瓶とは相反しない。……違うかな。それに僕は電操系と加速系の二重因子保持だから減速系の異能は持ってない」


 因みに異能は原則として加速・減速・電操系の中から二つまでしか保持することができない、これを二重因子保持の原則という。

 

 異能は他の多くの生体エネルギーと同じく細胞内で合成されるATPアデノシン三リン酸と寿命ともいわれる細胞末端粒子テロメアを原料とし、多くの種類の異能を持つ異能者程、短命である。

 そのため生物としての生存本能が、異能因子を二つまでしかDNAに埋め込ませてくれないともいう。

 あくまで原則の話で人工生命クローンの中には三重因子を持つ異能者モザイクもいるらしいが。


「よく見てるんだな」

「まあね、ところでもうそろそろ夕食時だ。二人とも一緒に行かないか?」


 時計を見やれば一七四五時。気付いたのと同時に腹の虫が鳴る。

そういえば今日は昼から食べていないことに紫苑は今更ながら気が付いた。

茶化すようにアリシアが微笑む。


「ああそうだね。紫苑は特にお腹減ってるみたいだし」

「まあね。」


 白く広い廊下の中、三人分の足音と話し声のみがこだましていた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る