MOSAIC ─Wasteland Hunters ─

作者 蒼弐彩

すべてのエピソードへの応援コメント

  • fragile light Ⅴ―The…へのコメント

    辛い……悲しい……。けどそれが世界を彩る美しさで……一言で言って好きです……っ!

    作者からの返信

    返信遅れてすみません!
    有難うございます。人命の散り際は綺麗に描いてこそなのでそう言っていただけて嬉しいです!

    2021年12月15日 19:53

  • moth flying into th…へのコメント

    だいぶ時間はかかりましたが、3章まで読ませていただきました。

    Twitterでチラ見えした文章の一部を発見して「お、ここ見たことあるぞ! こんなシーンなのか!」とワクワクしていたらまさかの機関銃でドカドカやられるとは。
    私が想定していた兄弟喧嘩()とは意識ないまま操られた紫暮と紫苑が正面衝突、みたいな感じだったのですが、まさかの展開。第2章で見たあの子と同じ感じだと……と驚きました。
    しかも最後ですよ、紫苑君また怪我を負ってしまって……! 弾丸10発も受けて、ここから奇跡の回復ってあり得ますか……?

    第3章も楽しませていただきました。
    次の話も楽しませていただきます!


    個人的にレイと戦ってた傭兵さん好みです……。

    作者からの返信

    わわわ、一気読みありがとうございます……!


    紫苑、原案ではここであっさりと死なせて4章で主人公交代させるつもりだったんですよね……



    4章も精進して書いていきたいです……!

    2021年9月27日 00:20

  • Prologueへのコメント

     重みのある文章に、破壊の現象に「赤の華」などの視覚的表現を当てている辺りに、文学作品として魅力を感じます。
     禽と蛙。
     どんな姿なのか気になりますわ。

    作者からの返信

    ありがとうございます……!
    綺麗な文章描きたいなって思って綴ってたのでそう言って頂けるととても嬉しいです……!

    2021年9月15日 15:06

  • Breaking Dawn─ Glor…へのコメント

    強大な敵との対決、紅音ちゃんは妹ちゃんの介錯をして……紫暮君は敵側にいらっしゃると。
    盛り上がってまいりましたね!
    ボロボロになりながらも強大な敵に諦めず立ち向かう主人公たちの姿勢に感動しました!
    気になる一文で終わりましたし!

    作者からの返信

    ここまで読んで下さってありがとうございます!!

    一、二章、盛り上げようとして伏線ばら撒き過ぎてあれ?これ回収できるのか……??とはなってましたね……
    ここから割と展開を進めていくつもりなのでそう言っていただけてとても嬉しいです!

    2021年9月9日 08:48

  • fatal movement Ⅲ─違和感へのコメント

    命あってのものダネッ☆
    ……いやぁセンスあります。いいなぁ、この台詞。

    それにしても今回もまずい敵との戦いですね。
    これからも楽しませていただきます!

    作者からの返信

    感想ありがとうございます!!

    割とノリとテンションで思いついた所あるのでそう言っていただけて嬉しいです!

    相も変わらず立ちはだかるのはやばめの敵ですが彼らがどう戦うのか楽しんでいただければ嬉しいです!

    2021年9月5日 20:01

  • —smile a farewell ⅱ—へのコメント

    この場面で言うべきではないと思うのですが、肉じゃがが食べたくなってきた……!

    作者からの返信

    肉じゃがいいですよね……!
    じゃがいもも肉も好きなので私も好きです……(だがしらたきお前はダメだ)

    2021年9月4日 23:44

  • pray to the starry …へのコメント

    先程までのシリアスで重めな雰囲気、そして戦闘シーンとは打って変わって平和な雰囲気に心が落ち着きました。紫苑君、生きてて……いいや「生きたい」と願ってくれてよかったです。
    彼の活躍はこれからも見ていきたいので、まだこんな序盤で命を落としてほしくないのが本音です。(個人的にはロゼリエちゃんの方が好ゲフンゲフン)


    それにしてもロゼリエちゃん……12歳かぁ。
    まだ発育の方には期待できそうですね……と進言します。

    作者からの返信

    第一章読了ありがとうございます!

    ロゼリエは割とノリノリで書いてるところありますね………
    おっぱいおっきくなって欲しい彼女の願いは尤もですが作者がひねくれものなので望みどおりになるかは彼女の食生活と神のみぞ知るという………

    2021年9月3日 23:53

  • fragile light ―氷刃乱舞ⅱへのコメント

    ナイラトホテプとかショゴスとか……クトゥルフ系の合成獣が出てきた時は滾りました
    スピード感のある戦闘シーンが格好いいです!

    作者からの返信

    ありがとうございます!!
    クトゥルフ良いですよね………!
    かっこいい戦闘すごく好きだし一番力入れてる部分なので嬉しいです!!

    2021年9月3日 00:32

  • The Plough Ⅲ―罪ト罰へのコメント

    合成獣と異能力を持つ少年少女との戦いという舞台がいいですね。こういう終末世界や異能力を活用した物語は大好きです。
    随所に見られるルビのセンスに脱帽しました。特にトイレの部分で『お花摘み』のルビを当てるのはセンスいいなと思いました。

    これから続きも読み進めたいと思います。

    作者からの返信

    読んでくださりありがとうございます!
    私も終末世界大好きなので嬉しいです!

    実はこれ女子校に友人がほんとに言われてた笑い話だったりするんですよね(笑)

    ありがとうございます!

    2021年8月31日 23:58

  • The Plough――黒ノ円舞へのコメント

    とても面白い作品だと思います。
    続きを読んでいきます。


    余計かもしれませんが…

    黒髪の人間自体が殆ど居ないから、というのがその由来ならしい。

    →由来らしい。

    誤字があったので報告です。

    作者からの返信

    ありがとうございます!!

    誤字報告めちゃくちゃ助かります!

    2021年8月31日 18:36

  • Nameless enemy ⅲへのコメント

    更新お疲れ様です!お待ちしておりました!
    腐臭からのピリついた空気感、そして脳髄の浮かぶ不気味な景観…これだけでも中々にパンチがあるのに、その後の死体の描写まできっかりしっかり鮮明で思わず変な顔になってしまいました……ドギツイのに惹き込まれる感覚、とても懐かしく好ましいです…!

    作者からの返信

    あ、有難うございます!!
    (いろいろとやること多くて放置気味になっていたのにわざわざ読みに来てくださりとても嬉しいです!)
    頑張って続きも書いていきますね!!

    2020年10月23日 17:32

  • Prologueへのコメント

    専門用語、設定、字の文やセリフ回しに至るまでに素晴らしいセンスを感じます!

    作者からの返信

    返信大変遅れてしまいすみません!

    設定や文章は見栄えをかなり重視しているところがあるのでそう言っていただけてとても嬉しいです!!

    2021年6月24日 11:16

  • Active insider ⅲ─ E…へのコメント

    改めて作品の提示、ありがとうございます!

    最新話まで一気に読ませていただきました!
    とても面白いですね……設定も凝っていて、私には到底真似できないです……!
    静謐な描写もとても好きです……!

    参考にさせていただきます!
    企画の方、楽しんでいきましょうっ!

    作者からの返信

    あ、ありがとうございます!!

    設定と描写はかなり腕によりかけた部分なのでそう言っていただけるととても嬉しいです!!
    お互い楽しんでいきましょう!!

    2020年9月2日 13:16

  • Breaking Dawn ─Reac…へのコメント

    ようやくケリついたけど、これ大丈夫なのかな?

    作者からの返信

    まだケリが付いてない戦場がひとつあるのでそちらもお楽しみにですよ~!

    2020年8月31日 22:31

  • Breaking Dawn ─Reac…へのコメント

    ああ……これは切ない……

    作者からの返信

    ここで彼らが敵たる合成獣に打ち勝ったのは、敵に無理やり従わされていた少女の犠牲によるものだけれども、そのことを彼等は知らないっていうのが書きたくて書いておりました……

    2020年8月31日 11:29

  • Prologueへのコメント

    文体自体は素晴らしく、戦闘シーンも読ませる素晴らしい出来だと思いました……ただ、具体的な口径とか出すと軍事オタが湧いてきて難しいのかなぁとも思います。

    巨大生物と戦うのに5.56mm?と自分は真っ先に首を傾げ、コメントを読むと7.62が時代遅れだと指摘されてるとおぼしき跡が…イラン戦争の時に5.56だと200m以上の射程では人間相手でも火力が足りないと言われ、正規のアメリカ兵がテロリストから7.62のakを鹵獲してたのにーーとか、本筋とは関係ない指摘されそうだなぁ、とだけ思ってしまいました。まぁ現行とは銃のメカニズムが違うんだ!の一言で済む話なので、気にしなくて良いかもですが!

    作者からの返信

    自分も割と付け焼き刃なところあったりで最初は7.62だったのを指摘受けてなおしたという形ですね。

    まだまだミリタリ知識については勉強不足なところが多いので生暖かく見守っていただければ幸いです!!

    2020年8月21日 14:09

  • Active insiderへのコメント

    ☆二百もう少しですね……応援してます(こっそり)

    作者からの返信

    応援ありがとうなのです!!
    これからも頑張りますね!

    2020年8月16日 00:05

  • Sea and loneliness─…へのコメント

    ああ…アンジェリナさん…
    波と海葬の描写が儚さを掻き立てて、じんわりと胸に染みるような思いです…

    作者からの返信

    ありがとうなのです………
    この話、挿し話入れるなら書くなら書きたかった話なので、そう言って頂けて嬉しいです!!

    波と海の比喩は書いててあ、これはどうしても入れたいっ!って思ったところなので……!

    2020年8月9日 09:51

  • fragile light ―氷刃乱舞ⅱへのコメント

    読みにきました!
    なんという、かっこよく繊細な文章なのか……並外れた奥行きの深さを感じます。

    作者からの返信


    世界観の奥深さが見えるというのなら、作者冥利に尽きるのです!!

    コメントありがとうなのです!!滅茶苦茶嬉しいです!!

    2020年8月4日 18:16

  • fatal movement Ⅳ─反撃…へのコメント

    種族が企業で分けられているというのは、個人的に萌ポイント笑
    人工物であり、企業それぞれ造り方(DNAの構造とか?)も違うだろうからカテゴライズの仕方としてはごくごく自然なんでしょうね!

    P.S【誤字報告】
    冒頭
    ◯鳴き声により仲間を集め動物のの肉を喰い漁る
    → 鳴き声により仲間を集め動物(の→削除)の肉を喰い漁る

    作者からの返信

    誤字報告有難う御座います!

    カテゴライズは実は最初期から考えていたので、そう言ってもらえて嬉しいです!!

    2020年7月31日 13:52

  • The Plough――黒ノ円舞へのコメント

    こんにちは、読みに来ました!
    戦闘描写のテンポの良さ、その中での能力説明も自然で文章うまい……ってなってます
    ちょっと話数があるんでじっくり読みますね。

    作者からの返信

    コメント有難う御座います!

    世界観や設定の説明は説明的になりすぎないようかなり気を使ったところなので、そう言っていただけて嬉しいです!!

    2020年7月31日 13:51

  • Breaking Dawn─ Glor…へのコメント

    50話到達、そして二章閉幕おめでとうございます!皆さん傷だらけで少し心配だったのですが、こうして賑やかに話しているのを見るとなんだかホッとしてしまいます。流石の胆力といいますか…
    ともかく、お疲れ様でした。日常風味の多い話、楽しみに待っております笑

    作者からの返信

    ここまでの読了本当にありがとうございます!

    日常、基本的に書くの苦手なのですが、えぐみのない話の練習としても頑張って書いていきたいです!!

    読みに来てくださり本当にありがとうございます!!

    2020年7月26日 10:22

  • Breaking Dawn──Reac…へのコメント

    凄まじい戦闘描写、アリシアの気概をそのまま書き表しているような迫力で思わず息を呑んでしまいました。そしてまさか左腕が……
    残った指輪が悲壮感を押し立てますが、その在り方が綺麗に思えるのはなぜなんでしょう…
    ともかく、今回も良きお話でした。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    アリーの左手、実は書き始めるまでどうするか滅茶苦茶迷っていたのです………

    ただ、行き場を失った指輪って………良い………?
    って思いつつ書いた感じなので、そう言ってもらえて嬉しいです!!

    (次こそライトな回を書いてみたい………………………………)

    2020年7月25日 15:39

  • Prologueへのコメント

    自主企画【集え! 戦う女性たち!】ご参加ありがとうございます!!
    今後のご活躍と、女性の熱いバトル展開楽しみにしております。
    宜しくお願い致します。
    。.:♪*:・'(*⌒―⌒*))) スペシャルスマイル

    作者からの返信

    ありがとうございます!

    女性と男性の比率は半々ですが、性別なんか問わずカッコいいバトルを繰り広げさせるつもりなので、どうぞ宜しくお願いします!

    2020年7月23日 12:39

  • Breaking Dawn ─隠シ玉ト…へのコメント

    やっぱり簡単にはいかないですね。

    この物語の『順調な流れ』は、大抵まずいフラグの気がします。

    作者からの返信

    ですね…………
    順調な流れを書き続けてると、つまんない………!ってなるので、わりとハードモードに突入させてしまうという………

    2020年7月19日 08:44

  • Breaking Dawn ─Even…へのコメント

    そういう事か……

  • Breaking Dawn─Even …へのコメント

    ああっ、こういう展開になる可能性は少しだけ考えてたけど、やっぱり実際になるとえぐいですね。

    さてどうなるか。

    作者からの返信

    ありがとうなのです!
    ここは一章から書きたい、書きたい!ってなっていたところなのでやっと伏線回収できて良かった………!って感じです、ただ、エグいので、大丈夫なのかな………とは私も思ってます………

    2020年7月19日 08:42

  • fragile light Ⅳ─前哨戦Ⅳへのコメント

    「なして止めろっていうんよ」って……
    紫苑くん、どこ出身なんでしょうね(;^ω^)
    突然の方言びっくりしました。
    自分の地域とは違いますが、方言が出るとなんだか親近感が増しますね!

    作者からの返信

    ありがとうなのです!
    (場所としては関西圏なのです(自分の親が使ってたなぁとか思って書いたのですが、なにぶんいろんなところの言葉が混ざってるもんで………))

    2020年7月18日 15:39

  • Annihilation battle…へのコメント

    あっ、これは!

    こんな事になっていたなんて!でも核心にはまだ近づけなさそうですね。

    作者からの返信

    いずれ明かすことになるはずなので、その時が来るのを私も待っております!

    2020年7月15日 19:11 編集済

  • Annihilation battle…へのコメント

    これはきつい戦い!

    でも、それがいい(大丈夫なのかな?)!

  • Annihilation battle…へのコメント

    これは難しい戦いになって来ましたね!

    しかし、キマイラたちの知能というか反応が戦闘に最適化されていてまずいですね。

    作者からの返信

    ですね!
    彼らが今後どういった風に対処していくのか、お楽しみになのです!

    2020年7月15日 18:57

  • The PloughⅡ―胎動へのコメント

    twitterで作品を知り、読みに来ました。
    一言で言いますと、世界観に圧倒されました。近未来SFでもかなり好きなタイプの作品です!

    ドイツ語のルビが似合う作中の雰囲気作りも上手くて、ただただカッコいいです。

    じっくり読み進めますね!

    作者からの返信

    ドイツ語、好きなのでありがたい限りです!!
    よろしくお願いします!

    2020年7月15日 14:49

  • fatal movement Ⅵー乱戦…へのコメント

    エタノールかぁ!

    なるほど!しかしこれってつまり能力がアップデートされているって事でしょうか?
    とにかく不穏ですね。

    作者からの返信

    そうです!!
    交配させるたびに少なくとも60箇所ぐらいは親由来の遺伝子から変異して子に伝わるそうで、それを思い出しつつ書いてました(о´∀`о)

    2020年7月14日 07:39

  • fatal movement Ⅴ—乱戦…へのコメント

    いい展開!

    と思ったらこれは!しかし本当に世界は危機的状況ですね。

  • fatal movement Ⅳ─反撃…へのコメント

    さあ盛り上がってまいりましたね!

    しかし謎が多い。でも、どんな状況でも悪だくみする人はいますよね。

    作者からの返信

    ちりばめまくった伏線、回収できるよう頑張ります………!

    2020年7月14日 07:36

  • fatal movement Ⅲ─違和感へのコメント

    こういう世界のヘリはほんと良く落ちますよね。

    むしろ落ちてからが本番。

    そして、以前からあった違和感にやっと近づくのかな?

    作者からの返信

    ‪違和感、割と大事なところだったりしますね!

    そしてここはヘリを落としてみたかった!

    2020年7月14日 07:35

  • fatal movement Ⅱ──感傷へのコメント

    えーとこれは、死亡フラグの見本市になってきてますね。

    困ったな。展開が読めません(面白い!)

    作者からの返信

    ありがとうなのです!!

    一度してみたかったという………!

    そして誰が死ぬのかは書いてる本人にもわかっていない、大混迷………!!
    そんな感じのやばいことになっておりますが、お付き合いしていただければ幸いです!

    2020年7月14日 00:52 編集済

  • fetal movementへのコメント

    色々と不穏な気配。

    ミドガルズオルムは毒も持ってましたしね。

    作者からの返信

    ですね!

    毒がメインテーマなのかもなぁ、と書きながら思っていました!!

    2020年7月13日 00:14

  • come across Schwarz…へのコメント

    女装フラグきましたー!

    これは楽しみ!(あれ?)

    作者からの返信

    下書き絵ならあるのです!
    いつかノベプラに上がるかもですね!!

    2020年7月12日 21:37

  • come across Schwarz…へのコメント

    おお、蟻酸!

    こういうテクニカルな戦い方、好きです!

    作者からの返信

    コメント有難うなのです!

    彼女の扱っている得物が毒なので、どこかぶっ飛んでいるようで、割と考えている感じに出来たらなぁとか思っていたため、そう言ってもらえて嬉しいです!

    2020年7月9日 23:56

  • comes across Schwar…へのコメント

    紅音がなんだかんだでいい子で好感度高いですね~。

    自分はこういう子好きです。

  • come across Schwarz…へのコメント

    自分はこういう子好きです。

    いいですね!

    作者からの返信

    有難うなのです!
    紅音さんはわりとぶっ飛んでる感じで書きたかったので嬉しいです!!

    2020年7月9日 23:53

  • prologueへのコメント

    一応楽し気な始まり。

    でも決して気は抜けませんね。

    作者からの返信

    お楽しみくださいませ!!

    2020年7月9日 00:29

  • —smile a farewell ⅲ—へのコメント

    ダムダム弾かぁ。

    こういう時代背景でも、極端な話ナイフでそれっぽい効果を付けられもするからやっぱり普及しているよねぇ。

    しかし狙撃でそれをやるという殺意はアカン。

    作者からの返信

    まぁ、現実でも、ダムダム弾は戦争条約では禁止されておりますが、似たような効果を人体に与える、ホラーポイント弾(愛称として、ダムダム弾って名前がつけられてる、ややこしい奴)も貫通力が弱く暴徒鎮圧に使えるとかでどこだったか警察が使っている国もあるらしいですからね……!

    2020年7月9日 00:28

  • —smile a farewell —へのコメント

    フェアウェルかぁ。

    さてこの話はどうつながっていくのか。

    作者からの返信

    有難うございます!

    続きもどうぞお楽しみくださいませ!!

    2020年7月9日 00:22

  • Breaking Dawn ─Even…へのコメント

    こんばんは!いつも楽しく読ませていただいております。
    紅音の戦闘、理知的かつスピード感があってとてもかっこいいです!しかし敵も中々やる様子で……!そして三人組、一瞬コミカルながらもやはり冷静さが健在でこれまた良い……
    最後に誤字報告です><
    部が悪い→分、だと思います(間違っていたらごめんなさいっ!)

    作者からの返信

    うおお誤字報告、ありがとうなのです!!!

    紅音氏の扱うのが毒と暗器というのもあり、若干の頭脳戦らしさが出せたらいいな!って思ってたのでそう言ってもらえてうれしいです!!!


    黒髪以外の一等星二等星組は支部の中でずっと一緒だったというところから、紫苑とロゼとはまた違った感じの連携になったればいいなと思いつつ書いていたので、作者冥利に尽きます!!

    2020年7月7日 20:57

  • WastelandHunters あと…へのコメント

    むしろここから先が気になりますね。

    引き続き読ませてもらいます。

    作者からの返信

    ここまでお読み下さり、本当にありがとうございます!!

    よろしくお願いしますね〜\(//∇//)\

    2020年7月6日 08:35

  • pray to the starry …へのコメント

    ちょっと一息つける素敵なイベント、ホッとしますね。

    でも寿命に上限があるしで、なんとも美しいですね。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    流星が落ちて消えていくまでに一瞬すごく光るじゃぁないですか。
    その綺麗さを描いていけたらなぁ、と思っております!

    2020年7月6日 08:30 編集済

  • right to battle Ⅵ―再…へのコメント

    ひとまずよかった!

    とはいえ、これで決して安心できないのがこの物語ですからね。
    それも含めて楽しみなのですが。

    作者からの返信

    描いた世界観のシビアさが、伝わったようなのでとても嬉しいです!

    安心したと思ったら………っていうのは割と好きなので、この緊張感、伝わったようなら幸いです!
    (今回はそこまで鬼じゃないけれども)

    2020年7月6日 08:34

  • right to battle Ⅴ―死…へのコメント

    ああっ!

    こうなるとは!一筋縄ではいかないですね。

    作者からの返信

    続きをお楽しみにです!

    一番書きたかったところは、実はここからだったりという。

    2020年7月4日 19:55

  • right to battle Ⅳ―死…へのコメント

    ふおお!

    危ない所だった!でも、この物語で気を抜くのは禁物。

    作者からの返信

    これはそういう話なのです。
    気を抜いた人から死んでいく………
    (多分!)

    2020年7月2日 02:48 編集済

  • right to battle Ⅱ―死…へのコメント

    何気に設定の説得力がとても高くて納得できますね。専門的な用語が多いようで、要点は必ず説明されているから分かりやすいですし。

    そして不穏な流れ!

    作者からの返信

    設定の説得力に関しては、科学的にどうなのとか、こういう化学反応の原理を拡大解釈したらこんなこともできるかな、とか本当どうでもいい瑣末事まで妄想を膨らませてしまう人なので、そういっていただけて嬉しいです!!(妄想で得た瑣末なネタをどこまで詰め込むか考えた結果なので!!)

    2020年7月2日 02:39 編集済

  • broken lights Ⅲ―Ash…へのコメント

    ああ、儚くて美しいですね。

    作者からの返信

    有難う御座います。
    (ここまでで読むのやめてしまう人わりと多いので、読んでくださってありがとうなのです!!)

    2020年7月2日 02:22

  • broken lights Ⅱ―Ash…へのコメント

    戦闘の描写やルビのセンス、そして物語全体に漂う、『ガラスのような美しさ』が、作者さん独自のセンスでその部分が一番読み応えありますね。

    ガラス自体は強度は鉄に匹敵しますが、眼に見えない小さな傷が『割れやすさ』を作る。

    この物語の美しさはそんな繊細な感性から成り立っているように感じます。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!!

    ガラスの様な感性。

    初めて言われた言葉なのですがよくよく考えるとしっくり来ますね。

    文体の綺麗さ、華奢な感じには拘ったところがあるので、そこまで感じていただけて作者冥利につきます!!

    2020年7月1日 01:08

  • fragile light ―氷刃乱舞ⅱへのコメント

    一抹のお色気あり、笑いあり、からの緊迫した戦闘シーン、いいですね。

    もう敵の名前が危険なものばかりではらはらしますね。

    作者からの返信

    敵の名称、ルビとか滅茶苦茶迷ったのでそう言っていただけて滅茶苦茶うれしいです!
    ひしひしとやばさが伝わってくる感じが出ていたのなら作者冥利に尽きます!!

    2020年6月28日 01:31

  • The Plough Ⅲ―罪ト罰へのコメント

    拝読しました!
    話の名前やルビの降り方など、全体的にお洒落でセンスを感じます!
    特に食事に関する部分が面白かったです(^^)

    今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m

    作者からの返信

    読みに来てくださりありがとうなのです!!
    こちらこそ、今後ともよろしくお願いします!!!

    2020年6月27日 19:20

  • The Plough Ⅲ―罪ト罰へのコメント

    血糖値と食べ物のくだりは好きですね~。

    自分が好きな「ファルコン」を思い出させます。

    作者からの返信

    そういう話(?)があるのですね!

    今度調べてみます!!

    2020年6月25日 18:08

  • The PloughⅡ―胎動へのコメント

    「星そのものが墓標になる」

    いいですね。無常で美しいです。

    作者からの返信

    ありがとうございます!!
    割とこの設定は初期の頃から確定していたので、そう言っていただけて嬉しいです!!!

    私自身、夜空好きなので、どうしてもやりたかったのです………!!

    2020年6月25日 18:03

  • fragile light Ⅲ─前哨戦ⅲへのコメント

     ここまで拝見しましたが、この作品はSFというよりも、現代ファンタジーの方がジャンルとして近いんじゃないでしょうか? 設定の部分もちゃんと読みましたが、自分的には説得力を感じられませんでした。

     ですので、自分としてはこの作品は評価不能です(作品の出来が悪いという意味ではなく、良し悪しがそもそも分かりません)

     ただ、こういう話が好きな人は沢山いると思いますので、こういう方向性で書いていくのは悪くないのではないかと思います。

     企画への参加有難うございました。

    作者からの返信

    確かに、ファンタジーっぽいとはよく言われますね。
    こちらこそ、ここまでお読みくださりありがとうございます!!

    2020年6月24日 20:31

  • The Plough――黒ノ円舞へのコメント

    おおう!

    やっと読みはじめられたけどすごくご機嫌じゃないですか!
    化学用語取り入れた世界に漂うポストアポカリプス手前のこの感じ、すごく楽しいですね!

    作者からの返信

    そう言っていただけて嬉しいです!!

    ポストアポカリプス大好きで、雰囲気出せたらなぁ……
    って思っていたので励みになります!!
    これからも精進していきますんでどうぞ宜しくお願いします!

    2020年6月20日 23:31

  • Prologueへのコメント

    真中あたりの「自殺祈願者」という表現が
    誤字なのか誤字で無いのか悩みどころです(*'▽')

    自殺志願者かなと思いました。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!!

    志願って程強い意味じゃないかな……って思ったため、祈願にした形ですね!

    わかりにくくてすみません!!

    これからも精進していきますんでどうぞ生温かい目で見ていただければと思います!

    2020年6月20日 23:29

  • Prologueへのコメント

    触りしか読んでませんが、とてもいいです!勉強になりました

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!!
    勉強になったのならば嬉しい限りです!!
    今後ともよろしくお願いします!

    2020年6月20日 17:57

  • come across Schwarz…へのコメント

    クッキーでホイホイされるチョロゼリエちゃん可愛い

    作者からの返信

    ここ書いてて、やっぱっこの子は12歳だなぁと、作者も実感した次第ですね!
    そう言っていただけて嬉しいです!

    2020年6月17日 09:24

  • Prologueへのコメント

    悪いところ
    専門用語が飛び交う
    ちょっと読者目線を、置いてきぼりにしているところがある。もっと丁寧に。
    フレミングの法則を出すと陳腐になる。

    良いところ
    文章が上手い。
    序盤はかなり良い。

    総合評価  優

    作者からの返信

    コメント・アドバイスありがとうございます!

    読者目線、まだ意識しきれていないようなので、少しずつ直していきたいです!

    文章自体をほめていただき、そしてまた読みに来てくださり本当にありがとうございました!!

    2020年5月28日 23:09

  • fragile light Ⅴ―The…へのコメント

    とりあえずこの辺で一つ感想を(*˘︶˘*).:*♡

    とにかく冒頭がまず凄いですね!
    丁寧に考えられた表現、描写に頭が下がります。すぐに惹き込まれてしまいました。

    ジャンルはSFですがファンタジー要素が強いという新鮮な作品で、続きが気になりすぎてついつい読みに来てしまいます(笑)

    もちろん続きも読みに伺います。
    具体的な感想はまた後日(*ˊ艸ˋ)♬*

    素敵な作品をありがとうです!

    作者からの返信

    こちらこそ、読みに来てくださってありがたいです!!

    これからも精進していきますのでどうぞよろしくおねがいします!

    2020年5月26日 10:23

  • fragile light Ⅱ―前哨戦ⅱへのコメント

    飯テロは罪深い( ̄¬ ̄)

    作者からの返信

    食べ物の細かい描写はあまりしてこなかったので練習がてらに書いてみました!

    そういっていただけて嬉しいです!

    2020年5月13日 08:30

  • fatal movement Ⅲ─違和感へのコメント

    一気に読み進められました。
    戦争を題材にしているとのことで最初は苦手意識がありましたが、なんと背景の深いストーリー展開だこと…!戦闘シーンも、どこか退廃的な雰囲気を醸し出し迫力がありました。

    紫苑さん、突っ走れ!

    作者からの返信

    最後までお読みくださって本当にありがとうございます!

    私の大好きな要素全部煮詰めてぶっ込んだので、そう言っていただけて嬉しい限りです。

    これからもキャラと共に走っていきますので、どうぞ宜しくお願いします!

    本当にありがとうございました!!

    2020年5月13日 01:48

  • broken lights Ⅲ―Ash…へのコメント

    うわうわ……なんという展開。
    痛いほどの感情が伝わってきます…。

    作者からの返信

    感情表現苦手な人なので、そう言ってもらえて嬉しいです!
    (時間かけたけどここが一番心配だった)

    引き続き読んでくださって本当にありがとうございます!

    2020年5月13日 00:30

  • fragile light ―氷刃乱舞ⅱへのコメント

    TwitterのRT、ありがとうございます。拝読させていただきました!そして実は私の小説、カクヨムでも読めます←

    …以下、感想です。。

    重い過去を背負っていそうな主人公のシオンですが、時折見られるコミカルな場面のおかげで重くなりすぎず、サクサク読むことができると感じました。戦闘描写も非常にテンポが良く、緊迫感があって楽しめました!

    気になった点としては、複数人で喋っているときや場面の切り替わったときに、誰が発言しているのか、曖昧に感じることがチラホラ。
    例を挙げると、黒ノ円舞で紫苑がアリシアに部屋に案内されるシーン。扉を開ける主語が「少女」になっていて、何でキャラの名前を使わないんだろうか、と引っかかりました。

    あ、エリナさんの破れたストッキングの描写はもう少し丁寧でも良いと思いました(小声)

    作者からの返信

    シリアスに寄りすぎないように頑張ってたところありますからそう言ってもらえて嬉しいです!

    話し手がわからない件に関しては後で読みながら直させていただきますね!敗れたストッキングの表現!頑張ってやってみます!!
    (エロ可愛さが出たら多分成功でしょうね^_^)

    感想アドバイスありがとうございました!!!

    2020年5月8日 18:34

  • fatal movement Ⅱ──感傷へのコメント

    各キャラそれぞれに死亡フラグが立ちまくってて、どんな結末になるか逆に分からなくなってるのズルすぎでしょ(*_*)笑

    作者からの返信

    死亡フラグ立てすぎて誰が死ぬのか自分でももうわかんなくなっているのでキャラに全て任せようかなとか思っております(笑)

    キャラが勝手に動くとはこのことだったのかっ…………!

    2020年5月5日 18:46

  • fetal movementへのコメント

    冒頭のシーン、悶絶するほど好きな描写でした。比喩表現が素晴らしいd(^_^o)
    なかなかヤバイ合成獣が出てきましたね。果たしてどうなることやら……

    P.S誤字報告
    先程指示を【だ】与えた衛生班の異能者が
    →【だ】を削除

    作者からの返信

    誤字報告、ありがとうございます!!!

    冒頭は私もかなり時間かけて構想してたので、先生にそう言っていただけて滅茶苦茶嬉しいです!!!!!

    2020年5月5日 18:31

  • The Plough Ⅲ―罪ト罰へのコメント

    こちらの女性キャラはつんよいですね……最高です。
    そしてバターフライ……
    私も一度、一週間強を西洋料理で過ごした経験があるのですが、向こうのお店ってまずボリューミーな量出してきますよね…オニオングラタンスープ一杯でお腹一杯になりました…
    モチーフが星と宝石にかかっているんですね…だから尚更綺麗なのか。
    余計に、白金髪赤目のレイさんと、黒髪青目の紫苑さんの対比構造が気になる…

    作者からの返信

    外人女性、衝撃映像とか見るとめちゃくちゃ強い人多いのでいいなあという憧れとともに書かせてもらっております!

    西洋料理、両親が言うには先生と同じく量がやばいらしいのですが一度食べに行きたいです。

    (大学受験終わったからいけると思ったのにーーーーーコロナぁーーーーって叫んでた記憶が……………)

    レイさんと紫苑の組み合わせは色合いが良くて描いてても楽しいです。

    2020年5月2日 15:12

  • The PloughⅡ―胎動へのコメント

    アルカイックスマイルなるパワーワードに笑いました(笑)
    賑やかになってきて良いですね!
    と、いうよりもまず先に……料理お好きなんですか?一々拘りが垣間見えて美味しそうです。
    ドックタグに限らず髪色目色、コードネーム等が鮮やかだったり綺麗だったりして良いなと思っていたのですが、これは過酷な環境の中でも希望を見いだそうとする彼らの輝きにも通じているのかな、とか勝手に思ってしまっていました。

    作者からの返信


    元が絵描きだったもので、色とか書いたり描いたり凄く好きなので、蒼弐が勝手ながらキャラに押し付けたらこうなった、というのもありますね。

    自分だったら絶対こういうのやったら即死するなぁと思っているので、彼等には尊敬です、

    アリシアさんはユーモアのある女戦士だといいなぁとか書いていたらこんな感じに……(╹◡╹)

    料理はドイツの料理片っ端から調べてそれっぽい、美味しそうな当て字を探しまくったので、そう言っていただけて、本当に嬉しいです!!!!

    2020年5月2日 15:04

  • The Plough――黒ノ円舞へのコメント

    理系創作者ってこういうとこ強いですよね…羨ましい(笑)
    なるほど、よく異能使いは若いうちが強い、というアレですね。
    そして、ええ…!これ、テロメア使ってしまうんですか…!?彼らの寿命って…
    それから、西洋人の異能力者にとって黒髪が毒なのは、何か生体由来の色に関係が…?
    1つ分かる度に1つ謎が増える能力ですね

    あと氷雨さん(紫苑さんの方が良いのでしょうか?)がかっちょいい。
    強いけど大して鼻にかけてないところも素敵です。
    …そしてレイさん、なんとなく後々長い付き合いになるのでは…?(色合い的に強そうだったので…)

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    実はこれの初稿を書いた時
    工学志望の受験生だったので生物に関しては一年越しの知識でして、今大慌てで生物を勉強していると言う(笑)

    レイは後の方でいろいろ化けて欲しいなぁとか思いつつ書いてます!

    2020年5月2日 14:59

  • Prologueへのコメント

    すっかり出遅れてしまい大変申し訳ないです……
    ファンタジーではオーソドックスなモンスターの描写や、華麗な戦闘表現が素敵です。
    色々意見はありましょうが、ルビの振り方や頻度が多すぎず少なすぎず、物語の雰囲気によく合っているな、と感心させられました。
    戦記もの?というのでしょうか。あまり詳しくない分野ですが、するっと読めるところがまたいい。
    明かに戦争なのでしょうが、大人ではなく、少年少女に任せることに何か大きな意義が…?それとも主人公たちがとんでもなく逸材なのでしょうか?
    楽しみながら読ませて頂きます!

    作者からの返信

    わざわざこちらの方にお越しいただきありがとうございます!!

    いろいろなところに仕掛けをしてあるので楽しんでいただければ幸いです!!

    2020年5月2日 14:54

  • come across Schwarz…へのコメント

    更新お疲れ様!
    自分も携帯で、思いついた時にちょいちょい書き加えるんですけど、結構誤字出ちゃうんすよね(;´д`)

    作者からの返信

    そうなんですよね!
    あと長い文書いてて、読みにくいっ!て気付いたりもします!

    (前までずっとpcだったのでスマホに変えてやっと改行の大切さを知った)

    2020年4月26日 21:01

  • come across Schwarz…へのコメント

    戦闘描写に磨きがかかっておりますね!
    あと、毒の描写がリアルで好き。流石薬学系執筆者( ゚д゚)ヒョー

    ゲームとかの影響か、毒系の攻撃食らって
    →うっ苦しい……_:(´ཀ`」 ∠):
    みたいな描写が結構ありますけど、いやいやそんな風にならんでしょ? ってなるので笑

    リンは身近ですよね。自分中学の時畑作りにハマってリンは必須肥料だな〜という認識。あと、マッチにも使われてるんでしたっけ?
    まぁ、細分化するとリンにもいろいろあるんでしょうけど(^_^;)

    作者からの返信

    ありがとうございます!

    リンは黄燐ってやつと赤燐ってのがありまして黄燐が猛毒、赤燐は毒性低めだけど有害、って感じです!

    畑作るときに肥料として使うリンはよく知らないのですが農薬はヤバいという。

    ちなみに毒云々はこないだ届いた大学の教科書見て「うへぇあこんな事もするんかい!」とか思いながら書いてました!
    なのでそう言っていただけて嬉しいです!

    2020年4月22日 22:25 編集済

  • come across Schwarz…へのコメント

    更新お疲れ様!
    新章開始待ってましたよ〜
    新人物も登場してきて楽しみなところですが、先ずは書き直したという前章を読み直してまいります!

    P.S
    大学合格おめでとうございますd(^_^o)
    コロナでバタバタしてるので、虹色の大学生活とは違うのかもわかりませんが、執筆活動する分には良いのかな?
    良いキャンパスライフを!笑



    作者からの返信

    ありがとうございます!!

    大学は6月までオンラインなので、かける時間は前より確保された感があってこちらとしても嬉しいです!

    これかも頑張って書いていくのでどうぞ宜しくお願いします!!!

    2020年4月14日 12:20

  • right to battle Ⅳ―死…へのコメント

    ここまで読ませていただきました。
    ヒリついた世界観の空気が表現できていて楽しめました。

    異能力に科学的な根拠があるなど、個人的にすごく好きなお話でした。

    気になった点としては発言主や動作主の主語がよく省略されているので、「今誰の描写だ?」と止まってしまうところがありました。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます

    主語省略、一応見直してはいたのですがまだまだ省いてるところがあったのですね、見直しさせていただきます。
    科学的根拠に基づいた話の方が私としても書きやすいので、そう言っていただけて嬉しいです。
    お読みくださりありがとうございました!

    2020年4月12日 17:39

  • Prologueへのコメント

    RT企画参加ありがとうございます!
    まだまだ、序盤ですがこれから読み進めたいと思います!

    作者からの返信

    有難うございます!!

    2020年3月18日 10:48

  • Prologueへのコメント

    僕の自主企画に参加いただきありがとうございます♪
     戦闘描写のキレが素晴らしいですね♪
    それと、他の方が書かれているように異能力の能力設定から物理の知識がはっきりと感じられるのも好きです(๑>◡<๑)
     続きも楽しませてもらいますね♪

    作者からの返信

    ありがとうございます!

    理工系志望の受験生なのでその知識が生かせたらな、というのでこうなりました、

    更新はゆっくりになりますがこれからも精進していくつもりですのでよろしくお願い致します。

    2020年1月13日 12:56

  • The Plough――黒ノ円舞へのコメント

    始めまして、にのい・しちと申します(^^)
    企画を見てやってきました!

    なるほど、「氷雨」をドイツ語?になおして「アイスレーゲン」だったんですね。
    ルビといい異能といいカッコいいです!
    主人公の性格がクール・ジャパンwww

    魔法科高校の劣等生やとある魔術の禁書目録のような、コレは!! と感じるライノベですね(^^)

    作者からの返信


    お、かなりあたってますよドイツ語とか本とか。
    ただ劣等生は二巻までしか読んでなくて、禁書旧約一巻から新約のリバースまでを読み漁り果てはヘヴィオブまで漫画を買い漁る鎌池先生の信者でございます。
    文体とかは割と意識しているところも多いのではと私的にも思います、ああいうコミカルな文書が書ければと。

    まだまだ稚拙なところも多いですが読み進めて頂ければ幸いです。

    2020年1月11日 16:14

  • Prologueへのコメント

    異能の力が格好いい!

    読みやすい文と世界観、その世界でしかないオリジナリティでした。

    銃を撃つときの描写が一番魅力的でした。


    作者からの返信


    ガンヲタなので、銃とかは色々調べまくったという。

    文章に関して、当初読みにくいといわれていた人なので
    やっと読みやすくったのかなと。
    そう言っていただけてすごくありがたいです!!


    2019年12月18日 08:05

  • —smile a farewell —へのコメント

    お、もしかして過去編!?

    勿忘草の花言葉のエピソードは思い出すたびに、何故だろう、少しくすりと笑えてしまえて、そりゃ忘れられんだろうよとツッコミたくなります笑

    作者からの返信

    あ、そうです、過去編です!!

    ゆっくりになりますがよろしくお願いいたします~!

    (時間がない中で草稿書くとどんどん表現のえぐさが増していくので手直し中…)

    2019年11月19日 15:09

  • WastelandHunters あと…へのコメント

    これからも頑張ってください

    作者からの返信

    第一章、最後まで読んでいただいて本当にありがとうございます!!

    これからも精進していきますので温かい目で見守ってあげて頂ければと思います。

    2019年11月6日 07:56

  • WastelandHunters あと…へのコメント

    試験頑張って下さい!
    全体のコメントはまた読み直してから書き込みたいと思います。何はともあれ完結おめでとう!

    作者からの返信


    これからも宜しくお願い致します。

    本当にありがとうございます!!

    2019年11月6日 07:57

  • pray to the starry …へのコメント

    ん〜最後の夕暮れからの締めの流れッ!
    美しや〜( ^ω^ )ため息

    まさにモザイク絵画のような作品でした。登場人物一人一人が星の瞬きのように、儚くも輝ける人生を歩んでいる。

    今後紫苑達がどんな活躍を見せるのか期待大です!

    作者からの返信

    ここは一番力入れて書いたところなので
    そう言っていただけるとすごく嬉しいです!
    色彩が大好きなので、パレットの上に色を並べていく感じで描かせていただきました

    (実は昔漫研で描いた自作のイラストを見ながら描写したとかw)

    2019年11月6日 08:00 編集済

  • Prologueへのコメント

    企画より参りました。
    ミリタリィ感を匂わせつつ、その上を行く躍動がツボに嵌まります。
    これからも頑張って下さい!

    作者からの返信

    返信遅れてすみません・・・

    ミリタリ感が強すぎてSFあれ?
    となってる本作ですが
    おほめいただき光栄です!!

    応援ありがとうございます!!

    2019年10月29日 08:10

  • right to battle Ⅵ―再…へのコメント

    手に汗握る展開。追撃戦をどう表現するのかワクワクしますねぇ(・∀・)

    受験と創作活動は両立難しいと思われますが、無理しないように御配意願います!

    作者からの返信

    有難うございます!!続きも鋭意製作中なので、最後までお付き合いして戴ければ幸いです


    (何時の間にか息抜きが本職になってる)

    2019年10月26日 10:34

  • right to battle Ⅳ―死…へのコメント

    あーッ⁉︎ 
    展開が読めなくなってきましたね〜( ゚д゚)
    これぞ、小説の醍醐味!

    ちなみに聞いた話ですが、38口径で撃たれても、興奮状態にあると当たりどころ次第ではキリとかアイスピックで刺された程度の痛みらしいです。

    まぁ、アイスピックとかで刺された経験もないけど笑

    作者からの返信

    現代日本では犯罪ですからね。
    余程のことがないと・・・・

    この話書くために今まで書いて繋げていったので
    そう言ってもらえると嬉しいです。

    2019年10月18日 21:18

  • The Plough――黒ノ円舞へのコメント

    ルビが厨二心をくすぐりますね。素晴らしいです笑。

    作者からの返信

    お褒めに預かり光栄です!!

    2019年10月18日 08:01

  • right to battle Ⅲ―死…へのコメント

    最新話まで一気読みしちゃいましたよ(・∀・)
    登場人物の感情表現と戦闘描写が秀逸ですね!この救い用のない世界で主人公たちが何を失い、何を得るのか気になるところです。

    素晴らしい作品なので、一つ助言をば。自分も最初、

    1 「〜。」(「」の最後に句読点は不要)
    2 スペースなしの段落替え
    3 短い文章でも句読点(。)を打ったらとりあえず改行

    以上の3点を気にせず投稿していたのですが、色々な方からご助言いただきまして、これを改めたところ一気に読みやすくなりました。

    ネット小説の読み専の方々は目の肥えた方も多いので、「読みづらい」と思うと第一話チラ見で立ち去る人もいると思います。そうなると、MOSAICの後半の盛り上がりに至る前に離れてしまうかもと思いました。
    (まぁ、自分はコテコテの読みづらい文章晒してますけども笑)
    あくまで参考意見なので、気にせず更新しても問題ありませんのであしからずッ!

    作者からの返信

    いわれてみれば。。。

    基本的に小説は紙ベースで慣れてる人種なので
    電子で慣れてる人にそういう暗黙の法則を言ってもらえるとすごい助かります!!

    (最初台詞の改行すら知らなかった人種。すごく読みづらいといわれる例のアレです。)

    2019年10月17日 12:39 編集済

  • broken lights Ⅲ―Ash…へのコメント

    最後のレイの回想からの「約束は、もう果たせない。」の一文の感情に訴える破壊力たるやッ!

    そして、安易に「泣いた」という直接的な表現ではなく、レイの行動を描写することで、読者にレイの感情を『想像』させたのは大正解ですね。素晴らしい!


    折角の話なので、気になった点を一つ。
    「曼殊沙華が花弁の如く」↓
    「曼殊沙華の花弁が如く」ですかね?

    作者からの返信

    当時センターの古文の勉強してたせいですね。古文によくある「の」が「が」になるやつ・・・

    ご指摘通り間違いです、ありがとうございます!!

    個人的に泣いたとしなかったのは
    彼女からの卒業という意味合いで考えてみて
     我慢して泣かなかった。
    というとり方もありだし
     泣いてしまった。
    という取り方もありかなと思ったからだったりします。
    (自分でも想像できなかったので、)

    なのでそう思ってもらえればうれしいです!!

    2019年10月17日 12:36

  • fragile light Ⅴ―The…へのコメント

    誤字報告です。
    上段で、胃の中の『者』が、とありましたが、『物』の誤りかと思われます( ̄^ ̄)ゞ

    作者からの返信

    ありがとうございます!!!!
    全く気付かなかった・・・

    昔、友人のの答案に
    個体が溶解とあったのを見たのですがあれみたいなことになってる・・・

    2019年10月17日 12:27 編集済

  • fragile light ―氷刃乱舞ⅱへのコメント

    流れる様な、それでいて目の前にシーンが映る様な贅沢な戦闘描写。途中に挟む主人公の内面の挿入もテンポが良く、最後の締めも雰囲気たっぷりで良いですなぁ!

  • Prologueへのコメント

    近況ノートより感想希望とのことだったので簡単に。

    文に関して。表現の使い方は美しいと。細部まで事細かに書かれた戦闘の描写は某異世界ラノベを彷彿とさせるものがあります。
    しかし、その分どうしても増えてしまう情報量。いかに無駄なところを削り、トントンと情報を分けて完結させるかは、もはや多くの人に読まれる作品かどうかの分け目と言っても過言ではありませんね。

    具体的には、一つの言葉にルビは一回で十分です。それ以上はくどいかと。(但し、一話あたりにです)。それと、動作にルビは必要ないですね(テイク・エイムの下りとか)。最後に、この作品の文であるなら歌詞カードの様な書き方はかえって読みにくいかと。

    と、長くなってしまいましたねw。さらに具体的に聞きたい場合は再び近況ノートにてお願いします。

    この度は素敵な作品を読ませていただきありがとうございました!

    作者からの返信

    ご指摘いただけてありがたいです!!

    自分では自分の作品の文章を客観的にみるのが難しいのでありがたい・・・

    今後とも精進していきますのでよろしくお願いいたします。

    2019年10月16日 08:18

  • The PloughⅡ―胎動へのコメント

    コカトリスの……コカトリスの肉の味が知りたいッ!

    ちなみに、白鳥の肉は美味しいらしいのですが、食べ過ぎると頭おかしくなるそうです。
    おそらく生物濃縮の影響かなんかなのでしょうけど、なんせ、江戸時代あたりの書物に美味と書かれてるらしいので、今では捕まる覚悟がない限り確かめようもありません。

    作者からの返信

    大変うまみ成分が多く地鶏のようなコクと肉の感触があって大変美味なのですが、
    人間のアミノ酸配列と特異的に反応して分解する酵素があるため
    食べ過ぎると『そばの羽織』みたいなことになる
    とか。
    まさしく“頬が落ちるほど美味しい肉(物理)”ですね。

    今考えました。

    白鳥の肉はちょっと気になりますね。
    十五少年漂流記によればフラミンゴは鶉と似たような味がするそうですがこちらもワシントン条約云々に引っかかる覚悟がないと実証できませんね。

    いつか試してみたい。(前科つきになりたくないので試したいと思うだけですが)

    2019年10月11日 07:59 編集済

  • The Plough――黒ノ円舞へのコメント

    ↓ここ、めちゃくちゃ好き。

    異能は他の多くの生体エネルギーと同じく細胞内で合成されるATPアデノシン三リン酸と寿命ともいわれる細胞末端粒子テロメアを原料とし多くの種類の異能を持つ異能者程、短命である。
    そのため生物としての生存本能が、異能因子を二つまでしかDNAに埋め込ませてくれないともいう。

    創作部分に説得力があるのがイイんですよッ!

    作者からの返信

    世界観から構築してなおかつ論理的に説明できるように調節していったため書くまでがすごく長ったのです……
    妥当性を考えてしまうのはおそらく理系の性ですね

    なお物理選択で、受験に生物使わないのでちょっと心配な点はあったのですがそういっていただければ幸いです!

    2019年10月11日 07:54

  • Prologueへのコメント

    今回企画に参加させてもらいました!
    異能系SFは学園ものが多いイメージですけど、第三次世界大戦後の世界ってのが最高ですなぁ( ^ω^ )

    あと、猟狼→モザイクって読ませるの好きです。

    黒髪君の戦闘描写が秀逸ですね!
    特に、異能によって動体視力を強化した少女をして、黒髪君が「残像」に見える=それほど速い、という様に表現してるのがイイですね!


    作者からの返信

    戦闘描写を書くの好きなのでそう言っていただけると嬉しいです。

    下手の横好きとかになってなくてよかった…

    2019年10月11日 08:00

  • broken lights Ⅱ―Ash…へのコメント

    企画へ参加頂きありがとうございます。
    最新話まで読み終えたのでコメントを。

    読む前に思っていた事。
    タイトル、キャッチ、あらすじを読んで期待出来無さそう、でした。

    読み始めて最初に思った事。
    中二病全開?

    読み進めて思った事。
    ルビを振った言葉や設定などはそう見えなくもありませんが、しかし、中身はしっかりしたもので、思わず先が気になる展開と迫力の戦闘描写は見事です。
    そして、え?続きはまだなの?となっています。

    期待しなかった分を割り引いても尚面白さがあります。
    そしてこの作品を読んでアニメ版「GOD EATER」を思い出しました。
    あの世界観も少しあるのかなと。武装は全く違いますが。

    クオリティは高いと思いますので、無理な更新はせずこのクオリティを維持して頂ければ、読者の満足度も高く維持できると思います。

    以上、今後のご活躍を期待致します。

    作者からの返信

    内容が面白いと言っていただけてうれしいです。
    〈中二病はたぶん治らないと思いますが……〉
    戦闘描写のクオリティを維持するのは割と大変だったので(維持できてると思いたい)
    そう言って頂けて良かったな。と思っております。

    なるべく早く続きを書けるよう精進して行きたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

    (受験生ゆえにこれから更新が多少滞ることはありますが、二学期までは書き続けるつもりなので……)

    2019年9月24日 08:06 編集済