トルコ青釉

作者 如月ふあ

心温まる美しい青のお話

  • ★★★ Excellent!!!

謎の陶器の一片から事件は始まる。
トルコ青釉を掛けたはずの陶器は、焼きあがってみれば色見本にあるマットの青とは似ても似つかぬテカテカとした緑色。
素地の陶土も釉薬の厚みも、窯の温度も全部見本と同じようにしているのに――なぜ違う色が?
懊悩しきりの 望月 宙(もちづき そら)は古民家カフェ「櫻」に向かう。
気分を変えようと思ったのだが、そこにはこの謎に対する意外な答えがあった。

陶芸は素人ながらも、楽しく読ませていただきました。
専門用語は分かりやすく、語り口もとても優しいです。

特に、《──不思議なものは不思議なままで。》という一文が胸に残りました。
謎を解き明かしたいという探求心を優しくなだめるようなマスターの雰囲気がとても好きです。
また、宙の嘘偽りのない真実を追い求める姿勢も真っ直ぐで好ましかったです。
そしてこの相反する主義を持つ二人が、仲良く笑い合ってる姿にじんと胸が熱くなりました。
そうなんですよね、自分と違う考えを持つ人間でも親しくなれる。
そんな当たり前だけど忘れがちな事実を、このお話は思い出させてくれました。本当に読めてよかったです。
作者の如月ふあさん、ありがとうございました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

北斗さんの他のおすすめレビュー 44