ソファーの上のパレード

作者 切り株ねむこ

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第8話 お寿司の涙。へのコメント

    誕生日とお正月1日だけは、とにかく平和に笑って過ごしたいと思いますよね。最近は無事に次の日の深夜0時に近くなると、ああ、今日だけは何も起こらないで!なんて願うぐらい(笑)。

    作者からの返信

    森山さん、こちらもコメントありがとうございます♡

    そうですよね。
    誕生日とお正月1日だけはって、本当にそう思います。
    私の場合、欲張って大晦日も。笑

    昔はそれこそ「良いことがありますように」なんて思っていましたが、今は平和に毎日過ごせますように、に変わりました。

    なので、「何も起こらないで!」と願う気持ちがすごくわかります。

    2021年4月29日 17:00

  • 第5話 妖精について。へのコメント

    はじめまして。

    ハナス様のところから寄らせて頂きました。

    妖精を信じる派です。信じる人を信じます(笑)。奇跡のような出来事って本当にあると思います。気付かない人も多いそうですが。妖精からのパンの贈り物って素敵!

    ちなみに天使もよく現れているそうです。見知らぬ人の姿をして、街で隣にいたりするとか。天使に気付くかどうかも、その人次第ですものね。


    作者からの返信

    森山美央さん、初めまして!

    こちらを読んで頂き、コメントも!!
    ありがとうございます。

    ハナスさんのところから寄ってくださったのですね。
    ハナスさんに感謝です♡

    そして、森山さんも妖精信じる派なのですね!
    「信じる人を信じます」って、素敵ですね。

    それから、天使も!?
    すれ違っている人々の中に、もしかしたら天使がいるのかも!と思って歩いたら毎日が楽しくなりそうです。

    ありがとうございます♡

    2021年4月29日 16:56

  • 第129話 ソファーの上のパレード。へのコメント

    あー、おもしろかった。

    作者からの返信

    青山さん、こちらもコメントありがとうございます!!

    しかも、お星様まで〜!!
    ありがとうございます。泣(土下座)

    青山さんにおもしろかったと言って頂けたおかげで、今日がとっても良い日となりました。

    このエッセイを読んでもらえることが、私は一番嬉しいのかもしれません。

    本当にありがとうございました!!

    2021年3月10日 15:52

  • 第118話 今日の後悔。へのコメント

    やっぱり、切り株さんはおもしろいなぁ。

    しばらく、カクヨムにはお邪魔してませんでした。
    特に理由があるわけではないのですが……。

    何となくですが、ヴェルヴェット、聴いていそうだなぁと思ってました。
    ボクはI'll be your mirrorが好きなんですよね。
    後悔になるのか、わかりませんが、大学受験に大失敗しまして、もう、社会から弾かれちゃったような気になっちゃいまして。
    将来、やりたいことがあったので、どうしても学びたいことがあったんですよね。
    でも落ちちゃって。それで、毎日毎日、泣きながら聞いてました。
    鏡になって、キミの正しさを映してあげるよ。って言われているような気がして、すごく救われたんですよね。

    Hello It’s meも好きです。ヴァージン・スーサイズも観ました。男の子たちが電話で聴かせる曲ですよね。いいシーンでしたよね。

    このエッセイ、2019年にお書きになったものなのですね。
    コメント、今頃かよっ、ですよね。なんか、すみません。

    それから、思い切りマニアックな切り株さんに、密かに期待しています。

    作者からの返信

    青山央さん、こんにちは!
    お久しぶりです。

    お名前、変えられたのですね!!
    素敵なお名前ですね。

    そしてそして、こちらを読んで頂きありがとうございます。
    コメントも含めてとっても嬉しいです。

    私には青山さんの様な深い知識は全く無いのですが、好きな映画や音楽が似ていて嬉しいです!!

    「ゴーストワールド」「ヴァージン・スーサイズ」「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド」そして、「ドグラ・マグラ」に「日々の泡」!!

    これらのお話が出来ることに感動すらしています!!

    私の世界はいつも狭かったもので、好きなテイストが似ている方に会えるとテンションが上がってしまうのです。笑

    そして、青山さんのお話も聞かせてくださって、ありがとうございます。

    そういうことがあったからこそ、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの「I'll Be Your Mirror」がより響いたのだとしたら、その頃のしんどさは必然だったのでは?と思いました。

    青山さんが形成される中できっとすごく重要な出来事だったのかな、と。

    だって、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの曲を聴いて救われただなんて、かっこ良過ぎます!!
    素敵過ぎるエピソードです!!


    とはいえ、青山さんはその時すごく大変な思いをされたんですよね。

    薄っぺらいことを言ってしまって、ごめんなさい。自覚しています。

    でも、本当の本当に心の底からそう思うのです。


    ヴァージン・スーサイズの男の子たちとの電話での音楽のやり取り、とても好きなシーンでした。

    このエッセイから何だかあっという間です。

    今頃かよっ、なんて思いませんよー。むしろ、今でも読んで頂けているこのエッセイは幸せ者です。

    実はnoteというところで、少し前から好きなものについて書き始めたんです。

    そこに「ゴーストワールド」や「ヴァージン・スーサイズ」のことも書いていて。

    なので、2019年に書いたこちらを青山さんに読んで頂いたのは、実は私にとってタイムリーなことでした。

    マニアック!!
    これ以上あったかな〜。笑

    むしろ、青山さんのマニアックも教えて頂けたら嬉しいです。

    2021年3月10日 15:48

  • 第120話 クリストファー・ロビンの…へのコメント

    お邪魔してます。あああ…!//// わかります、とても♡
    クリストファー・ロビン、永遠の王子さまですよねぇ(*´ω`*)♪♪

    作者からの返信

    北極ポッケさん、こんばんは♡♡
    コメントありがとうございます!!

    クリストファーロビン、いいですよね〜。

    「ねむこのおばかさん」と優しく諭してもらいたいです。笑

    どうでもいい人に言われたら、
    「!?!?!?」と思っちゃいますが、好きな人には言われたいです♡♡笑

    「仕方ないなぁ」って許されたい!!笑

    2020年3月22日 21:34

  • 第79話 切り株ねむこ。へのコメント

    ペンネームの由来、こっそり気になってました♡
    今回やっと謎がとけました~✨まさにファミリーネームで『切り株 家』様・だったとは(*´▽`*)ねむこ様も可愛いと思ってました♡♡

    作者からの返信

    北極ポッケさん、コメントありがとうございます♡♡

    素っ頓狂な名前ですよね。
    最初はかなり後悔していました。笑

    「切り株」ってなんだよ!って。笑

    今では慣れて羞恥心が無くなりました。いいのか、私!?とたまに思いますが…。笑

    可愛いだなんて、ありがとうございます♡♡
    本当に残念なくらい眠そうな顔してるんです。

    2020年2月12日 22:11

  • 第34話 「明日はまだ失敗の無い新しい…へのコメント

    切り株ねむこ様。あけましておめでとうございます。
    今年もどうぞ宜しくお願い致します(*´ω`*)

    赤毛のアンの舞台は、モンゴメリの故郷ですよね。カナダ、セントローレンス湾のプリンス・エドワード島**
    (アフリカのほうは、インド洋のプリンス・エドワード諸島とのことでした。)

    私も親戚に熱烈なアンのファンがいて、ずっと舞台となったこの島へ行きたがってました。一度、お孫さんのカナダ留学を機にホームステイ先~この島へ行こうとされたのですが……高齢で心臓に疾患があり、飛行機に乗れずとても残念がってました。世界中からファンがやってくるステキな島なんですね♪♪

    作者からの返信

    北極ポッケさん、コメントありがとうございます!!

    あけましておめでとうございます♡


    なるほど!!
    プリンスエドワード島とプリンスエドワード諸島があるとは!!

    ずっとカナダだと思っていたので、
    どういうこと!?って思っていたんです。謎が解けた!!笑
    ありがとうございます♡♡

    赤毛のアン好きからしたら、憧れの地ですよね。ご親戚の方はチャンスがあったのに行けないなんて〜。残念でしたね。涙
    でも、健康に不安を抱えての海外旅行は心配ですもんね。

    はぁー、改めて健康が1番だと思いました。

    ……こんな私ですが、今年もよろしくお願い致します♡♡

    2020年1月4日 10:44

  • 第26話 2冊づつある本。へのコメント

    こんばんは。わあ*本や漫画のお話、嬉しいです(*´▽`*)♪♪
    バットマン凄く好きです~☆(大昔アニメもあり、それも大好きでした♡)、そういえば飲み屋にて「ダークナイト派(映画好きの若いコ)」と「旧作品派」で討論会というかバトルになりました。お互いゆずらず、歩み寄らずで終わりました…笑

    NARUTOもステキなキャラクター多いですよね~!(*´ω`*)
    イタチ兄さんも所属してた悪役集団ですけれど、初期の頃の「暁」が凄く好きでした。

    作者からの返信

    北極ポッケさん、コメントありがとうございます♡♡

    私はもっぱら、少女マンガ好きなんですが夫の影響で家にある少年マンガも読んだりしています。笑

    確かにNARUTOの暁って、なんか謎の集団で良かったですよね!
    私にとっては、ITACHIっていうマンガでもいいくらい、イタチが好きでした。笑

    バットマン!私は「ジョーカー」が観たいかも。討論会になっちゃいますかね!?笑

    2019年12月19日 21:28

  • 第27話 ゴールデンウィークの後遺症。へのコメント

    わかる……。笑
    わたしは今から正月休みに恐々としています。
    世間の長期休暇って、主婦の繁忙期ですよね。

    家事やらなかったら自分に返ってくるだけ。
    分かるわあああ!!笑

    作者からの返信

    夏緒さん、コメントありがとうございます!!

    わかってくれますか!?
    私も今からお正月休みにゲンナリしています。
    平日が好きだーー!!笑

    1日サボると雪だるま式に家事は溜まりますよね。泣

    お互い来年の平日を楽しみにお正月休みを乗り切りましょう!!笑

    2019年12月15日 22:47

  • 第25話 好きなこと、嫌いなこと。へのコメント

    こんばんは。コメントお邪魔いたします(*´ω`*)
    むかし寒天ダイエットが流行った頃……毎日味のしない「ただのお湯で作った寒天」を食前に もしゃもしゃ食べてました。(笑) 寒天の独特な味がお苦手な方は「ぎえー」と思われるかもですよね… _(┐「ε:)_♡ 心は完全に無でした。

    作者からの返信

    北極ポッケさん、コメントありがとうございます!!

    嬉しいです♡♡

    寒天ダイエット!!
    心は完全に無というところに笑っちゃいました。笑

    私は四角い寒天が噛んでも噛んでも四角が消えないところが、
    どうにも苦手でした。
    食感というか…。

    でも、確かに味も無味の様で独特ですよね。ゼラチンも。

    ただ、ダイエットになるのなら
    私も無になるしか……!!

    2019年12月10日 09:44

  • 第19話 恋の話 (卒業編)へのコメント

    こういうおはなし、大好きです。
    自分を大切に出来ない人は、人のことも大切に出来ない。
    わたしはこれ、漫画を読んで学びました。笑
    実は心理学の本にも書いてあるんですよー!
    ご自分の経験から導き出せるなんてすごいです!

    作者からの返信

    夏緒さん、こちらもコメントありがとうございます♡♡

    私は自分と付き合うのが下手だったので、こんな事ばかり考えていました。暗いですよね。笑

    でも、心理学の本にも書いてあるとは!!


    残りの人生は自分を甘やかして生きていくつもりです。笑

    2019年12月6日 17:05

  • 第15話 怒りへのコメント

    うちは旦那と揉めると、「臭いものに蓋をする」作戦を決行しますよ。笑
    お互いが揉めた話題に一切触れず、すぐになにもなかったかのように過ごします。笑

    人の正義って難しいですよね。
    わたしはだいたいのことが「どうでもいい」の部類に入っちゃうので、正義の押しつけなんかを見たりしたときに、なにをそんなに一生懸命になっているんだろう、とか、冷めた気持ちになってしまうのが、いかんなあとか思ったりします。

    作者からの返信

    夏緒さん、こちらもコメントありがとうございます♡♡

    うちもどちかと言えば、
    その作戦です。笑

    ただ、それでもいつもの空気に戻るには時間がかかるので、極力喧嘩はしないようにしています。

    私は基本、何でもいいじゃんって言う事なかれ主義なのですが、
    正義を盾にして話す人を見ると嫌な気持ちになるんですよね。
    人それぞれなのになぁって。

    夏緒さんの冷めた気持ちは特に悪いことではないと思いますよ〜?
    押し付ける方がタチ悪いと思います。


    そして、この長いエッセイを何だかすみません。汗

    気になるとこだけつまんでとかで
    全然大丈夫です♡♡

    2019年12月4日 22:12

  • 第12話 恥ずかしい恥ずかしいも恥ず…へのコメント

    わたしも一番始めに小説をWeb上に出したときはすごく恥ずかしかったです。
    でも、勉強しつつ繰り返すうちに慣れましたねー。
    お見せできる程度には成長した、と思い込むようにしてます。笑

    ハンドメイド、見てみたいなあ。笑

    作者からの返信

    夏緒さん、こちらもコメントありがとうございます♡♡

    羞恥心って慣れでどうにかなりますね!この歳になって初めて知りました。笑

    夏緒さんの文章は読んでいて、リアリティを感じてすごいなぁといつも思っています。

    私もいつかそうなりたいです!!

    ハンドメイドは全然売れていません!!笑

    大したものではありませんが、インスタで見れるので良ければ〜。笑 

    (インスタでなくとも、普通に 
    マシマロひつじ ポンポンマットで検索かければ見れると思います)

    2019年12月2日 16:46

  • 第11話 断捨離の夜叉へのコメント

    断捨離の夜叉、かっこいーい!
    わたしもぼちぼち夜叉にならねばいけない時期になってきました。
    年末大掃除、わたし、がんばります!
    旦那さまの腰が重いの分かるわあ。
    うちも旦那のものが一番片づきません。
    まあわたしは、腹をたてたら勝手に捨てるんですけど。笑

    作者からの返信

    夏緒さん、こんにちは。
    コメントありがとうございます♡♡

    断捨離、最近リバウンドしつつあります。泣
    そして夜叉はカッコイイどころか余裕のない、ヤバい奴です。笑

    夏緒さん、大掃除、偉い〜。
    私は見て見ぬふりで年末を乗り切ろうと思います!!

    あと、旦那さまとの関係いいですね〜。
    うちは意外と亭主関白なんで怒られちゃう〜。

    2019年12月2日 16:36

  • 第9話 懺悔室。へのコメント

    息子さんのお菓子を食べて逆ギレ、に笑ってしまいました。笑
    あるあるー!笑

    トイレが懺悔室、面白いですね!

    作者からの返信

    夏緒さん、コメント嬉しいです♡♡
    ありがとうございます!!

    私は大人げない人間なので、
    よく息子とケンカをするのですが、
    息子の方がちゃんと謝ります。笑

    それも含めて懺悔しないと〜!

    でも、お菓子のくだり、夏緒さんのあるあるでもあったみたいで、
    良かった〜。笑

    2019年12月1日 21:42

  • 第8話 お寿司の涙。へのコメント

    なんて切ないバースデーお寿司……。
    でもなんだか、その光景が目に浮かぶと同時に、微笑ましい気持ちになったりしますね。

    作者からの返信

    夏緒さん、こんばんは。
    エッセイ読んでくれて嬉しいです!!

    コメントありがとうございます♡♡

    相当泣いて食べたお寿司でした。笑
    調子に乗るとろくな事にはなりません〜!!涙

    息子に大爆笑されるエピソードです。

    2019年12月1日 21:40

  • 第3話 恥ずかしい②へのコメント

    子どもって残酷ですよねー。
    わたしも、これは我が子になんですけど、幼稚園の駐輪場でぎゅっと抱きついてきて、
    「おかあさんのおなかふわふわ~!はなれたくなーい!」
    って大声で叫ばれたことがあります。笑
    おなかふわふわって……。
    「今の発言は認めないわ!離れなさい!」って言いました。笑

    作者からの返信

    夏緒さん、こちらも読んでくださり、コメントありがとうございます♡♡

    そう、子供は残酷です。涙

    でも、私……大人げない〜!!
    素敵夫婦の前で恥ずかし過ぎました。泣

    でも、夏緒さんのお子さんの「おなかふわふわ〜」は可愛い気がしますよ♡♡

    ママ大好きって感じがして♡♡

    2019年11月29日 21:42

  • 第1話 生息地ソファー。へのコメント

    ねむこさんこんにちは~。
    遊びに来てしまいました。笑
    なんだかわたしと似てるー!と共感の嵐な予感です。
    ゆっくり読ませてください(*´ω`*)

    作者からの返信

    夏緒さーん!
    こちらも来てくださって嬉しいです♡♡

    エッセイを書きたくて、
    カクヨムを始めたのでこちらを読んで頂けると嬉しいです!!

    …とはいえ、内容は私のただのおしゃべりなんですが。笑

    ありがとうございます♡♡

    2019年11月29日 21:39

  • 第129話 ソファーの上のパレード。へのコメント

    追い付いたと思ったら、完結していたのですね。
    遅れながらも……お疲れ様でした。

    ねむこ様の優しさと、可愛らしさと、息子さんラブが詰まっていて毎日ホッコリエッセイでした。

    オススメありがとうございました。
    もし、同い年で、同じクラスなら一番にお友達になりたいタイプの方だわと思いました。

    コメントの返信も丁寧にありがとうございました。また伺います。m(__)m

    作者からの返信

    ハナスさん、すみません。
    せっかく追いついて頂いたのに、
    少し前に完結させてしまったのです。

    それでも、やはり1番に読んで頂きたかったのは、このエッセイだったと思います。

    「100%切り株ねむこ」なので(笑)

    ただ、やっぱりおしゃべりなので
    結局一週間後には新しいものを始めてしまいました(笑)

    もしお暇な時でもありましたら
    覗いて頂けたら嬉しく思います。

    でも、ここまで読んで頂けただけで、
    私はとても嬉しいです♡♡
    長かったと思いますし(汗)

    その上、同じクラスだったら1番に友達になりたいタイプだなんて、最高の褒め言葉です!!

    すっごく嬉しいです!!

    同い年ではありませんが、
    これからもエッセイ友達でいてもらえたら……嬉しいです♡♡

    そして、ねむこ様と呼んでくださっているのに対し、ハナスさんと
    生意気な呼び方をしてきた事をお許しください(土下座)

    ハナスさんのエッセイにはこれからも
    お邪魔させて頂くつもりですので、
    まだまだよろしくお願いします♡♡

    本当に最後まで読んで頂き、
    ありがとうございました。

    2019年9月2日 20:09 編集済

  • 第126話 ローテンション家族。へのコメント

    お母様、余裕がないなかでの生活は大変だったでしょうね。頭が下がります。
    ねむこ様も立派です。家にお金を入れて、学費も払って……初任給でプレゼントもして。(泣)
    ねむこ様のこのエピソードから、
    「あせるな」「おこるな」「いばるな」「くさるな」「まけるな」ものまねのコロッケさんのお母様の言葉だそうです。青い熊を心がけて成功したコロッケさんを思い出しました。

    作者からの返信

    ハナスさん、こちらもありがとうございます♡♡

    いい事ばかり書いてしまいましたが、
    母からすると、逆に私は良い娘ではなかったと思います。母が手伝って欲しい時には自分の事ばかりしていた私でした。
    嫌な娘だったと自覚しています(笑)

    「青い熊」忘れないでいたいと思いました。
    今の私にも必要な言葉達です!
    いばってはいないかもしれませんが
    他は思い当たる事ばかりです(笑)

    これからは「青い熊」を忘れずにいこうと思います!

    ありがとうございます!!

    2019年9月2日 19:57

  • 第125話 ゆるく優しく。へのコメント

    やっぱり、ねむこ様って人に愛される方なんだと分かるエピソードですね。
    年下の男の子からも、年上の女性からも、大切にされるってすごい事です。

    「ゆるく優しく」素敵な生き方ですね。
    お手本にしたいと思います。

    作者からの返信

    ハナスさん、コメントありがとうございます!!

    その頃は1番年下だったので、
    色々と許してもらえていたんだと
    思います。
    周りの方々の優しい人柄に本当に恵まれました。
    年下の男の子は、すっとこどっこいな私を面白がってくれたのかもしれません(笑)

    ゆるく優しくは自分に言い聞かせている
    言葉でもあります。
    息子にはなかなか出来ませんが(笑)

    そして、お手本はハナスさんの方です。

    いつでも明るくポジティブな母なハナスさんの様になりたいと思っています♡♡

    2019年9月2日 19:52

  • 第121話 私のゲーム遍歴。へのコメント

    動物の森いいですね。ずっと釣りと草取りやってました。ゲームの意味。笑。
    あと、一人の子の前に立ちはだかり、ずっとくっついていると、怒るんですよね。面白かったです。

    お父様、優しいですね。子供たちの喜ぶ顔が見たくて、ゲーム機を選ぶ姿を想像しました。
    うるっとしてしまうデバネズミ。

    作者からの返信

    ハナスさん、こちらもコメントありがとうございます!!

    どうぶつの森!!
    私は夜の南の島で虫を採っていました(笑)
    お金欲しさの銭ゲバなのです。

    でも、怒るとは知らなかったです!!
    Switch版が出たら、またやりたいと思っているのでやってみよ(笑)

    父は……自由人でかーなり困った人でした。
    子供の事をなにも知らない人だったので、多分ファミコンを知らなかったのだと思います。
    父に関しては、ハナスさんのうるっとくる優しさに申し訳ない気持ちです。

    2019年9月1日 15:00

  • 第119話 女の人好き。へのコメント

    おはようございます。

    「ガラスを割れ」の平手ちゃん、めちゃくちゃかっこいいですね。オーラがすごい。
     小泉今日子の姉御肌好きです。見た目はかわいいのに、性格がサバサバしているギャップがたまりません。

    私の永遠のアイドルは明菜です。脆さと不器用な生き方にひかれてしまいます。
    私も女の人が好きなのです。笑。

    作者からの返信

    ハナスさん、コメントありがとうございます!!

    平手ちゃん、カッコイイですよね〜。
    「黒い羊」のMVでは泣きました(涙)
    キョンキョンは姉御肌で、
    さらに選ぶ作品のセンスも本当にステキです!!

    ハナスさんの永遠のアイドルは中森明菜さんなのですね!
    確かに脆さ儚さ感じます。
    ミステリアスだし。
    器用な人より不器用な人に心奪われるのも分かる気がします。

    ふふふ、女の人好き一緒ですね♡♡

    2019年9月1日 14:55

  • 第113話 重いラブレター。へのコメント

    すっごく共感しております。
    ねむこ様、こんにちは。
    カクヨム始めたばかり、レビューとコメントを間違えて一人の方に書いてしまいました。
    その後、自分の作品にレビューを頂き嬉しかったので、また別の方の作品レビューを書きました。
    結局その二人の方だけで終わっています。

    レビューを書く怖さも分かります。
    作者様の意図と違ったらどうしようと不安になるからです。
    書きたくなったら、一気に書くかもしれません。

    作者からの返信

    ハナスさん、読んでくださりコメントありがとうございます♡♡

    レビューって、
    本当にドキドキしますよね。
    仲良くなってこちらの方なら
    嫌な気持ちにならないのでは…と思った時、もしくはたま〜に衝動的に
    最近書いてしまったりもするのですが。

    作者の方から「いいね!」がもらえるまではドキドキしてしまいます。

    たまに私に下さったレビューの既に押している「いいね!」ボタンを間違え押してしまって、「いいね」取り消しになってしまい、すぐまた「いいね」を押し直すのですが……相手の方に通知が行っていないことを祈るばかりです。

    すっとこどっこいはどこでも発動してしまうのです(涙)

    2019年8月30日 16:48

  • 第106話 今更の「Let’s th…へのコメント

    なんてかわいい息子さんなんでしょ。
    かき氷シロップ、結局出来たのかしら?
    好奇心旺盛で何よりです。

    「マジかよ」パパもいいですね。

    中学生くらいになれば、友達優先になるので、
    もう少しの辛抱ですね。その時は寂しいかも。

    作者からの返信

    ハナスさん、こちらもコメントありがとうございます!!

    かき氷シロップは、
    どうにかこうにか凍らせて食べていました(笑)

    確かに今でも「今日は一緒に〜しようね」と約束していても、
    急に友達が来ると、勿論私がドタキャンされてしまいます。

    ずーっと一緒だと文句が出るのに、
    いないといないで寂しいという
    ワガママな母です(笑)

    2019年8月28日 22:39

  • 第100話『かなわない』へのコメント

    「かなわない」とても興味あります。
    10代、20代、結婚してから、子供生んでから、
    離婚してから、人生のどの時期にどんな本と出会うかで、及ぼす影響が変わりますね。



    作者からの返信

    ハナスさん、コメントありがとうございます!!

    「かなわない」は
    間違いなく
    今年私が読んだ本のナンバーワンだと思います。
    (もっと前から発売はされていましたが)

    エッセイにも書いたように
    正直、なんて自分勝手な人なの!?と
    思う部分は沢山ありました。

    でも、私の中には無いのか?と思うと
    無いとは言いきれない。

    しかも、ここまで赤裸々に書くって
    やはり批判も沢山あるらしいのです。
    家族を傷つけているって。

    その通りなんですけど、
    ここまで書けるってすごいという気持ちの方が、最後は勝りました。

    オススメしますとは決して言えませんが、読んだ人はどう思うのだろう…と考えてしまいます。

    この本によって、
    どんな影響を及ぼすのか……少し怖くもあります。

    2019年8月28日 22:36

  • 第2話 恥ずかしい①へのコメント

    何故か目立ちたくないっていう時ほど、目立ちますよね。

    作者からの返信

    @poet65さん、コメントありがとうございます!!

    そうなんですよね、
    目立ちたくない時ほど前に追いやられる
    のです。

    あと、今日はバッチリ!っていう格好の時は誰にも会わないのに
    油断した格好の時に限って
    知り合いにバッタリ会ったりもします(涙)

    2019年8月27日 16:55

  • 第88話 若き日の仕事。へのコメント

    経験ゼロで採用ということは、ねむこ様の
    お顔と雰囲気がそのブランドイメージにピッタリ
    だったのですね。
    基本、お顔が左右対称の美人さんで、姿勢がいいのが、採用条件らしいですよ。

    お化粧上手は、ひとつの資格になりますね。

    作者からの返信

    ハナスさん、コメントありがとうございます♡

    一目惚れした化粧品だったので、
    私もやる気だけはあって、意欲だけをかってもらえたのかもしれません。
    それと経験者より、どこの色にも染まっていない人材が欲しかった様です。

    なので、残念ながら私は美人ではないのですよ〜。

    美人に生まれたかったです(泣)
    もう今更ですが(笑)

    それから!
    息子の断乳ですが…
    何日か寝る前はギャン泣きの息子を
    夫に寝かしつけてもらい、
    何とかなりました!!

    それ以来、夜中も起きることなく
    朝まで眠ってくれる様になりホッとしました〜。
    2年半の細切れ睡眠は拷問だったので(笑)

    2019年8月27日 16:53 編集済

  • 第83話 鳩。へのコメント

    「とりあえず鳩を置いて!」は一生に一度の言葉かもしれませんね。
    男の子らしくていいですね。
    昆虫や蟹を採る時、目が輝いているでしょうね。
    私はカマキリとコウモリを見ると目が輝きます。笑

    作者からの返信

    星都ハナスさん、こちらもコメントありがとうございます!!

    多分この先、二度と言う事は無いセリフですよね(笑)
    「とりあえず鳩を置いて!」。

    マジシャンなら使う言葉だったり
    するのでしょうかね。
    日頃普通に生きていて、まさか自分が
    言うとは考えた事もないセリフでした(笑)

    本当に、昆虫や蟹を素手で採る息子は
    1番輝いています。
    私は虫が苦手なので試練の連続でしたが。

    ハナスさん、カマキリとコウモリ!?
    好きなのですか!?

    私は気がついたら、
    ふくらはぎに大きいカマキリがくっついていて、絶叫したことがありました(笑)

    2019年8月25日 16:10

  • 第80話 洋服。へのコメント

    Tシャツを着こなせる人っておしゃれな方が多いですね。選んでる時間は楽しいでしょうね。

    アフタヌーンティーのケーキ美味しいですよね。
    あの可愛い雰囲気が好きです。

    作者からの返信

    星都ハナスさん、コメントありがとうございます!!

    そうですね、Tシャツってシンプル故に
    難しいですもんね。
    実はあまり似合わないのですが、
    今年になり「なんて楽なのだ!」と
    思い着ています(笑)

    アフタヌーンティーのケーキ、
    本当に可愛くて見ているだけでも
    心踊りますよね〜。
    娘さんと行っても素敵ですね!

    2019年8月25日 16:06

  • 第48話 食べ物について。へのコメント

    「小さい」もの好きです。
    シルバニアのお家に、プチパン作って、
    パン屋さんごっこをしました。
    そこに私も住みたいと本気で思う可愛さですね。

    エンドウ豆枕、売れると思います。
    家族に合わせて、3つになるとかもありですね。

    うまい棒のストラップもかわいいですよね。

    作者からの返信

    星都ハナスさん、コメントありがとうございます!!

    プチパン作ってパン屋さんごっこ!?
    素敵過ぎます!!
    シルバニアファミリー、可愛いですもんね。

    我が家では電子音のうるさい仮面ライダーのベルトばかりでした(笑)

    そして、えんどう豆枕!!
    確かに3つマメバージョンもいいですね!あぁ、私には技術があれば〜。
    無念です(涙)

    うまい棒ストラップ?!
    見た事ないです。可愛いに違いないですね!

    以前、鳩サブレーストラップならつけていました(笑)

    2019年8月22日 14:09

  • 第40話 迷子。へのコメント

    ねむこ様。
    まだお若いのですね。
    一回りも違った事実にショックです。
    なんて人間出来ている方なんでしょう。
    化粧品荒れると大変ですね。
    私はポー○があいませんでした。
    今は地方婦人連合会(ち○れ)だけが大丈夫です。

    作者からの返信

    星都ハナスさん、コメントありがとうございます。

    でも今は40になりました(笑)

    人間出来ているなんて、
    ぐうたらな私には勿体な過ぎる
    お言葉です!!

    そして、若いだなんて!!
    ただ、更年期にしたらプレでも少し
    早いですよね〜(涙)
    (母や姉も早く来たので遺伝なのかもしれません)

    いえ、幸年期でした!!
    そう!幸せな時!!!
    私もハナスさんを見習って、
    そう思って過ごすと決めたのです!

    ち○れ!
    お肌に合えばお値段も嬉しい!!
    私もサンプルとか使ってみようかなと
    思います。

    ちなみに、私はD○Cだけなんとか
    大丈夫な状況です。
    それでも良くはならないのですが、
    悪くもならないという感じで。

    困ったものです。

    2019年8月21日 22:02

  • 第129話 ソファーの上のパレード。へのコメント

    ねむこさん、お疲れ様でした。
    素晴らしく、楽しいエッセイでした。
    私はねむこさんソファーの居心地の良さにすっかり図に乗って、応援コメント欄に偉そうな私見を書き込み過ぎました。
    反省しています。
    許して下さい。

    私には、ねむこさんのようにエッセイに柔らかなエンターテイメント性をもたせるような筆致など出来るはずもないので、自分のエッセイは書きません。

    ねむこさんのエッセイの良さ、非凡さは、支持する方々の応援コメントの数々が証明しています。

    最後に私の正直な気持ちを…

    ソファーの上のパレードが終わっちゃったぁぁ! ぴぃ~~っ !! (号泣) 😭

    作者からの返信

    森緒さん、コメントありがとうございます。

    話したい事が沢山ある方は
    エッセイオススメだと思うのですが……
    書かないと決めているのですね。
    無理強いは勿論しません。

    そして、私は平凡ですよ。

    最後まで読んで頂き、
    本当にありがとうございました!!

    2019年8月21日 15:40

  • 第129話 ソファーの上のパレード。へのコメント

    題名とサブタイをかぶせてくるのは、もしや・・・と思っていたら。
    完結お疲れさまでした。
    ふかふかソファーのような温かい言葉で紡がれたこの作品に、
    いつも癒しをもらっていました。ありがとうございました。
    次回作も楽しみにしてますー

    作者からの返信

    永谷 瞬さん、コメントありがとうございます!!

    全て読んで頂いた時はとても嬉しかったです!!
    私のおしゃべりが癒しになっていたと
    言って頂けるだけで
    泣きそうです。

    次回作、楽しみと言ってもらえる事も嬉しいです!!

    これからもよろしくお願いします♡

    最後まで読んで頂き
    ありがとうございました!!




    2019年8月21日 09:51

  • 第129話 ソファーの上のパレード。へのコメント

    ねむこさん
    とりあえずお疲れ様です

    たくさんの方がコメントされてたので、最初は恥ずかしくて応援♡しかできませんでした。
    でも優しく受け入れて下さって今の私がいます。
    そして、ねむこさんを通して作品を読みに行かせてもらったり、フォローして頂いたりしてるのをみると、ねむこさんは本当にみんなから愛されているのだなと思います。
    だって私もだいすきですもん

    落ち着いたら
    第2シーズン始めて下さいね。

    本当にお疲れ様でした。
    ありがとうございます♥←愛をこめて

    作者からの返信

    あいるさん、コメントありがとうございます。

    たくさんの方がコメント……
    それはあいるさんのエッセイですよー。
    あいる姉さん愛されています!!

    いつも既に沢山の方がコメントされているので、私は未だに応援ポチっとだけに
    しちゃうこともあります。
    気持ちは同じく恥ずかしくて。

    まさかの同じだったのですね(笑)

    でも、私もあいるさんが好きなので、
    たまにぐいっと入り込んでコメントしちゃっています(笑)

    これからもあいるさんファンに紛れて、
    コメントさせてもらいに行きますね〜♡

    変わらずこれからもよろしくお願いしますね♡♡

    最後まで読んで頂き、
    ありがとうございました。

    2019年8月21日 09:46 編集済

  • 第129話 ソファーの上のパレード。へのコメント

    129話で終わらせる理由が素敵ですね。
    僕もこちらのエッセイから切り株ねむこさんのこと知りましたが、
    バラエティ豊かに自分のことを語る上に、
    鋭い一説が突然入ってくる話の多くにすぐ虜になったのを覚えていました。

    お疲れ様でした。
    最近、多くの作品を連載されていらっしゃって、
    読者としては嬉しい状態でしたが大変じゃないのかな?
    と思わないでもなかったです。

    それでも良いタイトルが思いつきましたら、
    エッセイをまた書いてください。

    「100%切り株ねむこ」エッセイを楽しみに待っています。

    作者からの返信

    郷倉さん、コメントありがとうございます!

    郷倉さんの感想はいつも言葉が上手で、
    私のエッセイがまるでとても良いものだったみたく思えてきます。
    嬉しいです。
    ありがとうございます。

    いいタイトルが思いついたら
    またエッセイは書きたいと思っていますので、その時はもし嫌でなかったら
    またよろしくお願いします。

    最後まで読んで頂きありがとうございました。

    2019年8月21日 00:03

  • 第129話 ソファーの上のパレード。へのコメント

    ええ、終わっちゃうの…( ;´・ω・`)
    と思ったら新しいのを始めてくれると!
    よかったー。楽しみにしてます。

    作者からの返信

    ハナオさん、コメントありがとうございます!!

    楽しみにしてもらえるなんて、
    私は幸せものです(泣)

    最後まで読んで頂き、
    本当にありがとうございました!!

    こちらからも変わらずお邪魔させてもらいにいきますので、
    これからもよろしくお願いします♡♡

    2019年8月20日 23:20

  • 第129話 ソファーの上のパレード。へのコメント

    ど、どゆことですか!?
    今日のタイトルにドキッとしたのですが、まさか本当に!?
    今、私はマジで泣いてます。
    みなさん、どうしてそんなに冷静に???

    だって、私、こちらが初めてのリアルタイムでコメントしながら読むエッセイで、
    初めて衝動的にコメントせずにいられなかったエッセイで、
    ねむこさんが初めてのエッセイ友なんですよ!?

    その記念すべきエッセイが終わるなんて、そんなのイヤだぁ〜〜〜

    この錯乱をおさめるためには、
    なるべく早く新しいエッセイを立ち上げてもらうしかありません!

    いや、ホントにダメですってば、
    ねむこさんがこういうエッセイ書かないなんて、ありえませんから!
    お願いしますねっっっっ

    作者からの返信

    みさえさーん、
    私カクヨムはやめませんよ〜。

    みさえさんのコメントで
    私まで泣いちゃいましたよ(笑)

    いやいや、でも、全て終わりじゃないですよ?

    「手紙」はこれからも毎晩書くつもりでいますし、何より今まで通りみさえさんのところにおしゃべりしに行きます♡♡

    来るなと言われても行きますから(笑)

    なので、エッセイ友達
    これからもよろしくお願いしますね♡♡

    ただ、突然だったのは
    本当にすみません。
    あまりにスクロールが……(笑)
    など、生い立ちのことにも少し触れたので、一区切りにしてまた1から立ちあげるのもいいかなぁと思いまして。

    最後まで読んでくださった事に本当に
    感謝しています。

    みさえさん、本当にありがとう!!!
    女子高みたいな感じで
    コメントのやり取りが楽しかったので
    中毒になりました(笑)

    きっとすぐ耐えられなくなるのは、
    私です。

    タイトル一生懸命考えますね♡♡

    2019年8月20日 19:20

  • 第129話 ソファーの上のパレード。へのコメント

    とっても楽しかったです。
    (*´∀`*)
    お疲れ様でした。

    新しいエッセイ、楽しみにしています。

    作者からの返信

    桃もちみいかさん、コメントありがとうございます!!

    思えば1番最初にお星様をくれたのは、
    みいかさんでした。
    とても嬉しかったです。

    これからは、みいかさんのところへ
    遊びに行かせてくださいね♡

    これからもよろしくお願いします。

    そして、最後まで読んで頂きありがとうございました!!

    2019年8月20日 19:05

  • 第126話 ローテンション家族。へのコメント

    何となく、前話の続きみたいな感じになってますねぇ。
    私も思いますが本当に親というものは厄介な存在です。
    何故かと言えば、やっぱり子供としては親に「愛情」を持っているからですね。
    子供としては自分の親はそれなりに「立派な親」でいて欲しい訳でねぇ。
    しかし親はそんな自覚は持っていないですね。少なくとも私の親はそうです。
    時がたてば、子は大人になり、また子供が出来、孫も出来る。
    そしたら元々の親は、子や孫やその家族に「示しをつけられる」存在になって欲しい。
    しかしなかなかそうはならない。

    自覚が無いんだからなるはずが無いんですよ。

    私には子供がいないので、正直なことを言えば現在子供といる全ての親の人に訴えたい!

    「子供は子供のときは親について行くしか生きる術が無い、けど大人になった子供は親を選ぶのです👦」

    作者からの返信

    森緒さん、コメントありがとうございます。

    森緒さん、やっぱりエッセイ始めましょう!!
    森緒さんは沢山伝えたい事があると
    見受けられます。

    私個人に訴えるより
    ずっといいと思います。

    私は自分に子供が出来て、
    やっと母の大変さや疲れていたことが
    身に染みてわかったところです。
    なので、嫌だなぁと思っていたことも
    あの時はああだったんだろうなぁと
    母の気持ちに寄り添える事が
    今、少しづつ出来るようになりました。

    私のエッセイ、
    言葉足らずでしたね。
    すみません。

    ただ、森緒さんの仰っていることは、
    正論でその通りだと受け止めています。
    勉強させて頂きました。

    2019年8月20日 19:42

  • 第129話 ソファーの上のパレード。へのコメント

    ねむこさん、

    このエッセイを初めて読んだ時の、そうそう、あるある!!という気持ち、今でも忘れられません。
    すごーく嬉しくなっちゃって、それからこうやって、お話しできる、お友達になることができて。

    そんな思い入れのあるエッセイだから、今回で一応完結というのは、やっぱり寂しいです……。

    でも129話での完結も、ねむこさんらしくて
    切りよくないっていうのがいいですね。
    まずは第一部完結、お疲れ様でした。

    ”ところで”新しいエッセイ、どんな題名になるのか、ワクワクして待ってますよー(*^^*)

    それまでは他のねむこワールドにお邪魔して楽しませていただきますね(ぺこり♡♡)

    作者からの返信

    つきのさん、コメントありがとうございます。

    突然すみません。
    つきのさんの言う通り、第1部完結ということにさせて頂きました。

    タイトルに対するハードルを自分で上げてしまったことに、今慄いています。

    思いつかなくて、帰ってきたソファーの上のパレードとかにしちゃうかも!?
    (笑)

    それは何とか避けたいので(笑)
    一生懸命考えなきゃ!!!

    それまでは、つきのさんのところに、
    おしゃべりしに行かせてくださいね〜♡♡

    最後まで読んで頂き、本当にありがとうございました(ぺこり♡)

    2019年8月20日 19:03 編集済

  • 第129話 ソファーの上のパレード。へのコメント

    この話のタイトルを見た時に「もしかして」と思いましたが、やはり完結話でしたね。100話を超えても普通に続いていたので安心していましたが、作品とのお別れは突然やってくるものです。寂しくなりますねぇ。

    ただ、ほそぼそとでも書き続ける宣言頂きましたので、今後ともお願いしたいところです。というか宣言した以上は実現しないと。ねぇ、ロビン……?(笑)

    とにかく、お疲れさまでした。行く当てのなくなった足は他の作品にも伸びると思います。期待せずにのんびりタイトルを考えていてくださいな。こちらは期待して待っています。

    作者からの返信

    Askewさん、コメントありがとうございます。

    私の世界観を汲み取ってくれて、嬉しいです!!

    クリストファーロビンになれた気分です(笑)
    (まさかロビンマクスのロビンじゃないですよね!?ってキン肉マン世代じゃないか 笑)

    私はおしゃべりなので、
    Askewさんのところに相変わらずお邪魔して、おしゃべりに行きますね♪

    なので、これからもよろしくお願いします。

    あ、毛ちらしに「くそっ!」と言っていたとこ、笑いました。
    相変わらずAskewさんは面白い!!

    乙女心まで持ち合わせていたことには、驚きましたが(笑)

    何はともあれ、最後まで読んで頂きありがとうございました!!

    2019年8月20日 18:59 編集済

  • 第129話 ソファーの上のパレード。へのコメント

    最後にところでの名前が出てくるなんて〜。とこちゃんは、いつまでも私の心に住み着いているよ。ねむ子さんのエッセイも、いつまでも心に住み着くでしょう。
    他の作品にも夢中になっています。まさに、私の時間を輝かせる作品ばかり。

    はじめは、ねむ子さんの世界に私が入ってはいけない気がして、応援ポチリを控えていたけど、これからはポチポチ、私が読んだ足跡をつけて行くね。
    たびたび登場する私に関すること、とても嬉しかったよ。

    作者からの返信

    @kaidansdさん、コメントありがとうございます!!

    私も書きながら、
    「ところで」くんを思い出しました。
    でも、流石に勝手に書いちゃうのは〜と思って、今回は「親友」はやめておきました。

    でも、大丈夫みたいで良かった〜。

    しかも、まさか他のものも気に入ってもらえていると思っていなかったから、
    嬉しいです!
    応援ポチリも嬉しい!!

    ねむこの世界へようこそ(笑)

    こちらはおしまいにしてしまったけれど、これからも他のもので
    よろしくお願いします♡

    2019年8月20日 14:36

  • 第125話 ゆるく優しく。へのコメント

    人それぞれの人生は人それぞれの家庭から…。
    私の子供時代の家庭は両親がそれぞれ忙しく自営の商売をしてたので、私は親と満足にコミュニケーション出来ずに育った気がします。
    サダジは自由で他人に気を使わず、フミはたいてい不機嫌で怖い存在でした。
    幸い肉親以外の人たちに可愛いがられ優しくされたから良かった。…(このへんはねむこさんと似た境遇?)

    今までを振り返って考えると、人にとっていちばん大切な能力って、やっぱりコミュニケーション能力だと思いますね。

    …人に良くしてもらったら笑顔を返す。
    …好意でして頂いたことに感謝の言葉で応える。
    …自分の気持ちを上手に表現する。
    …相手のことをよく観察する。

    私は子供の頃からこれを誰に教わることなく実施してました。

    そしてある年齢になった頃、愕然とする事実に気付いたのです!

    「多くの親は、自分の子供と基本的にはコミュニケーションなどとろうとしていない!」
    ってことですね。
    …なぜなら、身体的成長は認めても精神的成長は認めてないので、コミュニケーションなど無視して追随しか要求しないからですね。

    …コミュニケーションさえ上手く出来れば、あらかたの人間関係は楽になるのになぁ…!

    残念です。


    作者からの返信

    森緒さん、コメントありがとうございます。

    私自身コミュニケーションに
    自信が無い方なので、
    これから息子に対して、
    森緒さんからの
    今回のコメントを肝に命じていこうと
    思いました。

    育児というのは、
    今すぐ花咲くものではなく
    ずっと先の未来に向けてのものですので、頑張りますね。

    ちなみに、ソファーの上のパレードは
    今日の更新分で最終話となりました。

    これまで読んで頂き、
    色々ご経験まで教えて頂き、
    本当にありがとうございました<(_ _)>

    2019年8月20日 14:28

  • 第35話 夫のカレー。へのコメント

    カレー作ってもらえて良かったですね。
    ねむこ様、妻の鑑のような人です。
    「なんて可愛い奥さま」
    と言いながら、ここまで拝読してきました。
    塩むすびを作ってくれた息子さんも……うっ、
    泣けてしまいます。なんていい子なんでしょう。

    作者からの返信

    ハナスさん、おはようございます。

    えぇー、妻の鑑!?
    そんなこと全く無いのですよ〜。
    今日も夫は自分で水筒を用意していましたし(笑)
    セルフサービスを勧めようとしている様なぐうたら妻でして……
    言っていながら、ひどい妻。
    「可愛い奥様」も勿体ないお言葉です
    (涙)
    どうしよう、この先読んでいく毎に
    私のダメさがバレます。
    ご覚悟を〜。


    ただ、塩むすびを作ってくれる息子には
    デレデレしています(笑)

    コメントありがとうございました♡

    2019年8月20日 09:30

  • 第128話 眠たくて眠たくても。へのコメント

    ねむこさん、おはようございます!

    わかります〜
    私もおしゃべりハイはしょっちゅうですよ〜
    てか、おしゃべりって、そもそもハイなもの!?(笑)

    あと、眠くて寝たはずなのに眠れない、もよくあります。
    そういう夜にカクヨムを徘徊してます。
    そして、私は基本的にはいつも寝たくないです!(笑)
    睡眠が短くていいなら、その分たくさん好きなことができるのに!って思って、
    寝てしまうのがもったいなく感じてしまいます。
    そうやって夜更かしして、翌朝起きれずに後悔、のループです。
    実は悲しいかな、ロングスリーパーなのです(涙)

    でもトシを取るほどに、夜更かしはダメですね。
    崩れた睡眠リズムがなかなか治らず、困ってます。
    昔は夜更かしと寝だめでうまくバランス取れてたのに。

    ※「僕は君の答えになりたいな」聞いてみました!
    歌詞がすごくいい!! うまいっていうか。
    しかも作曲も同じ人が!? 何という才能でしょうか。
    脱帽しました。

    作者からの返信

    みさえさん、おはようございます。
    コメントありがとうございます♡♡

    おしゃべりハイ分かって下さって
    嬉しいです。
    夜が深まれば深まるほど
    おかしなハイになりそうです(笑)
    次の日読むのが怖くなるような。

    夜更かしのロングスリーパーなのですね(笑)
    私は……どうなんだろ。
    次の日予定が無ければ寝たいだけ寝ているので、同じですねきっと(笑)

    確かに歳を重ねるごとに寝不足は
    本当にダメですね。
    肌も体調も…… やられますね。

    それから、「君の答えになりたいな」
    いいですよね〜。
    他もいいのですが、こう思われたいナンバーワンです。

    珍しく女の子だった時代を
    いいなぁと思った夜でした。

    いつもは今が好きで絶対に戻りたくないと思っているのに(笑)

    2019年8月20日 09:25 編集済

  • 第128話 眠たくて眠たくても。へのコメント

    おしゃべりハイわかります(笑)

    女の子でありたい部分、いくつになろうとみんな心はオトメなのですもの。

    「僕は君の答えになりたいな」の歌詞にはわたしもやられました。
    言われたいです~っていうか、今更だけど言われてみたかったなぁ〜(ノд-。)クスン

    でも、ねむこさんやねむこさんの描く世界の女の子は言われていそうで、羨ましいです(*^^*)

    作者からの返信

    つきのさん、おはようございます!
    コメントありがとうございます♡♡

    昨夜のおしゃべりハイ分かっていただけて嬉しいです!!

    あの後「僕は君の答えになりたいな」を
    1回聴いた途端、どろんと眠気の波がやってきて目を閉じてしまいました(笑)

    本当に今更だけど、言われてみたかった
    もくしは、そんな風に思ってもらってみたかった〜。

    ただ、オトメな部分はある方へのコメントへ置いて来ちゃいましたが(笑)
    (つきのさんは可愛らしくコメントされていました。さすが!!)

    けれど、たまーに好き疼くんですよね〜。女の子なオトメ部分が。

    特に眠る前は危ない時間帯です(笑)

    2019年8月20日 08:37 編集済

  • 第20話 「ドグラ・マグラ」へのコメント

    「ゴーストワールド」面白いですよね。
    特にブシェミの冴えないおっさん感、良かったなぁ。レコードコレクターという設定にもシンパシーを感じました。

    ちょっとマニアックな話になりますが、
    この監督、バンドをやってました。オールドタイミーなスウィングのバンドです。
    ブシェミがガレージセールでレコードを探すシーンに、一瞬、このバンドのレコードが映ります。

    この監督の前作「クラム」は、ご覧になりましたか?
    ご覧になっていたら、以下、省略。ということにしてください。

    「クラム」は、このバンドのリーダーというか、漫画家、イラストレーターのロバートクラムと彼の家族のドキュメントです。
    大げさですが、ドグラマグラに登場していても不思議ではない人たちの日常をレポートした感じです。
    ちなみに制作にはデビッドリンチも参加しています。推して知るべし、ですね。

    ご覧になっていなかったら、ぜひ。
    「ゴーストワールド」の解説的な作品?という感じもしないでもないなぁと思います。

    長々と、失礼いたしました。

    作者からの返信

    ひさしさん、コメントありがとうございます。

    「ゴーストワールド」は
    ひさしさんの仰る通り、ブシェミの冴えない感じが最高でした(笑)
    エンドロールのさすがに怒った感じも(笑)

    あとラストのバス!!
    あのラストが私の心を離さない理由です。(センチメンタル好きなもので)


    そして、「クラム」という映画は知りませんでした!!

    すっかり洋画から遠ざかってしまって、
    今やリアリティーのある邦画か、
    ゆるーい邦画好きになってしまいました(笑)

    でも、「ドグラ・マグラ」に「デビットリンチ」に「ゴーストワールド」と
    言われちゃうと、
    観るしかないですね!!

    今度観てみます!!
    教えて頂きありがとうございます。

    2019年8月19日 20:01

  • 第23話 NOと言えない小心者がNO…へのコメント

    コメント失礼します。
    「NO」と言えない人が、今の日本の平和を作ってきてくれたのかなと思います。
    小心者ではなく平和主義者なんですね。

    私は田舎に住む、ただの三時間パート主婦です。
    宜しくお願い致します。m(_ _)m

    作者からの返信

    ハナスさん、コメントありがとうございます!!

    ノミの心臓とも言えます。
    でも、平和主義者と言って貰えると救われる思いです。

    事なかれ主義?とも言えますが(涙)

    そして、私は中途半端な場所に住む
    内職主婦です。

    よろしくお願いします♡♡

    2019年8月19日 19:55

  • 第16話 恋の話へのコメント

    ユニコーン、懐かしいですね。
    友達と伊豆旅行でクルージングを
    楽しんだとき、ユニコーンのメンバー
    の方々が一緒でした。
    顔も名前も全く覚えてませんが、
    ユニコーン……インパクトありますね。
    まだ売れる前だったのかしら?
    30年以上前の思い出です。

    作者からの返信

    星都ハナスさん、コメントありがとうございます!!

    えぇーー!!
    ユニコーンと!?
    30年前となると……デビュー当時なんですかね。
    でも、羨ましいです。

    秋元康さんといい、ハナスさんには
    謎のベールが…。

    ご職業、気になります。

    2019年8月19日 07:48

  • 第127話 「ナポリタンの夜」へのコメント

    猫村さん!
    私も好きでした。
    過去形なのは、2冊くらいしか見てないからなのですが。。。
    そんなに続いてるんですね!

    縦結びは相変わらずなのでしょうか??(笑)

    ハンドメイドの方は、イベントで何か新たなつながりができたりするといいですね。

    さて、失われた朝食、見てみました。
    いや〜ん、ティッシュにティーバッグ、わかりますぅ〜
    と思いきや。。。

    私もむかし出勤してた時は、やることを必要最小限にして順番も決まっていて、
    流れが狂うとパニックしてたので、ゾゾッとしました。
    私も危なかった〜!?
    間違いなく同類ですね。こわいわ〜〜

    作者からの返信

    みさえさん、コメントありがとうございます。

    みんな大好き猫村さんですね♡
    近所の図書室に「きょうの猫村さん」あるんですよね。7巻以降借りてみようかな(笑)
    エプロンの縦結びは相変わらずだったと思います(笑)

    そして、「失われた朝食」観てくれたのですね!!
    シュールですよね(笑)
    「鴨が好き」では私は笑いました。
    私のヘンテコ具合、嫌われていませんか?大丈夫ですか?(笑)

    そして、やはりみんなルーティンを考えたのですね〜。私はあまり何も考えず
    「オモシロ!!」と思ったのですが(笑)
    やはり、みさえさんもちゃんとされている!!

    でも、確かにひとつ狂っただけで、
    狂気的でしたよね(笑)

    あー、「ナポリタンの夜」も観たいなぁ。

    2019年8月19日 07:44

  • 第14話 掃除の歌へのコメント

    「盗んだバイクを盗まれた!」
    私も替え歌で掃除機かけてます。
    「ガラスを割れ!」も大好きです。
    たぶんあの歌も秋元康さんの作詞かな?
    20代、秋元先生の作詞塾で売れるための
    歌詞作りを叩き込まれました。怖かった。
    アンパンマン、いいですね。
    「愛と勇気」大事ですね。

    作者からの返信

    星都ハナスさん、コメントありがとうございます!!

    「盗んだバイクを盗まれた」
    笑いました(笑)
    因果応報!?
    「ガラスを割れ!」もいいですよね。

    って、秋元先生!?作詞塾!?
    星都ハナスさんは作詞家さんだったのですか!?

    実は言うと、私も一時期
    作詞家の養成スクールに通っていました(笑)私は何者にもなっていませんが、
    夜の表参道に通った日々は良き思い出です。

    2019年8月18日 15:39

  • 第5話 妖精について。へのコメント

    ゆったり、ほんわかな素敵なエッセイですね。
    妖精はきっと信じる事が出来る、純粋な人にしか
    姿を現さないのかもしれません。
    妖精はいると思います。私はコロボックルと遊んでみたいです。

    作者からの返信

    星都ハナスさん、さっそく読んで頂き
    コメントまでありがとうございます!!

    本当にゆるーいエッセイです。
    たまに闇が出ますが(笑)

    妖精、いるといいですよね。
    あのパンは妖精に違いない!!

    私もコロボックルと遊んでみたいです!
    同じ大きさになって。

    2019年8月18日 15:36

  • 第126話 ローテンション家族。へのコメント

    んー、確かにハグとかは慣れていないと恥ずかしいかもしれませんが、やっぱり嬉しいですよ。男の子は基本的にマザコンですからね……(凄まじい偏見かもしれません)。

    だから(?)、そのままの距離感で良いと思います。伝えられないより確実に良いと思います。

    作者からの返信

    Askewさん、コメントありがとうございます。

    ハグ、何年も前からしてるおかげか
    今のところ抵抗なくしてくれますが…
    今だけかな(笑)

    でも、男の人にその距離感で良いと言ってもらえると更に心強いです!!

    ありがとうございます(涙)

    2019年8月18日 15:33

  • 第126話 ローテンション家族。へのコメント

    あー、もう、すごくわかります!
    うちもそういうとこありました。
    てか、けっこう、いや、かなり似てます。
    なので、昔の実家は私にとって、まったくリラックスできない場所でした。

    私の場合、夫との関係は、完璧にその反動が来てます。
    親子関係でできなかったこと、ほしかったこと、
    今、全部やり直してるかのようだと思ったりします。
    (もちろん、そのために結婚したわけじゃないです)
    子供に還ってしまうというか。
    おまけに、実の親との間でアダルトチルドレンを直せなかったので、
    夫が話を聞いてくれて、癒そうとしてくれます。

    そうそう、深く知ると冷たいって、うちの夫がよく言われるって言ってました(笑)
    うちの場合、やさしそうなのに実はクール、クールそうなのにやさしい、
    両方言われたことあるそうですけど。
    でも私は夫のこと、やさしいがベースだと思ってます。
    ねむこさんの旦那様も、きっとねむこさんのこと、
    基本的にはやさしいと思っているのでは?


    私も、母に似てるとこ発見すると、ゾッとします(笑)
    一番似たかったのは顔なのに、そこが一番似ていない。。。

    作者からの返信

    みさえさん、コメントありがとうございます。

    すごくわかってもらえた様で嬉しいです。喜んで大丈夫でしょうか!?

    私は好きではなかったけれどリラックス出来る場ではありました。
    私の1番の素でいれる場ではありましたから(笑)
    嫌われてもいいって楽なので。
    結局根っこは似ているのです。嫌だけど(笑)

    夫にクールと言われるのは、
    冷たいというより
    家の中だと私はあんまり笑わないんですよね〜。外ではにこにこしている分、家だと気が抜けるというか。
    外面だけいいのです、私は。
    (アメトーーク見ている時は笑うけど 笑)

    そして、みさえさんのダンナ様との関係は毎度ながら、素敵ですね。

    私が夫に言われる表面上の意味とは違って、ダンナ様の深く知ると冷たいというのは、誰彼構わず優しいのではなく、
    大切な人にだけちゃんと優しいって意味じゃないかな?と思いました。
    (伝えるのが難しいですね)

    うちの夫は、自分のパーソナルスペースに入れられる人にしか優しく出来ないみたいな事をよく言っています。(やはり誰にでも優しさは分けられないという意味です)

    私は前はその意見を少し否定気味に思っていたのですが、
    そこまで極端じゃないとしても、
    今では分からなくもないなぁと思っています。

    私の母もクールだった割に
    女性受けは良かったところがあるので、
    サバサバしていた人だったのかも
    とも思って。

    余裕さえあれば、また違ったのかもしれません。

    みさえさんの顔が似たかったって事は
    お母さん美人さんだったのですね〜。

    長々になってしまいました(笑)

    2019年8月18日 10:50

  • 第126話 ローテンション家族。へのコメント

    ねむこさん
    反面教師でいいと思います。
    愛情表現もきっと今のままでいい
    旦那さまも息子ちゃんもそのままのねむこさんが好きですよ

    私の中では母親はいつも遠くにいるので、少ない思い出をこうして手繰り寄せて文章にしてるんだなって思ってます。

    まったくもって「アダルトチルドレン」なのだと分析してます(爆)

    何だかわけの分からないこと書いてる?大丈夫なのか?

    意味不明だったらごめんなさい

    これだけは言えるよ

    ねむこさん(っ'-')╮=͟͟͞♡だいすき

    作者からの返信

    あいるさん、こんばんは。

    いつも肯定してくれてありがとう〜(涙)

    絵文字可愛すぎです♡♡

    私もいつまで経っても大人になれません。

    もういっか〜!
    でも、本当はクールなのです(笑)

    あいるさんは大変な思いしてる分、
    絶対に幸せになれる!!

    私はそれをおノロケとして聞くのが
    楽しみなので、これからも幸せなお話聞かせてくださいね。

    それから、山下くん、エヴァンゲリオン見てなくてごめんね〜。
    夫は見ていますよ〜。

    2019年8月17日 22:07

  • 第125話 ゆるく優しく。へのコメント

    ねむこさん、おはようございます!!

    アルバイトでかわいがられていたねむこさんそのままに、
    カクヨムでも皆さんに愛されてると思います。
    うなずけます!!

    ねむこさんのやさしさや前向きさや「ゆるく」主義の向こうに
    苦労されされた過去があることは何度か読ませていただいてますが、
    そこで腐ったりヘンな方へ行かなかったのも、
    ねむこさんの強さなのでしょうね。
    ずっと自分を見失わなかったんですもんね。
    えらいなぁ。

    と、わかったようなことを書いてすみません(汗)

    上手に逃げること、私はホントにヘタクソでした。
    何かで気を紛らわせてはいたのでしょうけど、
    結局はガンジガラメでした。
    そんな自分の中途半端さがむしろ周りをダメにしていたのかも?とさえ思います。

    自分がもっと若い時にねむこさんに会ってたらなぁ(笑)

    作者からの返信

    みさえさん、コメントありがとうございます。

    アルバイトでは最年少という事もあって、色々許されていたのでしょうね。
    周りは優しい主婦の方ばかりだったので。

    でも、カクヨムで愛されているでしょうか!?それは違う気がして恥ずかしいですが……(そんな訳ないだろ!と声がしそう)

    でも、みさえさんにそう言ってもらえるだけでも嬉しいです!
    今日は良い日だ〜!!

    それから、私は1度自分を見失ってしまい…そこからやっと自分の弱さに気づいて、どうやっても自分からは逃れられないことにも気づきました。
    実際にぶつからないと気づけないタイプです(笑)
    だから全然えらくないんですよ〜。
    根っからのおバカさんです(笑)

    みさえさんの恋愛三部作を読むに、
    ダンナ様との関係性を読むに、
    みさえさんは素敵な方だと分かっているだけに、若い時の私に会ったら
    私は嫌われていたかもしれません。

    むしろ、今で良かった〜(笑)

    2019年8月17日 11:58

  • 第125話 ゆるく優しく。へのコメント

    ねむこさん、

    >時として、逃げることは悪いことではないなぁと

    うんうん、これ、必要なことだと思います。
    全てに立ち向かえる人は、すごいなぁと思いますし、尊敬もするけど、わたしとかには無理ですもん。

    むしろ、あまりにもそこだけ見ていると、ペチャンコに潰れて跡形もなくなりそうなワタシです。
    そういう自分のヘタレ具合を知ってるから、とりあえず、いったん、ちょっと、ね!と置いておきます。

    時間が経つと、また、違う風が吹いてくることありますもんね。

    ヘタレの生きる知恵?ってヤツです(^^;

    ゆるく優しく、素敵な言葉です(笑)

    ねむこさんの周りに温かな輪ができるのがわかる気がします(*^^*)

    作者からの返信

    つきのさん、コメントありがとうございます。

    私も立ち向かえる人には憧れますが、
    遠回りしてでも避けるかもしれません(笑)
    そうしないと私もぺしゃんこです。

    けれど、本当につきのさんの言う通り
    私も私が弱いことを知ってから
    そこからやっとスタート出来るようになった気がします。

    それまで何と戦っていたのでしょうかね(笑)

    そして、私の周りに温かな輪があるとしたらば、それは周りの人の輪に私がたまたま入っていただけな気がします(笑)

    2019年8月17日 11:44

  • 第125話 ゆるく優しく。へのコメント

    ゆるくやさしく
    よい言葉ですね
    なかなか心に余裕を持つことができなくなってる人が多く見えます。
    どこか緩くいられるところ、緩くなれる気持ちになれるものを
    かならず持っていたいものです。
    仕事場でひとにめぐまれるのは大事!!

    作者からの返信

    ハナオさん、コメントありがとうございます。

    ゆるく優しく、
    いいですよね。こうありたいなぁと
    いつも思っています。
    自分がまずそうでなければ、
    気付かぬうちに相手にも厳しくなってしまう気がして。
    そして、それって返ってきますよね。

    とはいえ、すぐ余裕をなくしてしまうのので、私もまだまだ修行中です(笑)

    そうそう!仕事って人に恵まれていることが1番ですよね!

    2019年8月17日 11:40

  • 第125話 ゆるく優しく。へのコメント

    ねむこさん

    きっと苦労してたんだなって感じていました。でもきっと優しいあなたのまわりにはたくさんの優しいもあったのだろうと思ってます。

    私も寂しい思いもしたし、死にたいと思ったこともありますが、たくさんの人に支えられてきましたから

    お互いに今の自分も過去の自分も愛してやろうよ!
    (自分に言い聞かせてるのかも?)(笑)

    作者からの返信

    あいるさん、コメントありがとうございます。
    体調どうですか?
    良くなっていますように。

    あいるさんもコメントをしていた少年に
    これを、読んで欲しいなぁなんて
    思って書いてみました。

    でも、書いたら書いたで
    押し付けがましいかな?とか読んでもらっても何も伝わらないものに
    なってしまいました(笑)

    苦しい時って、いくら何を言われても
    自分で気づかないと意味ないですよね。

    あいるさんが沢山の大変な思いをしてきた方だからこそ、明るいエッセイに
    厚みがあるんだろうなぁと思っています。(偉そうだったらごめんなさい)


    そう!まず自分で自分を愛してあげましょう!!私も本当にそう思います。

    2019年8月17日 11:36

  • 第123話 今日もお喋りは止まらない。へのコメント

    「旅猫リポート」は私も観ました。
    福士蒼汰君の主人公に泣きましたか?
    そうでしょうねぇ…とっても優しくって良い子でしたもんねぇ。まぶしい青春、友情。ほろ苦い恋。
    まっすぐで他人を思いやる純情な青年の旅…。そして悲しい結末。
    まさに涙を流さずにいられません。
    竹内結子が上手にさりげなく主人公をサポートする演技を見せてましたね。

    ただそれだけに私には主人公の青年の孤独感がひしひしと感じられて可哀想な印象でした。
    友だちにも身内にもむき出しの感情をぶつけることも出来ず、喧嘩もせず、自分の運命をただ受け入れながら本当に素直に気持ちを通わせられる相手は猫だけなんだよね。

    私ごとだけど、15年前に妻の母親が癌で亡くなる前、わが家の愛猫みにゃんを入院先の病室に連れて生き、喜んでくれたのを思い出しました。
    …猫大好きな人だったから。(涙)

    作者からの返信

    森緒さん、コメントありがとうございます。

    確かに「旅猫リポート 」は
    主人公が優しすぎて可哀想なんですよね。
    何故こんな優しい子に悲しいことが起きるんだ!?って。

    でも、最後みんなから愛されていたことが分かり、良かった〜とは思うのですが……それでも…ですよね。

    動物は飼い主にとって、家族なので奥様のお母さまも喜んだでしょうね。

    2019年8月17日 11:29

  • 第124話 我が家の斉藤さんの話。へのコメント

    カブト虫が来るとは羨ましい。
    そうとう居心地良かったんですね。

    おしっこといえば、カナブンのおしっこ超くさかったです。
    カブト虫も親戚みたいなものですが、臭いどうなんだろう。

    そうでなくとも家のなかには撒かれたくないですな。

    早寝偉い!

    作者からの返信

    ハナオさん、
    コメントありがとうございます。

    カブトムシがうちの前まで来るのは
    さすがに珍しいんです。
    いつもは捕獲大作戦しないとダメですから(笑)

    でも、カナブンとカブトムシは親戚なのですね!!
    知らなかった〜。
    しかも、オシッコがそんなに臭いとは(笑)
    カブトムシはどうなんでしょう。
    見た事ないです。

    それから早寝、褒めてもらえるとは!!

    ただ、消灯は早いですが、
    私自身は夜更かし隊です(笑)

    2019年8月16日 10:00

  • 第124話 我が家の斉藤さんの話。へのコメント

    あいるさんのコメント、笑いました。
    そういう問題!?

    そうかそうか、泣きながら「ぶぶぶぶぶ〜」って飛んでたのですね。
    外に置いても飛び立って行かなかったのに、
    いったい何があったのでしょうか、気になります。

    それと、切り株家の夜って、そんな感じなのですね。
    よそのお宅の事情を垣間見るのは実に興味深いことです(笑)。
    でも、えらいですよね。
    ちゃんと息子さんの生活リズムを家族で守ろうとしてる。
    小さい時に生活が不規則だったり、夜更かしだったりするのを見ると、
    将来の健康とか、成長に影響ないのかなぁと、
    他人事ながら心配になる私です。

    作者からの返信

    みさえさん
    コメントありがとうございます。

    そうそう、「 ぶぶぶぶぶぶ〜」と
    泣きながら飛んでいたのです(笑)
    しかも、分厚い本を押し退けて
    虫かごから脱走して。

    何故外でそれをやらないのか…不思議です。

    そして、我が家の夜は
    こんな感じなのでした(笑)
    今は夏休みなので、
    夫が休みの内はちょこちょこ夜更かしになったりもしますけれど。

    沢山眠らないと身長も伸びないのでは!?と不安もあって(笑)

    2019年8月16日 09:56

  • 第124話 我が家の斉藤さんの話。へのコメント

    ねむこさん

    それはそれはお疲れ様でした(笑)

    カブトムシはオシッコかけるから部屋では飛んで欲しくないです

    クワガタは大人しくしてますよ飼うならオススメです

    作者からの返信

    あいるさん、
    コメントありがとうございます。

    カブトムシのおしっこ、
    テレビでしか見た事無いです!!

    クワガタはしないのですね。

    でも、やはり丸っこいフォルムが
    カブトムシは可愛い(笑)

    2019年8月16日 09:51

  • 第123話 今日もお喋りは止まらない。へのコメント

    ねむこさん

    旅猫リポート
    やっぱり泣きましたね(笑)

    本を読んで号泣してたので、ちょびっと冷静には観れたのですが、泣くよね先日よんだ「ひと」(本屋大賞2位)この主人公もきっと好きになると思います。
    読み終えたあと、こんな息子欲しいって思ったし

    夜遅くにコメントごめんなさい

    作者からの返信

    あいるさん、コメントありがとうございます!!

    泣きましたよーー!!
    福士蒼汰くんの為の映画か?という位に
    本当にいい子で〜(泣)

    「ひと」!?
    読みたい本リストに入れておきます!
    (溜まっていく 幸せな悲鳴)
    それからあいるさんの方にもう1冊書いてあった方の「むらさきのスカートの女」がすごく気になっています。
    表紙も好き♡

    2019年8月14日 10:48 編集済

  • 第123話 今日もお喋りは止まらない。へのコメント

    私も旅猫リポート観ました。
    泣くと思ってましたが、やっぱり号泣しました。
    切なすぎる。(T_T)

    作者からの返信

    みいかさん、コメントありがとうございます♡

    旅猫リポート、福士蒼汰くん良い人過ぎますよね?
    色んな事があったのに、
    ピュアで良い人過ぎて………泣けますね。

    これを観ちゃったら、
    福士蒼汰くんを好きになる人、続出なのでは!?と思いました。

    2019年8月14日 10:42

  • 第123話 今日もお喋りは止まらない。へのコメント

    わかります〜(笑)
    私も小学生のころ、友だちと住みたいと言ってました。
    そして、結婚できずにいたころも、
    独身の友だちと将来は一緒に住もうと誓い合っていました。

    そして、ファザコン!
    たぶん、私もそうでした。
    昔はそれだけじゃなくて別の要素もあって、
    自分は結婚はできないと思っていたので、
    あまり恋愛に影響はなかったですが。

    そして、ゲイ!
    住むかどうかは別にして、ゲイの友だちほしかったですぅ〜!!
    (今でもほしい!!)

    旅猫リポート、猫好きとしてはこれは見なくちゃですね!
    (いつ見られるかなぁ〜 汗)

    ねむこさん、モテモテじゃないですか!?
    年上男性は、相手の女性が「若けりゃ何でもいい」人もいたりするのであまり判断基準になりませんが、
    年下男性は、年上でも素敵だと思える女性じゃないと寄って来ないと思うので、
    年下に好かれるのはハードル高いと思うんです。
    でも、うなずけますよ。
    ねむこさん、書くもの見ててもかわいらしいから♡

    作者からの返信

    みさえさん、コメントありがとうございます♡

    女の子って一緒に住もうね!って約束しますよね。
    高校生の時も言っていました(笑)

    やっぱりみさえさんもでしたか!

    ファザコンは、父性愛を求めていた故に
    性的な事を求められると苦しくて
    こじらせていました(笑)

    今でもゲイの友達欲しいって分かります(笑)でも、相手は私じゃ役不足だろうなぁ。

    「旅猫リポート」私で泣くのだから
    みさえさんだと号泣だと思いますよ!
    涙活?したい時にオススメです。

    そして、年下くん達とのエピソード。
    私の書き方のせいもあって、
    一見そう感じるかもしれませんが
    告白された訳でも何でもないんですよ。

    (でも、ひょっとして好かれてる?と正直その頃は思いましたが 笑)

    私が21、2歳くらいの頃で、10代の男の子からしたら、スットコドッコイで残念な私に優しさを分け与えてくれていたのかなと思っています(笑)

    2019年8月14日 10:36

  • 第122話 1人パーリーナイト。へのコメント

    ねむこさん、こんばんは。
    竹内涼真とシシドカフカが2票になりましたね(笑)。
    山崎賢人も捨てがたいけど、どっちもいいと思う!
    マリコも菜々緒さん推しだったけど、シシドカフカでも私はいいです(って、何様!?)

    あと、私も黒木華さんもちょっと思ったけど……
    みちはいろいろ挙がってますね〜、誰がいいかなぁ〜
    私の希望は、戸惑った時にそれを隠そうとするあまり、
    わざとらしいほどのリアクションになってしまうのがかわいくて似合いそうな女優さんがいいな、と。

    あとは洸介ですが、
    実は今日、録画を見ていてひらめいてしまいました。
    もうちょっとひょろっとして背丈がほしいけど、
    二階堂役の横浜流星はどうでしょう!!

    で、これ、配役決定したら、どこに言えばいいんですか!?(←まだ錯乱中!!)

    作者からの返信

    みさえさん、コメントありがとうございます!

    多数決!?
    そしたらやっぱり響太は
    坂口健太郎かなあ。
    バンドマンなので体育会系より
    私は出来たらナイーブ男子でいきたくて!
    佐藤健の律っぽさもやはり捨てがたい〜!

    シシドカフカでもいいですって
    ところかなり笑いました(笑)

    横浜流星くん出てきちゃうとまた話が変わっちゃいます。
    洸介でも響太もいいかなって(笑)
    でも、背丈のことも分かります!!

    結局全て好みの話か!?って
    なっちゃいました(笑)

    みちは、あいるさんの黒木華ちゃん
    いいですね〜。
    でも、宮崎あおいちゃんもいいんですよね〜。

    妄想が止まりません!!


    あいるさん、みさえさん
    2人ともお付き合い頂き、
    ありがとうございます!!

    それぞれの登場人物像があって
    それだけで楽しくて嬉しかったです!!

    2019年8月13日 01:16

  • 第122話 1人パーリーナイト。へのコメント

    ねむこさん
    こんばんは

    響太君…竹内涼真くん
    みちさん…黒木華さん
    マリコさん…シシドカフカさんか波瑠さん

    でどうでしょう?

    追記
    洸介くん…考え中です(笑)

    作者からの返信

    あいるさん、コメントありがとうございます!

    うふふ(笑)
    考えてくれてありがとうございます♡♡

    マリコさん、シシドカフカさんイメージで書いていたのですが、波瑠さんも
    いいかも〜!!

    全く考え及ばなかったです。
    でも、クール女子がいいので
    いい!!

    みちさんも響太も
    考えてくれて嬉しいな♪♪

    ちなみに、竹内涼真くんはあいるさんの好みだったりしますか?
    そういうのも知れて楽しい(笑)

    洸介は確かに何故か私もあまり思い浮かばないんですよね〜。
    1番カッコイイ顔のはずなのに。

    2019年8月12日 22:21

  • 第118話 今日の後悔。へのコメント

    残念ながら私は洋楽はほとんど聴かないのでよく分からないんだけど…。
    実はこのサイトではやはり後悔してることがありますよ!
    「超個人的主観で送る衝撃的歌謡曲&歌手論」
    というエッセイを去年連載したんだよね。
    内容は昭和にヒットした歌謡曲と歌手について好き勝手に私の考えや印象を述べたコラム。
    思いがけず読者も付いて楽しかったんだけど、連載36回で公開停止になっちゃいました。
    何でだかはよく分からないけど、歌詞の一部引用して載せたのがダメだったらしいのね。
    読者からのコメントもたくさん頂いてすっごく楽しくはりきってただけにガックリ😖⤵️。
    こんなことならやらなきゃ良かったと後悔。
    …以来私はエッセイはやらないと決めました。

    そしたら、最近何となく気がついたんだけど…。
    他の作者さんの作品への私のコメントが、何となくエッセイっぽくなってるのよね。

    う~む、
    これはどうなんだろか?…。

    後で後悔することにならなきゃ良いけど…。

    あっ、一応念のため申し上げますが、
    「もう絶対ついて行きます!家まで」
    ってのは、冗談ですからね。

    笑い…取れてない?

    作者からの返信

    森緒さん、コメントありがとうございます。

    私はコメントが消えてしまったことがあります。カクヨムに問い合わせてみたのですが、理由も分からないし元には戻らないと言われました。
    せっかくもらったコメントがぁ〜と
    悲しかったです。

    それが、エッセイ自体が公開停止になるなんて本当に悲しいですよね。
    停止になった理由は問い合わせてみましたか?
    その理由さえ分かれば、
    回避出来ますよね。

    森緒さんは色んな経験が豊富で、
    コメントでも確かにエッセイの様に色々教えて下さるので、
    またやってみるのもいいのでは?
    と私は思ってしまいます。
    あくまで勝手な私の意見なので
    乗り気でないなら、お気になさらずですが。

    そして、「家まで」は冗談だと勿論分かっていますよ〜(笑)



    2019年8月11日 14:29

  • 第113話 重いラブレター。へのコメント

    う~む、レビューするのを躊躇する って考えが私には無かったです。
    って言っても、私は普段ほとんど本を読まないからなぁ。
    このサイトでも、あまり読まないんだけどごくたまに面白いって感じた作品にレビューを書きます。
    内容はやはり自分が「面白い」と感じた部分を推すことが多いですね。
    良いな~、レビュー!
    私は自分の作品にレビューもらえたら単純に大喜びしてますよ!
    レビュー書いてくれるなんて、何て良い人なんだ。もう無条件でついて行きます!家まで。

    作者からの返信

    森緒さん、コメントありがとうございます!!

    確かにレビューしてくださる方には、
    私も森緒さんと同じ気持ちです。
    家までかは分かりませんが(笑)

    でも、書くとなると
    不安になってしまいます。
    読解力が無いので
    的外れで作品に泥を塗ってしまいそうで…それだけ小心者なのです(笑)

    それでも、最近は少しづつ
    書きたいなぁと思っています。

    2019年8月10日 14:20

  • 第121話 私のゲーム遍歴。へのコメント

    スーファミからゲームに入ったので、スーパーマリオブラザーズもですが、ワールドにもどハマりしていました。
    星のカービィSDXもですね。懐かしいなあー。

    ドラゴンボールの対戦ゲームも持ってましたね。いつまで経っても必殺技の相殺が出来ず投げた記憶があります。大学生になってやり直してみたらこれがいとも簡単に出来るのですよねー。

    ねむこさんの母上様のように、大人になったから面白くなることもあるのかも知れません。

    マイクラはあらゆる所で面白いと聞くのですが、時間を大量に費やしてしまいそうで触っていません笑

    作者からの返信

    Askewさん、コメントありがとうございます。

    マイクラはまず木を素手で集めましょう。そして、その木で作業台を作り斧やらツルハシ。
    その後は絶対にベッドを作らないと!
    とにかく羊を3匹探してください。
    じゃないと、夜はゾンビ達がうじゃうじゃなので、朝まで危険です。

    ……ってやるなんて、一言も言ってないって?

    でも、家族のいない昼間にでもゲームがしたくなった位楽しいです(笑)

    建築派の人もいますが、
    私は野宿の旅人です。

    まだ見ぬ土地を目指して!!
    スナフキンです。(良く言い過ぎ 笑)

    あとは、海のなかにガラスの塔を作ったりも素敵でした。

    ……やりたくなりましたか?
    (悪魔の囁き)

    2019年8月10日 14:15

  • 第121話 私のゲーム遍歴。へのコメント

    いいなぁ、楽しそうで。
    ダンナさんと息子さんがエキサイトしてて、
    その横で一人で別のをやってるねむこさん(笑)。
    平和そのもの、幸せそう♡

    ちなみに、私、たぶん初期のころのマリオしかやったことないです。
    あとオンラインの何かをいろいろやった時期もちょっとあったけど、
    ハマりそうで退散しました。
    加減ができない不器用な人間なので(笑)
    (カクヨムもハマり過ぎ傾向)

    いまは地味にたまにパズルゲームくらいです。

    作者からの返信

    みさえさんこちらもありがとうございます!!

    確かに男達が2人で盛り上がってくれると、私は1人平和です(笑)

    そして、オンラインだと
    誰かの事を気にしなきゃいけないのが
    しんどいので、
    ゲームは1人が1番いいです。

    どうぶつの森はお互いの家を見せ合いとかする感じなので楽しいのですが……
    勝負ものは苦手です。
    足を引っ張ってしまってしまいそうで(泣)

    人とやる位なら、1人で
    ソリティアでも全然楽しめます(笑)

    人としてヤバイ!?

    2019年8月10日 14:08 編集済

  • 第120話 クリストファー・ロビンの…へのコメント

    わかりますよぉ〜

    映画もそれで合ってますよ〜

    関西の「アホやなぁ」ですよね(笑)。

    ちなみに我が家はお互いにそのノリです(ノロケてるようで、ノロケてます)

    息子さんには(子供のうちは)わからないかもですね。
    背伸びしたくてしょうがない年齢だと、カチンと来そうかも。

    作者からの返信

    みさえさん、コメントありがとうございます!!

    うふふ、おノロケいいですね〜♡♡
    やっぱり素敵夫婦♡♡

    息子には女の子にそう言ってあげられる人になって欲しいなぁ。

    そして、こうなったら私は女友達に言ってもらおうかな(笑)

    (こうなったら誰にでもいい 笑)

    夫は言わないタイプなので。

    2019年8月10日 14:03

  • 第121話 私のゲーム遍歴。へのコメント

    桃太郎電鉄は死ぬほどやりました(笑)
    大富豪からボンビーに落ちると🙍💨⤵️
    でも少しづつ成り上がるのが楽しかったです、あとぷよぷよも弟といつも対戦してましたよ(笑)

    ゆるくさん来てるし(爆)

    作者からの返信

    あいるさん、コメントありがとうございます!!

    私も桃鉄2年くらい前にやりましたよー!!家族で(笑)
    コメダ珈琲とかも出てきて面白いですよね。

    あと、普通に人生ゲームもやります。

    ぷよぷよとかテトリス!
    私めちゃくちゃ弱いです(笑)

    2019年8月10日 13:58

  • 第121話 私のゲーム遍歴。へのコメント

    今はスプラトゥーン2をやってます。
    まったく勝てません(。´Д⊂)
    やはり、人には向き不向きがありますよね……マイクラに戻ります。

    作者からの返信

    ゆるくさん、コメントありがとうございます!!

    スプラトゥーン2難しいですよね。
    私は1度でやめました。
    でも、息子と夫がすごい勢いでやってました。

    マイクラがいいですよね〜。
    平和が1番です。
    敵には容赦しませんが(笑)

    あ、時効警察のネタバレは
    書きませんので!
    約束します!!(多分 笑)

    2019年8月9日 20:44 編集済

  • 第120話 クリストファー・ロビンの…へのコメント

    映画「Christopher Robin」(邦題は直球過ぎて捕球しきれませんでした)を飛行機内で見ましたが、クリストファーロビンの良さが死んでしまった後の話なのですよね。

    だからこそ、ねむこさんが言う「プーのおバカさん」の良さが際立っていました。良いですよね、あの寛容さ。懐の深さ。

    良いなぁ、僕の近くにもそんな人がいたらなぁ。
    「ちょ、ごめーん。ちょっと数字間違えて、数千万損しちゃった!」
    「もー。Askewのおバカさん」
    「ふふふふふ」
    みたいなね。

    いないな。

    作者からの返信

    Askewさん、コメントありがとうございます。

    そんな映画まであったとは!
    さっそく調べてみました。
    クリストファーロビンは「くまのプーさん」によって大変な思いをしたみたいですね。(とはいえ私の調べた映画で合っているのかな)

    でも、そうなんです。
    「プーのおバカさん」
    は、寛容さ、懐の深さなんです!
    いいですよね〜。

    ただ、Askewさんのその会話で
    言ってくれる人、
    確かにいないな(笑)

    でも、キャベツとレタスを間違えて買ってくる位の間違いなら、
    言ってもらえるかも!?
    もしくは、しめじと舞茸とか。


    それからお返事のアジカンの「N.G.S」の歌詞。
    ピッタリでしたね、笑いました(笑)

    2019年8月9日 16:00

  • 第119話 女の人好き。へのコメント

    僕は男の人が好きです。もちろん、恋愛感情は湧いていません。

    でも、憧れの人……。難しいですね。
    俳優さんでは佐々木蔵之介さんが好きです。演技をそれほど見ている訳ではないのですが、雰囲気と笑い顔が良いです。関西弁なのも大きい。その後、羽海野チカさんが自身の漫画で好きなキャラのモデルにしたことも分かって、もっと好きになりました。

    あとは安田顕さん。牛乳を吐いて涙目になっているイメージしかないですが、カッコイイです。眉毛が八の字になって笑う顔が印象的です。ぽんこつ可愛い。笑

    女性は歌手も漫画家も沢山好きな人がいて書き切れません。YUKIもそうですし、KOKIAとか。漫画家では九井諒子や冬目景とかね。歌手や漫画家では人物というより作風になりますが、作風は人物が反映されていると思っているので、その人も好きなのでしょう。

    作者からの返信

    Askewさん、コメントありがとうございます。

    羽海野チカさんて、
    元々少女マンガなのに男の人からの支持がすごいんですね!
    今や少女マンガではない雑誌で書いていますが、「はちみつとクローバー」の時は普通に少女マンガだったんだなぁと
    Wikipediaでさっき見ました(笑)

    そして、佐々木蔵之介さんですか!
    へぇー確かに関西の方ですもんね。
    しかも、羽海野チカさんのキャラクターモデルにもなっていたとは!
    北海道に自転車旅行する程のAskewさんには、それはたまらないですよね。

    安田顕さん、面白くて私も好きです。

    そうそう、AskewさんYUKIちゃん
    好きだと言っていましたね!
    森山未來さんも。
    その森山未來さん、今大河ドラマで落語家の役なのですが演技力素晴らしいです!!他の方々が私には分からなかったので検索してみます。

    変な時間に寝てしまった為、
    夜は長いのです(泣)

    2019年8月8日 01:00

  • 第112話 グータッチのトラウマ。へのコメント

    なるほど~!
    青春の赤面ページですねぇ(失礼 !? )
    …実は私も20代の中頃に婚活をひっそりやっていた時期がありましたよ。
    私は人混みやショッピングやインドアやらが苦手だったので苦労しました。
    あるパーティーで東京のクラブ(その当時はまだディスコって言ってたかな !?)みたいな場所で踊るみたいなのに参加させられて地獄でしたね。
    うるさいし暗いし誰が誰やら分からないし話も出来ないしダンスは出来ないし何でこんなことさせられなきゃいけないんだ?と全く罰ゲームとしか思えない状況…。
    私には耐えられず途中で抜けて帰りました。

    青春は赤面メモリーのパレードだぁ!!
    もうやだ~ !! …

    作者からの返信

    森緒さん、コメントありがとうございます。

    青春は本当に赤面のパレードですよね、
    同じです(笑)

    婚活ですか〜。
    しかも、すごい場所で婚活なのですね。
    確かにそういう場所は
    好き嫌い分かれそうですね。
    私も苦手です。
    って行ったことすらありません(笑)

    でも、赤面のパレードも
    今となってはいい思い出ですよね?

    グータッチ、二度と経験したくはないですけど(笑)

    2019年8月8日 00:43

  • 第119話 女の人好き。へのコメント

    すみません、コメント欄見て、
    吉行淳之介は吉行和子のお兄さんだよね〜と思いながら読み進むと、
    なヌっ!?村上春樹と作風が似てるなんて聞いたことないぞ!?となり、
    (ってか、読んだことないですが)
    どゆこと!?と、ついつい私も検索してみてしまいました。
    すると、春樹さんの芥川賞の選考に絡んだ話で吉行淳之介が村上春樹をどう評価していたかなどの興味深い話がたくさん出てきました。
    今までそんなのネットで見ることができるなんて思ってみたこともなかったので、
    大変大変おもしろく読みふけってました。
    ありがとうございます(笑)

    私も、同性の憧れについて考えてみたのですが、
    いたかどうか……いたとしてもパッと思い出せない(汗)
    「そうなりたい」と思ったという意味では外国の女優さんくらいしか浮かびません。

    という中で、一人、尊敬していた人がいました。
    その人の人生に深く共感し、生き方に感服し、
    大人な女子力を賞嘆し、突然の死を心から悼んだ人。
    向田邦子さんです。
    憧れるなどとはおこがましくて言えません。
    エッセイもとても好きでした。
    エッセイに「感動」したのは彼女の作品が初めてで、
    エッセイというものを積極的に読むようになったのはそこからでした。

    作者からの返信

    みさえさん、こんばんは。
    コメントありがとうございます。

    私は吉行淳之介のWikipediaで、
    お父さんがモダニズムの詩人ってところに「ほーう」と思い、更に女性関係に「ほぇ〜」と思ったのでした。
    すると、下の方に「吉行淳之介 村上春樹」と検索結果が見えてきて。

    なので、みさえさんのコメントを読んで
    また「ほうほう」となりました。
    ありがとうございます。

    皆さん、物知りですホント。


    そして、向田邦子さんですか〜!
    やっぱり読書好きな方達の憧れは
    作家さんなのですね!
    (私のエセ読書がバレた 笑)

    うん!みさえさんらしくて
    素敵です!!

    2019年8月7日 23:47

  • 第119話 女の人好き。へのコメント

    こんばんは。

    憧れている人と考えると難しいですね。
    昔はいましたけど、今もそうか?と尋ねられると、答えられない気がします。

    それでも、あえて言うなら吉行淳之介という作家です。ああいう生き方は絶対できないからこそ、憧れます。

    ちなみに、「ハチミツとクローバー」にはアニメがありましてOPがYUKIです。
    そこからYUKIの曲を聴き始め、特番のラジオとかも聴くようになりました。笑

    作者からの返信

    郷倉さん、こんばんは。
    コメントありがとうございます!

    吉行淳之介さんという作家を
    知りませんでした。
    なので、検索してみたのですが、
    村上春樹も一緒に出てきたのですが、 作風が似ているんですかね?

    でも、生き方に憧れということは
    愛人が沢山というところですか? !
    アウトローなんですかね。
    (エッセイ対談の名手とも書かれていましたが)
    男の人だとまた憧れるところが違ったりするのでしょうね(笑)

    そして、YUKIちゃん。
    ラジオまで!?
    それは結構好きなのでは!?

    ちなみに、私は「commune」というアルバムが好きでした。
    「ドラマチック」や「ふがいないや」より少し前のアルバムですかね。
    とにかく何をやってもステキで可愛くて好きです。


    それから、「その夜の侍」私も観ましたよー(笑)

    2019年8月7日 21:10

  • 第118話 今日の後悔。へのコメント

    ねむこさん、こんばんは。
    その後悔、全部わかります〜
    ちなみに今日の私の後悔は、夫の出張をいいことに、
    夜ごはんを作らなかったことです。
    何日も使い切れてない食材、どうしよ〜もったいない〜
    しかも、残り物だけで足りなくて、お菓子いっぱい食べちゃいました。
    それじゃなくても最近太ってきてヤバいのに。。。

    洋楽の話、私、一時期洋楽オンリーだったので、
    なんで消しちゃったのぉ〜と思いきや(笑)
    でも、知らないかなぁ。
    ギルバートオサリバンのAlone Againだけ。これは私も好きです。
    ジュリアンレノンなら数曲知ってるんだけどなぁ。

    ねむこさんの音楽遍歴洋楽編、ほかにもあれば、ぜひ聞きたいです!

    作者からの返信

    みさえさん、コメントありがとうございます!!

    えぇ!?ダンナ様の出張時の理想の過ごし方ですよ、それは!!
    後悔なんかひとつもありません(笑)
    私ならお寿司まで食べちゃうかも〜。
    (スーパー安いやつですよ?そこだけ少し罪悪感で 笑)

    あと、みさえさんは太っていません!
    (キッパリ)

    そして、洋楽編書けば良かったかな〜。
    でも、特にベルベットアンダーグラウンドの曲は、夫に「これ好きってヤバい奴だと思われるよ」と言われていたこともあり、尻込みました。
    デヴィッド・リンチの映画が始まりそうな曲なのです。(怪しい感じ)

    でも、「Alone Again」が入ったサントラは切ないもの好き狂としては、
    大好きなものでした。

    また洋楽編も、
    もう少し知識入ったら書きますね♪

    2019年8月7日 11:01

  • 第118話 今日の後悔。へのコメント

    やっぱり主婦は大変ですね

    仕事は忙しいけど、ちゃんと自分の時間が持てる今を大切にしないといけないなとつくづく思います。

    洋楽も好きですよ

    最近(ちょっと前だけど)
    アデルとかブルーノマーズとか聴いてました。

    実はマイケルジャクソンも好きだったなぁ

    作者からの返信

    あいるさん、コメントありがとうございます!!

    主婦は大変だとは思いますが、
    私はぐうたらなので、
    人よりは大変ではないのです。
    息子もあまり手がかからなくなってきているし。

    ただ、やはり空白な時間も欲しいというワガママです。

    それなのに後悔まで!!
    なんていう傲慢さ(笑)

    でもあいるさんの今の時間は本当に貴重なものだと思います。
    お仕事大変かとは思いますが、
    存分に楽しんでくださいね!!

    おばちゃん、応援してます(笑)

    そして、洋楽!
    さすがに若い!!

    2019年8月7日 10:38 編集済

  • 第116話 私が旅に出ない理由。へのコメント

    わかります〜
    トイレに貼ったものは覚えますよね(笑)。
    あと、ものすごく複雑な絵とかイラストとか写真を貼るのもおすすめです。
    あれ?この部分をあらためてよく見ると…って、
    時々新発見があるのが楽しいです。
    複雑だと妄想も暴走してワクワクします。
    そういう意味では、世界地図もよいですよね。

    でも今現在は、恥ずかしながら、
    我が家は二人とも長居の際は持ち込み派になっており、
    カレンダーしか貼ってません。

    プリンスエドワード島、私も行きたいです。
    ムーミンのふるさとも。
    ハイジのアルプスも、ピーターラビットの村やメルヘン街道も行きたいです。
    (またここで、あれを投稿しようと思いつく私 笑)

    海外は、卒業旅行のギリシャ&モスクワと、
    新婚旅行のスペイン&イタリアを経験しました。
    今は、夫の行きたいところに夫のペースで旅するために
    (私のペースだと怒濤になるので)
    500円玉貯金と私の少ない稼ぎと夫のマイルを貯めています(笑)
    東欧に行きたいらしいです。
    私も興味があるので、貯金がんばります!

    お子さんは、ある程度の年齢になってからの方が感性が発達してて、
    旅行から吸収できるものが多くなり、記憶がよい感じで残りますよね。
    小学校高学年くらいからの方が有意義な気がします。
    (自分の経験から、ですが)

    作者からの返信

    みさえさん、コメントありがとうございます!

    へぇー、トイレに複雑なイラスト!
    良さそう〜!!
    やってみたいです。

    そして、みさえさんすごい!!

    そうだった……みさえさんは
    国内でも旅人なのでしたね。

    500円貯金私もしています(笑)
    でも、しばらくどこにも行けなーい。
    仕事休んでばかりで
    最近全然貯まりません(涙)

    今度みさえさんの海外旅行記も読んでみたいです♪

    私の中でみさえさんはぐうたら要素は無くてアクティブみさえですよ。

    2019年8月5日 16:26

  • 第102話 変わらないところ。へのコメント

    私が子供の頃、よく夕飯を一緒に食べてると父親のサダジが晩酌しながら
    「人間とは何か?」
    なんてことを言っていました。
    ハッキリ言えば子供の私にとっちゃ迷惑千万、勘弁してくれ状況でしたね。
    将来大人になったら絶対にサダジみたいになりたくないと思ってました。
    そして、実際になっていません。
    もっとも私には子供がいないので、子供に何か語ること自体が出来ない訳ですけどね…。
    会社では積極的に私の甥や姪と同年齢くらいの若い社員とも話をしてましたが、正直今の若造らの方が私らの若い頃より断然しっかりしてて大人っぽいですよ。
    年輩の奴らなんざただ無駄に年月が流れて爺いになったとしか思えない人が多いです。
    こいつは大変、油断できないぞと私も思いましたもん。
    子供を持たぬ私にはおそらく親の気持ちは解らないとは思いますが、逆に子供の気持ちは解ります。
    子供にとっていちばん哀しく不幸なことは、
    「自分を産んで育ててくれた親を尊敬出来ない」
    ってことなんですよ。
    若造と年輩の関係も多分似たり寄ったりだと思います。
    「この先輩からは何も得るものが無い」と思われたら、ただただウザい迷惑なだけの奴ってだけですもん。
    私はそういうことを考えてない大人は恥ずかしいと最近とみに思います。

    …最近で言えば、やっぱり吉本の社長かなぁ…。
    自分で後で会見映像見ても何にも思わないのか?
    恥ずかしいという言葉は無いんだろうな、あの人。

    作者からの返信

    森緒さん、コメントありがとうございます。

    私のこのエッセイでこんなに色々と思ってくれたのですね。
    どんなエッセイだったか改めて読み返しました。

    そしたら、こんなにもちゃんと考えてもらえる内容ではなくて申し訳ない気持ちになりました。

    私が読む先の話で、サダジさんと
    何かあるのでしょうか……心配。

    また読ませてもらいに行きますね!

    2019年8月5日 07:05

  • 第116話 私が旅に出ない理由。へのコメント

    旅行の話で盛り上がってますね
    私はハワイに2回と韓国に1回いきました、今年のゴールデンウィークにヨーロッパに行こうと誘われたけど、仕事で行けませんでした(泣)

    で、行ったのが城崎温泉(笑)志賀直哉の『城崎にて』の舞台の…
    どんな話だったか忘れたけど(笑)



    韓国は今凄く行きにくい国になりつつありますね

    食べ物が美味しくて、韓国コスメも魅力的なのにね

    作者からの返信

    あいるさん、コメントありがとうございます!!

    あいるさん色々行っている!!
    すごい!!
    ヨーロッパ行きたいなぁ〜。

    城崎温泉?
    いいところでしたか?
    調べてみよ〜♪

    韓国は…確かに今政治的に行きづらいですよね。
    しばらくはやめておいた方が賢明かも。

    新婚旅行も考えなきゃだし、
    あいるさんは忙しくなりそうですね♡

    2019年8月5日 07:00

  • 第116話 私が旅に出ない理由。へのコメント

    海外旅行には行ってみたいのですが(わたしも「赤毛のアン」 好きなので、プリンスエドワード島は憧れです)未だ海外の地を踏んだことはありません。

    国内旅行も最近はままならずで、旅行は好きなのに無念!

    わたしももっぱら、地図やガイド本で旅した気分です(笑)

    トイレにはムーミンの通販サイトで以前買い物した時に同封されていたチラシ(裏にイラストで"ムーミン谷の地図"が描いてあるので、その面を表にして)貼っています。

    ムーミンファンでもあるので、見ては色々妄想したりしてます(笑)

    作者からの返信

    つきのさん、コメントありがとうございます!

    私も海外の地を踏んだことはありません。
    日本でも踏んだことがない所ばかりです。

    そして、ムーミン!
    私もムーミン好きです。

    ムーミンハウスを作れるという
    毎週発売される某雑誌が欲しいと思ったら、総額十万以上と知り諦めました(笑)

    2019年8月4日 15:20

  • 第116話 私が旅に出ない理由。へのコメント

    私も何かトイレに貼ってみたくなりました。
    (≧∇≦)
    ハワイとかフランスとかオーストラリアのイラストでも貼るかな〜。
    海外旅行に行ったことがないので、憧れています。(*´∀`*)

    作者からの返信

    みいかさん、コメントありがとうございます。

    マスキングテープで、ポストカードとか貼ったら可愛くなりそうですよね。

    イラストもすてき!

    私もせめてマスキングテープで
    貼れば良かったのに、
    ビニールテープ(笑)

    生活感ありありです。

    そして、私も海外に行ったことないので、同じく憧れちゃいます。

    2019年8月4日 15:17

  • 第115話 出会い(初回)って大事。へのコメント

    凪のお暇、おもしろいんですね?
    実は、録画してまだ見ておらず(笑)。
    見るのが楽しみになってきました!

    「かなわない」も、しつこいくらいに?(笑)書いてくれたおかげで、
    ここに読者が一人増えそうですよ。
    そこまで言ってもらえて、本を書いた人も書いてよかったと思うでしょうね(笑)
    (というような単純な内容じゃないかもしれませんが)

    そして、友だちですよね〜
    今、つらつら考えてみて、もしかしたら私を「一番の」友だちと思ってる友人、
    いないんじゃないかなぁと思い、ちょっとさびしくなりました。
    みんな、ほかにもっと仲のいい人がいるような気がします。
    私が一番多くの友人がいる土地を離れてしまったのもあるけど。

    でも、夫とカクヨムの方たちで、けっこう毎日満たされてしまっています(笑)。
    特に、私にとってのカクヨム友だち第一号のねむこさん、
    いつもコメントも返コメも遅い私とお付き合いくださいまして、
    本当にありがとうございます!(上腕と顔面を全部床につける土下座)
    ここで最初に盛り上がれなかったら、今どうなってたかなぁ。

    あ、私もたぶん人見知りだし、最近ほかの方のエッセイ読んでても再認識したのですが、会話でリアクションし忘れてる時があるみたいで、人としてのつかみができてない人間みたいです。
    でも、書く場では、ただ向かい合って座るだけでは見えない心の内をじっくりとさらけだせるので、「本当はこういう人で、こういうことを考えてるんだね」ってわかってもらえるのがうれしいですね。
    やっぱり、しゃべるより、書く方が性に合ってる私です。

    長々とすみません(汗)

    作者からの返信

    みさえさん、コメントありがとうございます!

    「凪のお暇」昨日の回を今見終わった所です。泣きそうになった〜(でも喉が苦しくなるだけで涙は出ないのが私です笑)


    「かなわない」はネットで続編のレビューを見ていたら、「この人の書くものが大嫌い!人を傷つけて晒して」という方もいました。この方の言っている事も分かります。その位赤裸々なので。ダンナさんやお母さんの事、確かに傷つけています。なので、賛否両論ある本です。
    私も途中まで正直イライラしたりしました。でも、やはり真実には目を逸らせない強さみたいなものを感じたり、私の中にもある部分な様な…とこの事について書き始めると止まりません(笑)


    そして、友達に関しては私も勝手に心の友と言っているだけで、確かに相手が「私」を1番に思ってくれているかどうかは分かりません(笑)
    (大勘違い野郎だったりして!?)

    ただ、私が相手をそう思えているからいいか〜と。この際、片思いでもいいのです(笑)
    いや、ホントは寂しいですが相手の気持ちまではどうしようもないので。

    でも、私は何かあったらすぐに駆け付けたい思うし、相手にとって優しい人でいたいと思っています。


    けれど、この夏休みは始まりの頃以降、私は友人と誰とも会っていないです
    (怖い?笑)

    前にみさえさんは、
    実は私は友人が多いのでは?と言ってくれていましたが、今は子供を通した友人との繋がりもあるので、もしかしたら
    そう見えるのかもしれません。

    でも、この夏休みカクヨムでのお喋りがほとんどです(笑)
    みさえさん同様、満足しちゃっています。(唯一みさえさんと違うと言えば、
    夫とのお喋りはそんなにない 笑)


    私にとってもカクヨム第1号の友人の
    みさえさんには何かの儀式の様な土下座をして言います。

    ありがとうございます!!

    みさえさんにとって、
    少しでも優しい存在でいれたらいいな〜といつも思っています。
    (烏滸がましいですが)

    2019年8月3日 11:10

  • 第98話 ベッドが恋人。へのコメント

    私はねむこさんとは違って、出来るだけ家に居たくない人間なんですよ。
    常にあちこちフラフラさまよっていたい男なんですね。
    正直、子供の頃から一度もホームシックというものを感じたことが無いしなぁ。
    Amebaのブログは私もやってますよ。
    原付🛵でぶらりとツーリングに行ったりしてるので、まぁそういったやつをね。
    「自由猿 Monkey Touring」というタイトルを付けてます。
    興味を持って頂けたら覗いてみて下さい。
    ただ…夏は暑いです。
    …なかなか快適なツーリング日和ってのが少ないのよね。

    でも家には居たくないし…

    そういう時は冷房の効いたリゾート列車で鉄道の旅か…

    でもそこまでお金も無いしなぁ…。

    う~む、旅行シックだぁ ! …


    作者からの返信

    森緒さん、コメントありがとうございます。

    私の周りには家に居たくないという、
    アクティブな方で溢れています。

    むしろ、私の様に家から1歩も出ないことを、至福と思っている方に会うことの方が少ないです。

    何故ならお互い家にいるからでしょうね(笑)

    でも、アクティブな方に憧れています。
    私もあちこち行ったりしたいなぁって。

    今は体調もあまり良くないので、
    特に出掛けたりしませんが
    旅、したいです。

    なので、どこでもドアがあれば…と
    いい歳して思っています(笑)

    2019年8月3日 07:48

  • 第115話 出会い(初回)って大事。へのコメント

    ねむこさん

    私はこう見えて(文章だけやし見えへんかw)
    人見知りなとこがあるのですが、気が合う人とは深いです。

    やっぱり1番仲がよいのは、エッセイにたびたび登場する今年ママになる子です。読んでくれてたかな?イジメにあってた子で銭湯がキッカケで仲良くなった彼女です。
    たぶんおばあちゃんになっても親友だと思います。

    このカクヨムでも仲良くして下さるかたがいて、本を読むのが好きなだけじゃなくて日々の愚痴や嬉しいことを同じように話しあえることが嬉しいです。

    ねむこさん
    これからもよろしくお願いします。

    作者からの返信

    あいるさん、コメントありがとうございます!!

    えー、あいるさんて人見知りとかしなくて友達多そうですよね!
    (文章だけでもそんな感じがしますよ)

    おばあちゃんになっても親友、
    ステキです。
    私もこのエピソードに書いた人達とは
    きっとそうだろうなぁと思います。

    カクヨムで出会った人達も本で繋がった
    友人だと思っています。

    現実世界では、
    なかなか本の趣味の話はしてこなかったので、今爆発中です笑

    あいるさん、
    こちらこそこれからもよろしくお願いします。
    これからあいるさんが主婦になってもね〜♪

    そして、レビューのソファーでゴロゴロには笑いました(笑)

    その通り!!(笑)

    2019年8月2日 22:55

  • 第115話 出会い(初回)って大事。へのコメント

    ねむこさん、それありますね^^*

    何だか惹き付けられるというか、ピピピッとくるというか…
    うんうん!そうそう!っていうのが多くて嬉しくなったり。

    考え方とか感性が似ていて、わかるーわかるよーと身悶えするほど同感したり。

    このカクヨムでも、ねむこさんを始め、そういう方々に出会えて、この歳になって新しく友人(わたしもこう呼ばせてくださいね)ができるという喜び^^*感無量です。

    作者からの返信

    つきのさん、こちらもありがとうございます!!

    そう、初回に心を掴まれると
    ドラマや文章は次へ次へとなりますよね。

    自分でそれを意図してしようとするのは
    無理なのですが(笑)


    カクヨムでの友人関係に関しては、
    私も同じく感無量です!
    これからもよろしくお願いします♡♡

    2019年8月2日 22:41

  • 第114話 図書室。へのコメント

    ああ!愛しの図書館!
    学生時代は学校図書館があったのでそれこそ、毎日入り浸りだったのですが、今、住んでいる所は近くに図書館が無くて(涙)

    体調のこともあるので、ついつい、期限内に返しに行けなかったことを考えて、二の足を踏んでしまってます(カナシイ)

    ハリーポッターシリーズ面白かったですね!
    ダレン・シャンも好きでした(笑)

    作者からの返信

    つきのさん、コメントありがとうございます。

    図書館、いいですよね。
    私も借りるのは数年ぶりです。

    確かに体調の事を考えると
    色々と二の足踏んじゃいますよね。
    お気持ちすごく良くわかります(泣)

    あ、つきのさん
    さっそく梅干し入れて素麺食べましたよ♪
    今回は煮麺ではなく冷たい素麺にしました。

    今年は食欲のせいか、
    素麺がやけに美味しく感じます!


    そして、皆さんハリーポッターは
    読まれているんですね!
    ダレン・シャンも有名ですよね!
    でも、読んだ事が無くて…
    今度息子に薦めてみようかな〜。

    2019年8月2日 22:38

  • 第114話 図書室。へのコメント

    ねむこさん
    真夜中におじゃましております(笑)

    ねむこさんのエッセイは応援コメントも面白いので得した気分になります。
    ハリーポッターはハマりましたよ、映画もほとんど観たし、本もよみました。魔法の杖もホウキも持ってました(笑)
    たぶん杖は実家にまだある(フフフ)

    私は図書館では借りずに読むだけが多いです、気に入った本は手元に置きたいので、その本を探しに行く感じかなぁ

    いつも図書館にいるホームレスっぽい人を街中で見かけました。
    袋にたくさんアルミ缶を入れて歩いてました、ほんの少しうらやましい気もします、食べる分だけ働いて好きな本を読んでる生き方もありなのかもしれませんね。
    ちなみにその人は髪の毛とかもサッパリとカットされています。
    不思議な人だなぁ~

    作者からの返信

    あいるさん、こんにちは。

    私のエッセイのコメント欄の事まで、
    ありがとうございます!!
    ただ、面白いとしたら私ではなく
    読んでくださっている方々が楽しい方ばかりなのでですね。
    あいるさんも含め♡♡

    私も毎日コメントを見たりお返事したり
    有難くて楽しいです。
    ありがとう〜。

    そして、ハリーポッター!!
    私も友達のススメでちょこちょこは読んでいました。アズカバンの囚人が1番楽しかった記憶があります。
    息子がそのシリーズまで読めるかは…
    期待しないでおきます(笑)

    それにしても、私がコメントにて仲良くして頂いている方は関西方面の方が
    多い気がします。

    いいなぁ〜、バタービールや魔法の杖。
    いつか、行きたいUSJ。(標語みたい 笑)


    そして、ホームレスの方の話。
    「手紙」の方に昨日書いた本
    「優しい音楽」にもそんな話しがあったので、ちょっと驚いています。

    アルミ缶、分別のごみ捨て面倒だから
    言って貰えたら渡すのに〜なんて思ってしまう、どうしようもない私でした(笑)

    2019年8月2日 12:25

  • 第114話 図書室。へのコメント

    さっきのコメントの続きですが(そんなのあり!?)、
    ねむこさんのエッセイは今やすっかり人気エッセイになったので、
    応援一番乗りは難しくなっています。
    が、遅れて登場して、皆さんのコメントとねむこさんのお返事まですべて読むのも、けっこう楽しいと気づいてから、あえて遅めを狙うのがデフォルトになりつつ…!?

    で、図書館の話ですね。
    うちは、車で5〜10分の距離ですね。
    引っ越して来てから一度しか行ったことありません。
    それも、調べ物で。

    昔は図書館大好きで、図書館に住みたいとか思ったり、
    一度行くと何時間もいたりしたものですが、
    古本派になってからは、とりあえず買っちゃえになりました(笑)。
    遅読なので、期限を守るのも自信がないですし。

    あぁ、でも読んでて、また行きたくなりました。
    あのワクワク感と幸せいっぱい心が満たされる感じ、懐かしいです。

    作者からの返信

    みさえさん、こちらもありがとうございます!

    続きになっているのが、
    新しいですね(笑)

    みさえさんに人気エッセイと言ってもらえると、とても嬉しくて
    「うそ!?本当に!?」と一瞬思うのですが…(笑)(なにせ単純なので 笑)

    多分みさえさんのエッセイを全てひとまとめにしたら、同じじゃないかなぁと思います。

    私は大雑把で小説以外はほぼここなので(笑)


    それから、私も図書館みたく家の壁がぜーんぶ本棚ならいいなぁと今でも思っています。

    それはそれで、埃っぽいでしょうかね(笑)

    図書館、たまに観光がてら
    TSUTAYA図書館など行くとまたテンション上がります。

    というか、スターバックスのオシャレ感がそう見せて居るのかも!?笑

    スターバックス得意ではないのに、
    やはり入りたくなっちゃうんですよね〜。

    2019年8月1日 21:08

  • 第113話 重いラブレター。へのコメント

    やだなぁ〜もう、ねむこさん!
    これ、まったく私の言いたいことと同じです(笑)

    さらには皆さんがコメントで書いてるのともまったく同じなので、
    もう今さら書きませんが(いつも遅刻の登場ですみません(汗))。

    私もレビュー書くなら、だいぶたくさん読んでからにしたいので、
    実はそのうちに失念してることがあります。
    むしろ、そんなにいっつも読んでるならいいかげんレビューよこせって
    言ってもらいたいくらいです。
    そしたら、気兼ねなく書けるんだけどなぁ〜(笑)

    それと、私は何度も書いてるように、
    ねむこさんのところをネットワークの拠点にして広げてるので、
    たいてい似たような面々が集まるところに遅ればせながらおジャマしたりしてます。

    でも、たまにふらっとあてもなく徘徊した時でも、
    ねむこさん本人だったり、ここで見かけた方が♡押したりしてることがあって、
    類友だなぁ〜、好みが似てるんだなぁ〜と笑っちゃいます。
    そういう場合は私にとってそのエッセイは「太鼓判押されてる」ということになるので、安心して深入りして行けます(笑)。

    作者からの返信

    みさえさん、コメントありがとうございます。

    レビューよこせと言われちゃうと
    途端に何も思い浮かばなくなるかも(笑)私、へそ曲がりです。

    でも、レビュー書きたい気持ちは
    確かに山々なのですよね。
    だけど、良い言葉がなかなか出てこなくて…その内私も失念してしまいます(笑)

    ネットワークについては、
    確かにいつもコメント下さるお名前を
    見つけると安心しますし、
    「太鼓判」の気持ちもすごく分かります!

    2019年8月1日 20:59

  • 第114話 図書室。へのコメント

    図書館大好きです。
    小学生の時に児童書も好きだったなあ。
    今、読んでも面白いでしょうね。
    ハリー・ポッターシリーズは全部読みました。

    仕事してからは図書館に行く回数が減りましたが、何時間でもいられます。(笑)

    作者からの返信

    みいかさん、コメントありがとうございます!

    図書館いいですよね。
    何だか落ち着いてゆっくりしたくなります。でも、私図書館では本を読めなくて(笑)借りる本を選ぶか雰囲気を楽しむ感じです。

    大人になると確かになかなか行かなくなりますが、TSUTAYA図書館?なら
    また更に楽しいですよ。

    オススメです♪

    2019年8月1日 20:55

  • 第114話 図書室。へのコメント

    こんにちは。

    図書室や図書館って、確かにハイテクになったり、サービスが増えてたりしますよね。
    僕はそういう部分を把握するのが苦手なのですが、、、笑

    瀬尾まいこの「優しい音楽」借りて下さったんですね!
    好みに合えば良いんですけれども、、、笑

    作者からの返信

    こんにちは。

    あれだけちゃんとオススメをエッセイに
    書いてくださったのですから、
    全ては無理かもしれませんが
    なるべく読んでみたいと思っています。

    郷倉さんもクリープハイプ聴いてくださったとの事ですし、選ぶものが驚くほど似ているので楽しみです。

    まずは「優しい音楽」から楽しませてもらいますね〜!

    そして、郷倉四季さんの名前と一心同体のお友達!
    私のコメントの上でコメントされていた方かなぁと思いました。

    そこに書いていた文も
    郷倉さんを思って書いているものでしたね。
    素敵なお友達関係だなぁと思いました。

    (私の見当違いでなければ、ですが)

    エッセイかどこかで「黒い羊」ついても書かれていて、
    私もその会話に入りたい〜と思っていました(笑)
    あのMVは本当に…

    あ、また長くなってしまいました(笑)

    2019年8月1日 15:32 編集済

  • 第113話 重いラブレター。へのコメント

    ねむこさん

    爆笑しました❗

    でもそんなねむこさんが大好き❗

    レビューは本当に難しい、ですが本当に感動してソッコー書きたくなる文章もあるんです。
    それが「響太君とみちさん」←勝手に題名変えるな(爆)

    たくさん読んでから書くことが多いのですが、いきおいで書くのもありだと思います。
    あとで修正したくなるかもだけどね

    これからもたくさん読んで、たくさん感動したいですね

    感動させる側には程遠い(泣)

    作者からの返信

    あいるさん、コメントありがとうございます!!

    確かに「響太とみち」の時に
    即効レビューしてくれましたよね!
    すごく嬉しくて、
    これから書いていけそうと
    励みになりました。

    私もそういう人になりたいのですが…
    何せ重いのです(笑)

    あぁ!そういえばカレーパン
    終わってしまいましたね…

    私たちのカレーパン。
    (怒られちゃう!?)

    2019年7月31日 21:16

  • 第113話 重いラブレター。へのコメント

    コメントやレビューをもらえたら、すっごく嬉しいです。(*^^*)
    重くないですよ。
    ありがたいです。ウエルカムです。( ´ ▽ ` )

    作者からの返信

    桃もちみいかさん、コメントありがとうございます!!

    私の重さ大丈夫でしょうか!?(笑)


    ちょこちゃんのお話読ませて頂いているので、また伺いますね。

    珈琲店の方々ステキです♡

    2019年7月31日 21:13