07 少女ニュートンと嵐の予感

 物理学者を標榜ひょうぼうする女性・蘭田理砂らんだ りさを、うまいこと自宅へまねれた、われらが主人公・葛崎美咲穂かつらざき みさほは、昭和風のレトロなデザインのリビングで、紅茶などでもてなしながら、二人でしばらく、だべっていた。


「先生は『ハーフ』の方なんですかー?」

「母がアメリカ人なのです。父は日本人で、ここ万鳥羽まんとばの出身なのですが、父方ちちかたの祖母がいま、体調をくずしていて、父の実家から、都内の大学まで、電車通学をしているのです」

「ふえーっ、なんという、やさしい方なのでしょう……」


 美咲穂は目をうるうるさせた。


「美咲穂ちゃん、あなた……さりげなく『泣き落とし』を、もくろんでいるでしょう?」

「ぎくうっ!」

「聞こえてますよ、『心の声』が」

「わたしは純粋な心から、先生のおばあさまが心配で……」

「はいはい、もうけっこうです」

「ふぇふぇー」


 ずるがしこいが、すぐ見破みやぶられるのは、結局、美咲穂の性根しょうねが、よいからなのだった。


「大学ってもしかして、トーキョー大学ですかー?」

「はい」

「ぶふうっ!?」

「ブタですか、あなたは」

「げほっ、げほ! 東大って、大学でいちばん、難しいんじゃないですかー?」

「日本では、そうですね。祖母の介護かいごのため、ハーバードから移ったのです」

「はあばあどっ!?」

「さっきから、何を苦しそうにしているのですか?」

「だ、だって、まるでマンガみたいな肩書きなので……」

「ライオンが群れの中で最強を目指すのと、同じ理屈ですよ」

「ふえー」


 美咲穂はさりげなく、けむかれた。


 こんな風にぺちゃくちゃしゃべっていると、向こうから美咲穂の母・美咲子みさこが、ティーポットを持ってやってきた。


「先生、紅茶がぬるくなったでしょう? 新しいのを、持ってきました」

「おかあさま、お体にさわります。どうか、休んでいてください」


 身重みおもな体の美咲子を、理砂は気づかった。


「いえいえ、娘の家庭教師をしてくださるという方を、ぞんざいにはできませんよ、ほほ」

「……」


 この子にして、この母あり――


 美咲子は美咲穂をフォローして、このように理沙に対して、よく接しているのだ。


 美咲穂当人は気がついていないが、大人の事情を、理砂はくみ取った。


「ママー、先生のお話は、とっても面白いんだよー」

「まあまあ、さすが赤門あかもん在籍ざいせきの方は、弁舌べんぜつたくみでいらっしゃる。さすがは天才物理学者を嘱望しょくぼうされるお方ですわ、ほほ」

「……」


 しっかり、聴いていやがる……


 いや、まさかこのリビングには、盗聴器でもしかけられているのか?


 理砂は少し、背筋せすじが寒くなった。


「さ、さ。どうぞ先生、遠慮なく。わたしは書斎しょさいにおりますから、何かございましたら、何なりとお申しつけください」

「……いえ、おかあさま……おかまいなく……」


 美咲子はクモが逃げるように、すたこらさっさと、リビングから消えた。


 なるほど、『書斎』に受信機があるのか……


 理砂はこの母親に、凶悪きょうあくなにおいを感じるいっぽう、美咲穂と同様、どこかにくめない気持ちをいだいた。


 きっと、娘のことが、心配でならないのだろう――


 理砂はその親心おやごころに、感じいたるところがあった。


「そういえば先生は――」


 ガシャン!


「――!?」


 美咲穂がまた、話を切り出そうとしたとき、リビングの奥のほうから、奇妙きみょうな音が聞こえた。


 陶器とうきが割れるような音だ。


「ふえ、何の音かなー?」

「おかあさま――!」


 理砂は胸騒むなさわぎがして、リビングを出た。


 音のしたほうへ走ると、奥の部屋のドアが開いている。


「おかあさま、大丈夫ですか!?」


 たなから落ちた花瓶かびんが、粉々こなごなくだけていた。


「ぐ、ぐう……」

「ふえーっ、ママー! どうしたの!? どこか悪いのー!?」

「おかあさま、しっかり!」


 美咲子はおなかをかかえて、フローリングにうずくまり、もだえくるしんでいる。


「これは……んだわ……!」

「きた、って先生、どういう――」

「美咲穂ちゃん、すぐに救急車を呼んでください! この家の中に、タライやオケはありますか!?」

「そ、それなら、お風呂場に……」

「わたしがお湯をかします! 美咲穂ちゃんは救急車を! 119番ですよ!? 早くっ!」

「ふぇ、はいっ!」


 こうして二人はあわただしく、行動を起こしたのだった。


 美咲穂は119番に電話をかけたあと、ふと、不思議に思った。


(『お湯』なんて、沸かして、どうするのかなー?)


 このようにして、あらしのごとく、美咲子は病院へと、かつぎこまれた。


 そしてこれは、すなわち新しい『命』の誕生への、大いなる予感だったのだ――


(続く)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

少女ニュートン 朽木桜斎 @OHSAIKuchiki

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画