06 少女ニュートン、弟子入りを志願する

「すみませーん!」

「――?」

「わたしの先生に、なってくださーい!」

「……はあ?」


 われらが主人公・葛崎美咲穂かつらざき みさほは、このようにして、物理学者を標榜ひょうぼうする女性に、弟子入でしいりを志願しがんしたのだった。


「お断りします」

「ふえっ!?」

「わたしは小学生の家庭教師をするほど、暇人ひまじんではないのです」

「なっ、なんでそこまで、わかったんですかーっ!?」

「簡単な推理ですよ。おおかた、あなたは科学が好きなお子さんで、わたしが物理学者だと名乗っているところを発見、ていよく勧誘をと考えたのでしょう?」

「ぐ、ぬう……」

「おや、図星ずぼしのようですね? そんな難しい顔をしたって、無理なものは無理ですよ?」


 美咲穂は折れそうになった。

 だが、ここで根負こんまけしてはあいならんと、心に馬力ばりきをかけた。


「わたしはニュートン先生を尊敬しているのです! わたしは物理学者になって、ノーベル賞を取るのです! だからわたしの先生に、なってください!」

「ほう、あなたはノーベル賞が欲しいのですか?」

「そうです!」

「……ならばなおさら、駄目ですね」

「ふえっ!? どうしてですかー!?」

「ノーベル賞とは、純粋に科学に向き合った人間に与えられるもの。ノーベル賞を欲しいと思って、物理学者になろうなどという人間に、自然科学の神は、本物などくれないのです。恥を知りなさい――!」


 恥を知れとまでいう、厳しいその言葉に、美咲穂は泣きそうになった。

 だが、いっぽうで、そのとおりだと思った。


 自分は純粋に科学がしたいと思っていたが、どこかに『欲』をかかえていた。

 そのことに気がついたのだ。


「……それでもわたしは……科学がしたいのです……!」


 歯を食いしばり、涙をおさえながら懇願こんがんする少女の姿に、その女性は動かされるところがあった。


―― おや、少しは『才能』が、あるのかもしれませんね ――


 そう、思ったのだ。


「……まあ、こんなところを誰かに見られて、何か誤解されるのは、勘弁かんべんです。話だけでも、聞いてあげますか」

「わ、わっ! あっ、ありがとうございます!」

「で、どういうで、物理学者になりたいなどと――」

「それなら、わたしの家がすぐそこですから、おうちでお話しましょう!」

「……」


―― 抜け目のない、しかし、憎めない子だ ――


 彼女は自分が手玉てだまに取られたことにあきれるいっぽう、少しだが、美咲穂に興味を示しはじめた。


「……はあ、わたしもとんだ、おひとよしですね……」


 こうして少女ニュートンは、のちに恩師おんしとなる女性・蘭田理砂らんだ りさを、自宅へとまねいたのであった――


(続く)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます