04 少女ニュートン、王者のカリスマを見せる

 自己紹介じこしょうかいのあとは、長谷部はせべ先生の手引てびきで、校舎こうしゃの中を案内された。


 クラスの面々めんめんはわいわいがやがやと、気の合いそうな仲間を見つけては、会話を楽しみながら、あちこちを見てまわった。


 われらが主人公しゅじんこう葛崎美咲穂かつらざき みさほ修善寺可南しゅぜんじ かな、そしてやはり『科学好かがくずき』で一致いっちしていた天川星彦あまかわ ほしひこ比留間真昼ひるま まひるは、引力いんりょく作用さようのように接触せっしょくして、1つのグループを作っていた。


「『カツラザキ』というのは、めずらしい名字みょうじですが、ひょっとしてミサホちゃんは、葛崎征志郎かつらざき せいしろうさんと、なにか関係があるのですか?」


 真昼の口から唐突とうとつに、父親の名前を出され、美咲穂はびっくりした。


「ふえっ!? 葛崎征志郎は、わたしのパパだわよー。マヒルちゃんはどうして、パパのことを知っているのー?」

「わたしの家が、空手からて一門いちもん運営うんえいしているのですが、分野ぶんやちがえどすぐれた柔道家じゅうどうかとして、葛崎征志郎さんのことは、聞きおよんでいるのです。嵐静館柔道らんせいかんじゅうどうの、万鳥羽支部長まんとばしぶちょうでいらっしゃるのでしょう?」

「ふえっ、そんなことまで!? いったいマヒルちゃんは、何者なにものなのー?」


 そこに星彦が、フォローを入れる。


「もしかして、極龍空手きょくりゅうからてと関係があるのかな? 空手道からてどう極龍会きょくりゅうかい開祖かいそは、比留間今朝雄ひるま けさおさんで、そのご子息しそくげん総帥そうすいの、比留間正午ひるま しょうごさんだったよね?」

「ふひっ!? ホシヒコくん、よくごぞんじですね。あなたも武術ぶじゅつ心得こころえがあるのですか?」

「いやー、まさか。ただ、スポーツを見るのが好きで、雑誌なんかでよく、『比留間』の名前は目にするからさ」

「ふひひ、極龍きょくりゅうをそのへんのスポーツ空手と、いっしょにされては困ります。われわれはつねに、実戦じっせんでのいを想定そうていしているのであって……」


 きなくさい雰囲気ふんいきに、可南はあせをかいた。


「ふしゅる。なんだか、あぶない話になってきたわねー。でもみんな、すごいわー。わたしなんて格闘技かくとうぎとは、なんのえんもないわよー」

「カナちゃん、極龍は『格闘技』などではないのです。じいさまが先の大戦たいせんにおいて完成させた、見敵必殺けんてきひっさつ実戦空手じっせんからてもとに……」

「きしゃあーっ!」


 いきなりえた美咲穂に、3人はおどろいて、目を向けた。

 真昼はこのとき、彼女に獰猛どうもう野獣やじゅう蛮性ばんせいったのである。


「なしよっ!」


 ズシャオラアッ!


 3人はお笑い芸人のようにずっこけた。


「な、なんですか、それは、美咲穂ちゃん……?」

「ふぇふぇーっ、きんちゃんのギャグだわよー。マヒルちゃん、知らないのー?」

萩本はぎもとさんは知っていますが、いまの会話となんの関連性が……?」

「わたしが言いたいのは、『科学好き』がガンクビそろえて、『科学』の話をしないなんてヘンテコじゃん、ということだわよー」

「――!」


 3人の頭を閃光せんこうつらぬいた。


――た、たしかに……そういえば……! ――


 美咲穂はほこった顔をしている。


「ね、そうでしょう? さ、『科学』のお話をしましょう!」

「あはは、そうだよね、そうしようか」

「ふしゅしゅ、こんなことに気づかないなんてねー」

「ふひい、わたしとしたことが、迂闊うかつがすぎました……」


 3名はいちばん重要なことを思い出した。

 これもひとえに、われらが主人公の、リーダーシップがせるワザだ。

 おのおのがこのとき、目の前の少女・葛崎美咲穂に、王者おうじゃの持つカリスマを見たのである。


「そうねえ、それじゃあまず――」

「みんなーっ、今日はここまでよー!」


 ズシャオラアッ!


 長谷部先生の『つる一声ひとこえ』に、今度は全員がずっこけた。


「さあみんな、教室に戻って、帰る準備よーっ!」

「はーい、先生ーっ!」


 こうして科学の子たちのファースト・コンタクトは、不発ふはつに終わったのである。


「ふえー……」


 しかしこのとき、少女ニュートンは考えていた。

 彼女の頭の中には、やがて来るかがやかしい未来への、おそるべき『青写真あおじゃしん』が、すでにあったのである――


(続く)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます