02 少女ニュートン、もう一人の『フシギちゃん』に出会う

「セーボーバ、ラーアレー、シーニョーコン、ティーノー。セーボーバ、ラーアレー、シーニョーコン、ティーノー」


 われらが主人公しゅじんこう葛崎美咲穂かつらざき みさほは、道場どうじょうでのドタバタげきのあと、身支度みじたくととのえ、小学校へ初登校はつとうこうするべく、モーツァルトのオペラ・アリアをくちずさみながら、おかくだっていた。


「イーキータ、リーイノー、レーソーネ、ロー」


 『フィガロの結婚けっこん』は彼女かのじょの好きなオペラだ。

 このときはちょうど、主人公フィガロが、恋敵こいがたきのアルマヴィーヴァ伯爵はくしゃくに、いかりをぶつけるアリアを歌っていた。

 美咲穂がおりの1曲だ。


「イーキータ、リーイノー、レーソーネ、ロッシ! レーソーネ、ロッシィッ! レーソーネ、ロー」


 歌い終わったところで、ちょうど下り坂も終わった。


「ふえふえ、計算どおりだわー。これなら『物理学者ぶつりがくしゃ』は大丈夫だわねー」


 そのまま合流ごうりゅうする道路を右折し、歩道を歩く。

 やがてその道は、商店街しょうてんがいに入る。


「おや、美咲穂ちゃん。おはよう」


 商店街のいちばん手前にある、金物屋かなものや店主てんしゅが話しかけてきた。


のオヤジさん、おっはよんだぶるでぃーっ!」

「わはは! 馬力ばりきがすごそうだねー!」

「わたしはいつでも、トップ・ギアだわよー」

「わーはは! リチャード・ギアより強そうだー!」


 オヤジはにわかにうすみをかべて、こうちかけた。


「ところで美咲穂ちゃん、いいネジが入ったんだけど、どうかな?」

「それならオヤジさんのはずれたところに、はめるといいよー」

「あちゃ! 一本いっぽん取られたねえ!」


 オヤジは少し、くやしそうな顔をした。


「でもねえ、オヤジさんの頭はあいにく、右回みぎまわりには対応たいおうしてないんだよー」

「それなら、ネジのけたところに、花でもけるといいよー」

「わちゃあ! またもや一本、取られちゃったねー。なんだか美咲穂ちゃん、一休いっきゅうさんみたいだよー」

「ふぇふぇー、よくわからないけど、ほめられちゃったよー」


 このように二人ふたりは、しばらく愉快ゆかいなやり取りをしていた。


「それじゃわたしは学校があるから、またねー」

「たまにネジ、見ていってねー」


 美咲穂の背中に手をるオヤジは、とてもさびしそうだった。


「いつもながら面白おもしろいオヤジさんだわー。ふぇふぇーっ」


 元気よく手を振り、足を上げて、美咲穂は商店街の中を闊歩かっぽした。


「あーら、美咲穂ちゃん、おはよう」

「おはようございまーす!」

「美咲穂ちゃんはいつも元気だねえ」

「ふぇふぇーっ! わたしから元気を取ったら、なにがのこるってゆーのー!」

「いや、それは……」


 彼女はこの界隈かいわいでは、おなじみの人気者にんきものなのだ。

 しばらく歩いて、もう少しで小学校というあたりに、さしかかったとき――


ったくりよー! だれか、つかまえてー!」

「ふえっ!?」


 背後はいごから女性の悲鳴ひめいが聞こえた。

 しけた中年男ちゅうねんおとこが、ママチャリを立ちこぎして、美咲穂の横をはしった。


「その人、引ったくりよー! わたしのバッグ、返してー!」

「はわわ! 引ったくりですってー!?」


 中年男はここで捕まってはあいならんと、全力ぜんりょくでペダルをこいだ。


「こらーっ!」

「――!」


 美咲穂はシマウマを思わせる脚力きゃくりょくでもって、中年男をいかける。 


わるいことはやめてーっ!」

「わーっ!」


 しかし、彼女の野生的身体能力やせいてきしんたいのうりょくをもってしても、近代きんだい利器りき・自転車には追いつけない。

 どんどんはなされていく、そのとき――


「ワトソン! うしろにまわって! クリックはまっすぐ!」


 どこからか、少女の声がこだました。


「はわっ!?」


 美咲穂の両側りょうがわを、二匹にひき茶色ちゃいろ大型犬おおがたけんが、走り抜けていく。


「ひゃーっ!」


 いっぽうの犬がたちまち、自転車に追いつき、中年男の進路しんろをふさいだ。

 そしてもういっぽうの犬が、前の犬と連携れんけいして、中年男を『はさみうち』にしてしまった。


「あの大きな二匹の犬が、『下手人げしゅにん』をたちどころに、さえてしまったわ!」


 美咲穂はびっくりしながら、その犬たちに近づいた。


「ワトソン、クリック、よくやったわねー」


 ぬしらしい女の子が、美咲穂のほうへやってきた。

 栗色くりいろかみをした、いかにも上品じょうひん服装ふくそうの、おっとりした感じの少女だ。

 胸には美咲穂と同じ小学校の、1年生のネーム・プレートがつけてある。


「あなたがこの犬くんたちの、飼い主さんなのー?」

「そうだよー、ふしゅしゅ」


 美咲穂が話しかけると、少女はフシギなトーンで笑った。


「ひょっとして、わたしと同じ学校の、1年生じゃないのー?」

万鳥羽東小学校まんとばひがししょうがっこうなら、同じだよー」

「わっ、わっ! すごい偶然ぐうぜんだわー! わたし、葛崎美咲穂っていうのよー、よろしくね! えーと……」

「わたしは修善寺可南しゅぜんじ かなですー。よろしくねー、ミサホちゃん。ふしゅしゅ」

「カナちゃん!? すてきな名前だわー! じゃあカナちゃん、いっしょに学校へ行きましょう!」

「いいわねー、行きましょう、ミサホちゃん。ふしゅっ、ふしゅしゅ」


 その後、御用ごようとなった中年男は、交番こうばんでとりあえず、カツどんが食べたいともうた。

 しかし、ドラマとはちがうんだよと、却下きゃっかされた。


   *


 美咲穂と可南は、仲良なかよって、学校へ向かっていた。

 ちょうど小学校とはかいの、大きな公園こうえんの入り口にさしかかった。


「その犬くんたちの名前、面白いわねー。えーと、なんていったっけ?」

「青い首輪くびわがワトソン、赤い首輪がクリックだよー。秋田犬あきたいぬっていう種類しゅるいなんだー」

「なにか、意味のある名前なのー?」

「ワトソンとクリックは、アメリカっていう国の、科学者かがくしゃのコンビなんだよー」

「ふえっ、カガクシャ!?」

「ワトソンとクリックは、DNAの二重螺旋構造にじゅうらせんこうぞうを発見して、ノーベルしょうをもらってるんだよー」

「ふえーっ! ノーベル賞っ!?」

「ミサホちゃんも科学に興味きょうみがあるのー?」

「ふえ! ノーベル賞は、興味があって、調べたりしてるわねー。でもその、でぃーえぬ、とか、らせんなんとかは、さっぱりわからないわー」

「わたし、バケガクっていうのが好きなのよー」

「ふえっ、バケガク!?」

「正しくは『ける』という漢字を使って、『化学かがく』と書くんだけれど、もう1つの『科学』と言い方が同じだから、わざと『バケガク』って言ったりするのよー」

「ふぇふぇー、むずかしい……でも、すごく面白そうだわー。わたしは物理学に興味があるのよー」

「ふしゅる!? 美咲穂ちゃんは物理学が好きなのー!?」

「そうだわねー。おかげで小さいころから、『フシギちゃん』なんてばれてたのよー」

「まあ、なんてこと! わたしもずっと、『フシギちゃん』って呼ばれてるんだよー!」

「はわわ! これはきっと、かみさまのいたずらに、違いないんだわ! 『フシギちゃん』どうしが、出会であっちゃうなんて!」

「たしかに、びっくりだわー。でもわたしは、神さまに『ありがとう』って、言いたいわー。だってこんなに、すてきなめぐりあわせを、してくれたんだものー」

「まったく、そのとおりだわねー。神さまー、ありがとーっ!」

「……ところでミサホちゃん、いま何時なんじか、わかる?」

「ふえ……?」


 彼女たちは公園の時計を見た。


――8時50分――


「カナちゃん……」

「ええ、ミサホちゃん……」


 二人は顔を見あわせる。


遅刻ちこくだわーっ!」


 こうして二人の『フシギちゃん』は、学校へとダッシュした。

 そしてこれが、少女ニュートンにとって生涯しょうがい親友しんゆうとなる、修善寺可南との出会いだったのである。


(続く)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます