少女ニュートン

朽木桜斎

00 少女ニュートンの誕生

どうして空は、青いのかな?

どうして雨は、るのかな?

どうしてにじは、出るのかな?


 少女・葛崎美咲穂かつらざき みさほは、広い空をながめながら、そんなことを考えていた。

 彼女にとっては、空が青いのも、雨が降るのも、虹が出るのも、フシギでフシギでたまらないのである。同じ幼稚園にかよう子どもたちからすれば、そんな彼女こそ、フシギに映った。


「ミサホちゃんは、ヘンなことを考えるんだなー」

「空が青いのも、雨が降るのも、虹が出るのも、ぜんぶ、じゃないか」

「ほら、ミサホちゃんは、だから、ね?」


ふーん、ほんとうに、、なのかなー?


 小学校へ上がる日も近づいた、ある夜のこと。

 春の温かいそよ風がときおりせる中、家の縁側えんがわにちょこんと座った美咲穂は、またボーっと空をながめていた。宝石を散りばめたような星空の中心に、バカみたいに大きな満月が、まるで王様のように輝いている。

 美咲穂は縁側で両足をらしながら、その満月としていた。


天体観測てんたいかんそくかい、ミーシャ?」


 かっぷくのよい着流きなが姿すがたの父・征志郎せいしろうが、星空をずっとながめているむすめのことが気になって、後ろから話しかけた。

 征志郎はこの愛娘まなむすめを、『ミーシャ』と呼んで、かわいがっていた。


「パパー、こっち座ってー。お月さまが、とっても、キレイなのよー」

「ほう、どれどれ」


 居間いまのほうからのそのそと歩いてきて、征志郎は美咲穂のとなりに、ゆっくりとこしかけた。


「わあ、ほんとだ。でっかいお月さまだねー」

「ねー、おっきいでしょー」

「なんだかこっちを、じっと見ているような気がするね」

「ふえっ!? さすが、パパ! そうなのよー、そんな気がするのよー。だからこうして、にらめっこしていたのよー」

「わはは、ミーシャとお月さまと、どっちが勝つかなー」

「もちろん、わたしだわよー。お月さまを負かして、落っことしてやるんだわー」

「ははは! それは面白いね! じゃあ、がんばって、あのお月さまをいっぱい、にらんでやらないとねー」

「ぐぬぬ! ぜったいに、負けないわよー」


 美咲穂はしばらくまた、にらめっこを続けていたが、幼稚園での出来事をふと思い出し、ちょっと暗い気持ちになった。

 そしてそれを、信頼しんらいする父・征志郎に相談そうだんしてみようと思って、話を切りだした。


「ねえ、パパー」

「うーん? なんだい、ミーシャ?」

「幼稚園のみんなが、わたしのことを、フシギちゃんって呼ぶのよー」

「ほう、ほう」

「わたしは、空が青かったり、雨が降ったり、虹が出たりするのを、フシギだなーと思っているのに、それをみんなに言うと、みんな、わたしのほうがフシギだって、言ってくるのよー」

「ふむ、ふむ」

「ねえ、パパー、どう思う? わたしはヘンテコなのかな? 頭がおかしいのかな?」

「うーん、フシギちゃんかあ。なんともたいそう、名誉めいよな呼び名じゃないか」

「もう、パパ! わたしは真剣しんけんに、なやんでいるのよー」

「でも、ミーシャは、そんなふうに、空が青かったり、雨が降ったり、虹が出たりするのを、とは、思えないんだよね?」

「そうなのよー。だからこうして、悩んでいるのよー」

「むっ、あたりまえのことを、あたりまえだと思っていると……」

「いると……?」

「いつかする!」

「チンボツ、って、どういうことなのー?」

「それにしても、キレイなお月さまだなー」

「ちょっと、パパ! 話をそらさないでよー!」

「なあ、ミーシャ。どうしてお月さまは、落ちてこないんだと思う?」

「え……」

「おかしいじゃないか。あんなに大きなお月さまだ。落っこちてきたって、フシギじゃないだろう?」

「ちょっと、パパ! 何を言っているの!? お月さまが落っこちるだなんて、考えたこともなかったわー!」

「ミーシャ、どうしてお月さまは、落っこちてこないんだと思う?」

「それは……うー……なんでだろう……?」

「それだよ、それ!」

「ふえっ!?」

「むかーし、むかし。いまのミーシャと、同じことを言った人がいたんだ。お月さまが落っこちてこないのを、なんでだろう、ってね」

「なんてこと、そんな人がいたなんて……パパ、それはいったい、だれなのー!?」

「ニュートン。アイザック・ニュートンという人さ」

「ふえっ! にゅーとん!?」

「ニュートンさんは、お月さまが地球とりあっていると考えて、その理由りゆう説明せつめいしたんだ。『万有引力ばんゆういんりょく法則ほうそく』というんだよ」

「ふえっ!? バンユウインリョク!? それに、お月さまとこの地球が、引っ張りあっているって、どういうことなのー!?」

「そうだなあ。そうだ、こうしよう。これを使って説明してみようか」

「その『小石こいし』が、なんだっていうのー?」


 征志郎は縁側にころがっていた小さな石ころを1つひろい、顔の高さまで持ち上げたところで、スッと、つかんでいるその手をはなしてみせた。

 落下らっかした石ころは、かたい地面じめんにぶつかって、ポスっという音を出した。


「ほらね」

「なにが『ほらね』なの、パパー?」

「小石はこんな風に、パパが手を放すと、ストンと落っこちちゃうだろう?」

「そんなの、あたりま……」

「んー? なんだって?」

「はわわ、わたしとしたことが、あぶなかったわー。でもパパ、それはいったい、どういうことなのー?」

「小石はすぐ、落っこちちゃうのに、どうしてお月さまは、落っこちてこないか、ということだねー」

「うーん、それは……なんでだろう……」

「おっ、いいね、ミーシャ。『なんでだろう』、また出たね」

「パパー、いじわるしないでよー」

「小石とお月さまのを、考えてごらん」

「そんなこと言われたって、パパ。小石はお月さまより、、それくらいしか、思いうかばないわよー」

「それだよ、それ!」

「ふえっ!?」

「ミーシャが指摘してきした、それが正解せいかいさ」

「セイカイって、パパ。キョリが関係かんけいあるっていうのー?」

「そう、それそれ。距離キョリなのさ。距離が大きくなるほど、引きあう力は小さくなってしまうんだよ」

片方かたほうが大きくなると、もう片方が小さくなるというのは、なんだかフシギだわー」

「フシギだろう。このフシギを調しらべるのが、『物理学ぶつりがく』という勉強べんきょうなんだよ」

「ふえっ! ブツリガク!?」

「いまのお月さまと距離の関係や、ほかにも、どうして空は青いのか、どうして雨は降るのか、どうして虹が出るのか、これらもブツリガクという勉強の仲間なんだよ」

「なんと、わたしが『フシギ』だと思っていたことは、ぜんぶがあったのねー」

「こういう勉強をまとめて、『科学かがく』と呼ぶのさ」

「カガク! 言葉が多すぎて、おぼえられないわー」

「ふふふ、ミーシャ。ノーベルしょうとか、取っちゃうかい?」

「ふえっ!? のーべる……って、なんなのー?」

「すごーい科学の研究けんきゅうをした人にあたえられる、すごーい賞なんだよ。どうだい?」

「ふえっ! わたし、ノーベル賞を取るんだわーっ!」

「ミーシャなら、100回くらい取れちゃうかもね、ノーベル賞」

「ふえーっ! 100万回ぐらい、取ってやるんだわーっ!」

「わはは、その意気いき、その意気」


 父・征志郎のはげましによって、美咲穂の心はすっかり晴れていた。

 ピカピカ光る満月が、そんな彼女を祝福しゅくふくしているようだった。

 このようにして、『少女ニュートン』は誕生したのである。


(続く)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます