少女ニュートン

作者 朽木桜斎

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 00 少女ニュートンの誕生へのコメント

    『少女ニュートン』という響きは、
    『少年アリス』と同じぐらいインパクトがありました。

    フシギちゃんの個性を尊重して、才質を見出す父が素敵です。

    申し遅れましたが、素敵なレビューを有難うございました!
    とても嬉しいです(^^♪

    作者からの返信

    宵澤さん、お疲れさまです。

    『少年アリス』、懐かしいです。
    『少年○○』という組み合わせのタイトルへのあこがれから、思いついたんですね。
    気に入っているので、ほめていただき、うれしいです(^^)

    征志郎には、「こんな父親がほしかった」という父性像を投影してみました。
    わたしの親父が悪いということではないのですが(汗)

    こちらこそプレイリストへのレビュー、ありがとうございました!
    小説と同じく、美しい紹介文だったので、しばし見とれてしまいました(^^;

    2019年10月8日 13:20

  • 05 少女ニュートン、物理学の師匠と出…へのコメント

    この回、好きです。
    今時の賢いお子様方を相手にする大人は大変ですね。
    「通りすがりの物理学者」(笑) 科学クラブのメンバーがそれぞれ十年後にこんな風になったら…商店街が大変そう…なんて想像してしまいました。

    作者からの返信

    いまどきの学校の様子を想像して書いたので、うれしいかぎりです。
    良い意味で(?)とてつもなくうざったい連中になっていそうですよね(^^;
    われながら濃いキャラを考えてしまったと思います(汗)

    2019年7月16日 13:38

  • 05 少女ニュートン、物理学の師匠と出…へのコメント

    通りすがりの物理学者、面白いですね。
    お店も敵いませんね(^_^;)。

    作者からの返信

    お店としては、通りすがられたくないですよね(汗)
    『ネジ屋のオヤジ』はサブキャラですが、けっこう憎めないです(笑)

    2019年7月16日 08:44

  • 00 少女ニュートンの誕生へのコメント

    やましんも、バスのなかで、あれなに?
    なんて書いてるの?

    どして? 

    と、聞きまくる、やっかいな子でした。

    残念ながら、答えを聞いても、理解しない子だったのですが。

    半世紀以上前になりました。

    よい、お父さんですね。

    作者からの返信

    やましんさん、お疲れさまです。

    自分もやはり、『フシギくん』でした。
    納得する答えをもらえないと、夜も眠れなかった記憶があります。

    征志郎は、「こんなお父さんがいたらいいよなあ」という、自分の父性本能の投影なのかもしれません。
    こんなことを言ったら、親父に悪いですが(汗)

    応援ありがとうございます。
    やましんさんの最新話を拝読し、さっそくデュ・プレさまのボッケリーニを聴いています。
    ハイドンもやはり、いいですね。
    寝る前の音楽としても最高です。
    いろいろとよくしてくださり、うれしいかぎりです。

    2019年7月13日 00:01

  • 04 少女ニュートン、王者のカリスマを…へのコメント

    みんな可愛らしいですね(^-^)。

    作者からの返信

    ありがとうございます!
    頭は良くても、良い意味でみんな子どもなんだなーって感じですね(^^)

    2019年7月12日 07:50