世界最強剣士は解剖学者

作者 八十嶋省吾

11

5人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

解剖学者とタイトルにありますが、内容は異世界物の王道と言った感じです。
その中に解剖というエッセンスが加えられて目新しさを感じさせてくれます。
モンスターの弱点はどこだ、という戦い方をする小説が少ない中、強敵を倒すのに必要な情報を得るために解剖をするというのは非常に理に適っていますが、なぜ今までそんな小説がなかったのか不思議なくらいです。

基本、俺TUEEなのですが、そこまでご都合過ぎないので読んでいて違和感を覚えません。この辺りは設定がしっかりしているからなんでしょうね。
こういった異世界物は読者層が男性なんだと思いますが、パパだけでなく私も楽しんで読めています。

★★★ Excellent!!!

毎朝、欠かさず読んでいる小説の一つです。

異世界モノ、と思うなかれ。
解剖のシーンがとてもリアリティがあり引き込まれます。
最初に設定があるので読んでいてすぐに小説の世界観が分かるのも良いです。

個人的に戦闘シーンはあまり好きじゃないんですが、この作品は変に長々と戦闘が続かないのが好きですね。

それとヒロインがいて、軽めのお色気シーンもあるのですが、女性の立場から見ても不愉快な感じがせずに気持ちよく読めました。