地べたを這いつくばってでも

作者 渡会 宏

管理者(神様)の気まぐれで残機100

  • ★★★ Excellent!!!

主人公の死因が「面白かったから」で管理者(神様)から恩恵授かってる時点で、もう特殊すぎる。残機が増えたのも命の大切さとかを考えさせるものではなく、エンターテイメントの視点から。
とりあえず、この小説の管理者(神様)は助走をつけてドロップキックされても仕方がないと思う。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

予期せぬ死を迎えた少年がデスゲームに巻き込まれ、そこで会った人々と生き残りを賭けた戦いに身を投じてゆく、という物語です。
集められたいわゆる「参加者」は、運営側が「面白い死に方をした」と判断した人々… 続きを読む

ユマリモさんの他のおすすめレビュー 13