地べたを這いつくばってでも

作者 渡会 宏

53

19人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

第一章まで読みました
お父さんとのわだかまりが消えないままに逝ってしまった主人公ソラ。
死んでしまったと思えば、管理人(神)の好きなようにされてしまい、殺し合いのゲームに巻き込まれてしまう。
お母さんに会うことすら叶わず……

6月に完結まで見れるとのことですので、続きを楽しみにしています!
どうかソラが、お母さんに会えますように。

★★★ Excellent!!!

もう、一話目から涙腺がゆるゆるです。

1.15天下一の剣士なんてもう……
他の登場人物たちの過去も気になる!!
読み始めたら止まりませんでした!!

作者様の文章も、スラスラとつかえることなく読ませてくれるので、まるでその場に自分も居るような気分になりました。

すごくオススメです!

★★★ Excellent!!!

主人公の死因が「面白かったから」で管理者(神様)から恩恵授かってる時点で、もう特殊すぎる。残機が増えたのも命の大切さとかを考えさせるものではなく、エンターテイメントの視点から。
とりあえず、この小説の管理者(神様)は助走をつけてドロップキックされても仕方がないと思う。