十二月の心臓

作者 Mofu

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全22話

更新

  1. 四月の憂鬱
  2. 第零話「同族嫌悪なんていうのは醜悪な感情だと彼は言った」
  3. 第一話「人に夢と書いて儚いとぼくは思った」
  4. 第二話「偽善は素晴らしいとぼくは思っている」
  5. 第三話「不条理のまにまにとぼくは瞑目した」
  6. 第四話「彼女は失声症なのだとぼくは理解した」
  7. 第五話「リセだとぼくは命名した」
  8. 第六話「こくこくと複雑そうにも彼女は頷いてくれた」
  9. 第七話「手話でも教えようと思うんだけどとぼくは提案した」
  10. 第八話「『ひどい』と彼女は手話を行った」
  11. 第九話「死ぬまでっていつだよとぼくは吐き捨てた」
  12. 第十話「目の前の少女の笑みがぼくには酷く眩しかった」
  13. 第十一話「何事もなかったかのようにぼくは挨拶を済ませた」
  14. 第十二話「天真爛漫な笑みで彼女は応じた」
  15. 第十三話「私、名乗りましたっけ? と彼女は嘯いた」
  16. 第十四話「どうやら放課後まで付き合わされるらしいとぼくは長い息を吐いた」
  17. 第十五話「自己紹介はいらないと彼女は豪語した」
  18. 第十六話「異端者ですからと彼女は言った」
  19. 第十七話「オーケイ上出来だとぼくは呟いた」
  20. 第十八話「夢に想って神に祈ろうじゃあないかとぼくは思った」
  21. 第十九話「人類は摂理だと彼は言った」
  22. 第二十話「夢に想って神に祈っていたと彼女は呟いた」
  23. 第二十一話「助けて欲しいと彼女は言った」