本当って何だろう

作者 宇近太助

36

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

『全ての見えるものは見えないものに触っている。
 聞こえるものは聞こえないものに触っている。
 感じることのできるものは感じることのできないものに触っている。
 それなら、考えることのできるものは考えることのできないものに触っているはずだ』
 ……18世紀後半に活躍したドイツの天才詩人、ノヴァーリス。

★★★ Excellent!!!

太古の昔から語られる石であり、意思のお話。短編で締められていますが、曰く、真理を問うようなその言葉は、何度も読み返し、考え、答えを求める「幻聴」。

昔の詩人を思い返すような、そんな物語です。

感想、というものではないですが、素直にこういうものを書けるのは、凄いと感じました!