第27話【現れし闇】(探索編その1)


 激闘から間もなくして、ニッシャ達が楽しく水遊びで戯れている一方。

 陽の光すら届かず微かに感じる水の匂いに包まれながら、【ノーメン】と【セリエ】の二人組は深い闇に溶け込むようにある極秘任務へと就いていた。


深淵しんえん渓谷けいこく



【任務内容-残りの聖霊三体を探しだし、捕獲又は拘束する事】


 足跡も残らぬ岩肌を歩いている二人組の片方は、意気揚々と前へ進んでいるが任務途中にも関わらず、得意の魔法で浮遊しながら昼寝の様に寝そべっている男セリエは、独り言の様に話しかける。


「残る大聖霊の一部は三体何だけどさ、そいつらがまた面倒でね。何て言ったっけなー。【時を司るセントキクルス】に【水の守護神イメサリス】と後は……忘れたわ。ノーメンさん何だっけ?」


 流暢りゅうちょうな喋り方に物忘れが激しく、どこかおとぼけているセリエはノーメンに質問するが、返答はおろか相変わらず無口な大男に軽く舌打ちをすると、肩に乗り周囲をほのかに照らしている子犬タイニードック威嚇いかくする様に吠えていた。


暴君タイラント殺戮芋虫デスワーム》100Mタイプ〕=【危険度level-Ⅲ】


(MAXの体長が200Mを越え、数千もある鋭利な牙と丸太の様な体格に加え、肉食獰猛であり産卵期には、2万~5万の卵を出産するがその9割強は同一種に補食される。寿命は70年と比較的長いが、そこまで存命の個体はいないとされている。)


 あまりの巨大さに後退りをするノーメンと気にも止めないセリエの両極端な二人と、臨戦態勢に入る子犬タイニードックだが、ある一言で我に返った。


「お前等よく見ろよ。こいつはな、に殺されているんだ……しかも、でな」


 戦慄し呆然と立ち尽くすノーメンを他所に芋虫ワームを叩きながら早口で語り続ける。


「まだ見るからに幼虫ようちゅうだが、立派なlevel-Ⅲだ。こいつを相手に争った跡も周囲にはない上にが綺麗さっぱりと。この意味わかるかいノーメンさん?」


 マスクで相変わらず表情が見えないが、考え込むように静かに頷くと尚も吠え続ける子犬タイニードックを消し、珍しく喋り出す。


「協会の調査通り、お前が何処かへ飛ばした【level-Ⅳの焔獄兜武者ヘルクレス】或いは、それ以上の大物と言うわけか……」



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます