第25話【子育て日記2日目】(精神の滝編その4)

(中心に力を集中し、外へ拡散させる……)

 呼吸を忘れてしまうほどに目先へと集中力を費やしているが、徐々に体が滝へと近づくニッシャは、左手を後方に向け同程度の炎を放出させることによりこれ以上の後退を防ぐ手段に出た。


(あー……くそっ!!ミフィレンと楽しく遊ぼうとしたら)


 豪爆と放炎が互いにぶつかり合い、力が均衡する中いまだその力が弱まることを知らない【絶望と苦痛の豪ニッシャ絶対に許すまじ】は、超高温と超高速回転を併せ持つため、それに耐えるニッシャの「体力」「魔力」「気力」を大幅に削っていた。


(さて……修行ざつようの成果でをどう対処するか見せてもらおうかしら)


 華奢きゃしゃな腕を組み合わせ深刻な表情をしているが、子どもたちに頬をつねられており、髪の毛をいじられながら思うアイナだった。


 通常火速炎迅かそくえんじん-初速しょそくで使える技は魔力の回転数により決められており、それぞれに対応した技しか今までのニッシャでは出せなかったが、この2日の修行ざつようのおかげか緻密ちみつな魔力操作を会得したことにより、少量の魔力でも劣化れっかこそするが使用出来るようになった。


「片手で上手くいくとは、思わねえけどヤらなきゃ殺られるな……!!」


 血反吐ちへどこそないが、いまある力を出し切る勢いで放つ事を決意する。


炎武えんぶ3の段-散火舞炎さんかぶえん

 球体の中は小さな火が高速回転により増幅され、舞う様な炎と化す。

 ニッシャの魔力が縦横無尽に駆け巡り、まるで鋭利なウニでも入っているかのように「トゲトゲ」しい見た目に成り変わるが、特殊な素材で出来ているボールは尚も割れる事なくギリギリの形を保っている。


はじけろー!!」そう叫びながらてのひらを天井に向けることにより上空へ軌道を修正させ、威力を殺す事なく球体はいとも容易たやすく天井を突き抜ける。

 内部で爆発的に増幅する火花達は上空200M程まで昇った所で、負荷に耐えきれず圧力が外へと漏れ出し始める。

 1ヵ所でも空いた後は至極単純しごくたんじゅんな話で1つまた1つと連鎖的れんさてきに次々と無数の穴が空き始め……やがて――――【はじけ出す】


 仰向けで「プカプカ」と浮かんでいる子どもたちの目に映るのは、まるで煌めく無数の宝石のように天井全体をおおい、空へと散りばめられた火花が華やかに咲きほこる光景が眼前がんぜんに広がっていたのでした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます