第14話【子育て日記初日】(3)


 いつもは、感覚を頼りにただ燃やせば良いとだけ思っていたが、今回の闘いで改めて実感したんだ。

 消費が激しい分一撃の威力は、確実に上がるがその強大な力は、私自身を蝕んでいることに改めて気付かされた。


 ただ闇雲に力を振るうのではなく、目的を芯で捉え効率的に魔力マナを使うことによって体への負担も軽減される。

 指先から少量の魔力マナを放出し、静かに目を閉じると皿全体ではなく中心を軸に熱を集中させる。


 徐々に消えてゆく汚れは、成功を意味するように焼失していた。

 1枚出来たら、また1枚と改良を重ねながら次々と同じ作業をし、初めの苦戦が嘘みたいに上達し、その速度はニッシャならではだった。


【?時間経過後】


 一人黙々とやっていたが、流石のニッシャでも息を切らしていた。

「私もやればできるもんだな」とあれほどあったお皿の山は消え、我ながら感心してしまう。

 二人で絵を描いた皿は、勿体無くて1枚残らず欲しかったんだが、流石に人の家の物だからな。泣く泣く綺麗にせざるをえなかった。

 ここ数日は、無茶をしすぎたため流石のニッシャでも集中力の糸が切れ、「すやすや」と寝息を立てる小さな体を抱きしめながら、倒れ込むように寝そべる。


 抱擁ほうようされたことによりミフィレンの帽子がズレ、手の平サイズのお皿が見えたような見えなかったような真実は、小さな絵描きさんだけが知るのでした。


【時刻は真夜中】


「ギギギッ」と扉が少しだけ開き小さな顔が覗き込むように「チラッ」と出ていて、手には、水晶玉を持っており独り言のように話始めた。

「おばあちゃん見てる?一見不器用そうだけどちゃんとやり遂げたらしいよ?」


 余りにも近すぎたのか「老婆の目玉がドアップ」になっていて、「近すぎだよ……」とアイナが言うと、笑いながら距離をとる。


「フォッフォッフォッ」と老婆は、高笑いすると小さいまなこで辺りを見渡すように覗き見る。


「私は、旧友に会いに行ってるからねぇまだまだ戻らないよ」

 辛気臭そうな顔をしているが老婆の後ろでは、楽しそうな声が聞こえ、あれほどの被害が有りながら、平気な顔をしているのだ。

 どうしてかは、後程分かるとして……


「おばあちゃん、あんまり若くないんだからお酒は、控えなよ」

 アイナがそう釘を指すと、シワシワな顔は、「シュンッ」と反省した様な顔をしていた。

「少しだけ言い過ぎたかな?」そう思って、水晶玉から映像が消える瞬間、老婆は右手にあった高濃度のアルコールをコールと共にラッパ飲みしていた。


「おばあちゃんったら本当に、言うこと聞かないんだから……いつか死んじゃうよ?」


 アイナは、消えた水晶玉にそう言い残すと寝息を立てる二人を起こさぬよう、静かに扉を閉めると「また明日ね」と小さく呟いた。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます