「言罠(ことな)」書評小説

作者 九乃カナ

25

10人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

一田さんの「言罠」も僭越ながら拝読しました。
とても面白くて、何度も唸りました。
医師とのやりとりがいったいどこまで疑っていいのか終始悩む形で読み進めるタイプに感じて、非常に斬新な感覚がしました。

そして、九乃さんのこの作品のぐるぐる感。
作家とキャラの関係で、「言罠」に抵触するような絶妙な位置感で、何度も読み返してしまう面白さでした。

作品の中で、読者レベルについての部分、うんうん思考しました。
自分の作品を読んでくれる読者のレベルも気になりますが、それ以上に、自分が読者としてどのレベルにいるのだろうかと考えました。
読んでる本を理解してあれこれ意見が言えるのが高レベルとなるのか。
それともいろいろな物語をそれとして柔軟に受け入れていける方が高位なのか。

短編ながら、多角的に考えさせられる部分があり、とても勉強になりました。
ありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

九乃さんのごった煮という感じでいいですね。言罠的には人称や視点の縛りはないはずなので、これは全然ありでおもしろいです。
落語の粗忽長屋にも通じるおもしろさです。こういうのは想定していなかったので、とてもよい刺激になりました。
ありがとうございます。