第44話 デートのお誘い

「それで、何があったんですか?」


「いや、特にこれと言って問題があった訳じゃないよ。ただ、高嶺さんが僕にプリントを届けてくれてなかったら、幾つか赤点だっただろうって言われただけで……」


「た、大変じゃないですか!」


「ううん、高嶺さんのおかげで今回も無事に赤点は回避できたみたい。ありがとう」


「そ、それなら、良かったです……え、ただそれだけのために呼び出されたんですか?」


「いえ、あとは――」


(高嶺さんが僕のために真剣に住所を聞いてくれたからそのお礼をするようにって言われたけど――それを、伝えるとこれからデートに誘うと思ってる僕としては誘いづらくなるというか……)


「わ、私には言いづらいことですか……?」


(うっ……そんな、うるうるした瞳で見られると罪悪感が――)


「そ、それより、高嶺さん。心配してくれてありがとう。でも、テストは無事に突破出来たからもう大丈夫だよ!」


「……いえ、思井くんのことも心配でしたけど……実はもう一つ不安なことがあって、ですね……」


「不安……?」


「そ、その……さ、佐藤先生はお、お胸がお、おお、大きいですから……思井くんと二人きりだと思うとへ、変なことを考えてしまって……心配になったというか……。あ、も、もちろん、思井くんが学校で先生と変なことはしないと信じていますよ? でも、佐藤先生は若くて綺麗であのお胸をしているのでつい……」


(……っ、僕は高嶺さんに心配をさせておきながら、先生の巨乳に瞳を奪われていたなんて……情けない!)


「高嶺さん……この後って何か用事ある?」


「い、いえ……」


「じゃあ、その……僕とこのまま出掛けませんか!?」


「えっ!?」


「あ、いや、その高嶺さんが良かったらだけど……」


(あ~、恥ずかしい! 自分からデートに誘うってこんなにも恥ずかしいものなの!? 僕は高嶺さんと付き合い出して少し経ってるから誘うことが出来たけど……高嶺さんは付き合った次の日に僕を家に誘ってくれたんだ……。そう考えると僕は甘えてばかりで情けない……)


「そ、そんなの、行きたいに決まってます! でも、いきなりどうして……」


「それは、その……テストお疲れ様会と僕が赤点を回避できたのは高嶺さんのおかげだから、そのお礼というか……」


「そんな……気を使わないでください。私が思井くんにプリントを届けたいって勝手に思っただけのことですし……」


「ううん、プリントだけじゃないよ。高嶺さん、僕が分かりやすいようにまとめてくれてたでしょ? それに、一緒に頑張りましょう……って、書いててくれてた。あの、高嶺さんの文字があったから僕は頑張れたんだ」


「き、気づいたんですか!?」


「う、うん……」


「そんな……は、恥ずかしいから、気づかれないようにプリントの裏の端の方に小さく書いてたのに……子どもっぽくて気持ち悪かったですよね……」


「そんなことないよ! 高嶺さん、僕はあの高嶺さんの気持ちが本当に嬉しかったんだ!

 それに、子どもっぽくてもあの気持ちが僕に元気をくれたことに違いはないよ。ありがとう!」


「そ、そんなに言わないでください……言われると私また……」


(みるみる内に真っ赤に染まっていく高嶺さん――ああ、もう可愛い! もっと、一緒にいたい!)


「あのね、高嶺さん。やっぱり、さっきの言葉取り消してもいい?」


「ふぇっ……?」


「高嶺さんとお疲れ様会も高嶺さんにお礼もしたい。でも、それよりももっと高嶺さんと一緒にいたい。だから、僕と出掛けてください」


「~~~っ、はい! 行きます! 一緒に出掛けましょう!」


「うん!」


(やった! 誘えた! デートだ! デートだぁぁぁ!)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます