終章:最高潮に達する愛 

「何故かカルナヴァルに飛んだのよね。多分、イザークの諱があったからじゃないかなと。ウフフ今も思い出しちゃうね。ラムセスのあの瞬間」


 今でも、神殿の玉座の前に突然現れた親友と妹を見つけた、兄ラムセスの驚嘆の顔は忘れられない。


 しかも、ラムセスは椅子からもんどり打って……。


(あれは、あれで。いいもの見たわ。イザークの呪いも解けた。父母が無事な以上、ラムセスへ呪術をかける必要もない)


 変わらないアケトアテンの風景。ほっとするぬくもりにすり寄った。

 遠い世界はどこに繋がっていたのだろう。空のような、自分の奥深くのような。

 今ではその記憶も薄れつつ在る。


 戻って、一番にティティとイザークを包んだは太陽の光だ。人々が当たり前のように陽ノ下で生きている世界。ラムセスは〝昼〟と呼び、白い月が昇ると〝夜〟と呼んでいた。


 どこか遠くに置かれた天秤の光景は瞼に焼き付いているが、果たしてどこだったのか。


「ティティ、気になってるんだが、何かを産むって言ったよな。貴女は子供を産んだら、俺を放置しそうだ」


 イザークの表情が微妙。


「子供に妬くの?」悪戯っぽく聞くと、「当然」と帰って来た。


(イザークの諱は〝溺愛〟。では、わたしティティインカの命の聖刻文字

ヒエロマガグリフはなに?)


 ティティはイザークの手を握りしめて、寝台に横になった。手にヘンな色の御守り。


「オベリスクの呪まで扱ったのに、ちっぽけな甲虫石が出来ないなんて」

「理由が知りたいか?」イザークが出逢った時のニヤニヤ笑顔で問うた。

「教えない。一生、モヤモヤしていろ。その度に、俺は俺の為すべき事項が出来る」


 イザークはふっと笑うと、ティティインカの額に唇を押しつけた。


「為すべき事項って」

 質問が意外だったらしい。イザークはあっちみて、こっちみて、言い切った。


「ティティを、愛し続けるって決意だなっ! い、行くぞ!」

「愛し続けてくれるの? ずっと、ずぅっと一緒?」

「――ああ。もう理を探す必要もねえよ――」


 合わさった唇が証拠とばかりに熱く蠢いた。

 イザークのキスはいつだって灼熱だ。だけど、その灼熱は決してきらいじゃない。


 ――自分の存在を刻みたい、背中に手を回し、衝撃をしっかり受け止めた。


(どうしよう、好き。大好き、なんか、好き。王子だとか王女だとか関係なく。ずうっと一緒、ずーっと一緒にいたい。もう、おかしくなっちゃいそう。好きだらけだ)


「ちゃんと、心臓あるね。トクトク言ってる」

「? そりゃあるでしょ。……ああ、でも、すっげえ重く感じるのはなぜだろうな」


 イザークの鼓動はティティより少しばかり早い気がする。愛おしい鼓動に手を当てて瞼を閉じる。いっぱいになったイザークへの想いをどう堪えよう――。


 愛を駆け上がる。魂がどこかへ消えてゆきそうなくらいに。

 そんな灼熱を教えられて。


 ――手放した意識の彼方に罪人海が視えた。鳥のマアト神の姿。神は背中を向けている。


(マアト神!)戻れなかった悪諱たちを連れ、遠くの世界へ飛び立とうとしていた。クフの姿もある。


(あ、マアト神が人型に戻った。ゆっくりとわたしに振り向く……)


この景色、知ってる……。

太陽と月が還って行った後の――……。


『――を超えよ。歴史が始まろうとしている兆し。太陽神国エジプトだ。汝の両親はそこで汝を待っている――……』


 ――え? 堕ちた白の中。脳裏はやけにはっきりとしていて……。


(これが最後の呪術師ティティインカの、神への交渉だ。文言のなかったマアト神からの)

マアトは身体を繋ぐ文字でしか、交渉できなかった。


『汝の愛が最高潮に達した時、我の、その答が見えるだろう――』


「イザーク……、太陽神国、エジ……プ、ト! そこにね……今、神……さまの声が」


 声にならなかった。ティティの震える唇に、イザークは何度もいつかのように口づけを繰り返す。手からいつしかスカラベは転がり落ちていた。


「行ってみるか? テネヴェを超えた、その先の大地へ。二人で」

「太陽神国、エジプト。うん、行ってみたい。貴方と愛を紡ぐによい場所よ、きっと」


 再び、訪れた甘い愛情の業火に焼かれそうになった。


 イホメトの諱は〝溺愛〟。


 いつだってわたしはイザークの愛に溺れさせられる。ええ、喜んで溺れましょう。


 月が夜空に昇っている。当たり前が、当たり前でなかった。この悲劇を忘れない。


「何億年後、太陽があって、月があって、貴方がいて――またマアトに呼ばれたりして。その時、天秤は釣り合っているのかな……ちゃんと、釣り合うか、な」


 振らされながら、もう一度、スカラベを見る。


(変な色……まあ、いいか。この、モヤモヤ、大切にしよう。わたしの心だもの)


 二匹のスカラベは、共にサアラの銀色とネフトの赤を混ぜたような色に変色していた。スカラベは変容して、やがてはマアトと同じ、黄金に変わる。


 やがては辿り着く太陽神国エジプトにて、ティティインカが、エジプト王妃、ネフェルティティ《世界を変えた美女》と呼ばれる未来。

 産み落としたクフ王が繁栄をもたらし、また新たな戦渦を呼び起こす少し前。

 新しい家族も加わった、本当の幸せな日々を築く兆しはまもなく訪れる。




 『汝の愛が最高潮に達した時、我の、その答が見えるだろう――』


《了》

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます