面倒くさがり屋の異世界転生

作者 自由人

主人公が残念

  • Good!

タイトルの「面倒臭がり」が、序盤は主人公の個性程度であったものの、話が進むにつれてエスカレートしてゆき、読んでいてシラケる要素になってしまったのが残念です。
例えば、周囲が真剣に取り組んでいる大会中に寝るという行動は、面倒臭がりというより他人を嘲笑っているようにしか感じられない。
彼を溺愛する家族も、その態度を窘めるどころか肯定するばかりなので、以降もこういう展開が続くのだろうなと考えたところでギブアップ。
「面倒臭がり」というよりは「怠惰で傲慢」な性格になってしまっているので、そのあたりを適度に修正、あるいは緩和するキャラクターがいれば随分印象が違うのではと感じました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー