5章 霧谷渓谷物語 〜世界は俺達だけのものじゃない〜

君の声に鼓舞されて、僕は前に進んでく。

 コボルト……。

 犬頭、金色の髪の小人の妖精。まぁ狼の二足歩行の方がわかりやすいか……。


 手に持っている鈍く光る斧が振り上げられる。俺は短剣を滑らせてタイミングを計る。

 振り落とされたと同時に右に回転して避けつつ間合いを詰め、鎧の隙間から短剣で切り裂く。そして背後に回って背骨を蹴る。


「ギャァーーーー!」


 ゴキと骨が折れる不快な音がしてコボルトは倒れた。そのまま頚動脈に刃を当て、失血死させる。

 首からは血が噴水のように上がり、美しくも感じる……。サイコパスかよ。


「じゃあ魔石回収しとくね……」

「ああ。ありがと……こっちは……斬滅戦だぁ」


 コボルトの鳴き声で現れたさっきより下級の防具なしコボルトの群れ。俺はこいつらを斬滅しなくちゃぁ。

 手始めにその場で二回飛び跳ね助走をつけ、自分の体の前に短剣をクロスに構えコボルトの群れに駆け込む。


「ギャォォォォォォ〜ン!」


 俺の前にいるやつらは全て切られ、倒れていく。こちらの短剣は総ミスリル製だから簡単に切れてしまうんだな。

 コボルトの群れから抜け出し、来た道を振り返るとまだ呻くコボルトの屍の道があり、その脇にコボルト達が整列している。


「綾との結婚式をしてくれるのかな?」


 状況をようやく飲み込めただろうコボルトが俺に怒りの目を向ける。綾にヘイトは向いていないみたいだ。

 俺に向かって突進してくるコボルト達。でも、無駄に間合いは詰めてこない。


「ふぅ……。角生やして行こーぜっ!」


 なんとなく叫び、コボルトに走り寄って足払い、短剣を突き刺し、両方の短剣を空に放り投げる。

 そして腰から両刄剣を両手に抜き、その場でクルッと回る。コボルトの叫びをBGMに両刄剣を鞘にしまって投げた短剣をキャッチ。


「ウオッ!あっぶねぇ〜」


 振り落とされた斧を紙一重で躱し、短剣をそのコボルトに投げる。

 そしてほぼ純鉄の短剣を抜き、雷操で電磁石を作って動かす。俺の半径10mのコボルトは為す術もなく全滅。

 死んでいないコボルトの体に触れて電気を流す。


「これで下級コボルト全滅〜。次は防具あり〜。やリィ!」


 防具をつけたコボルトを流し目で睨む。するとコボルトは俺に背を向けて逃げていった。


「ウンウン。それがいいそれがいい。プライドは死を呼ぶだけだしなっ」


 瀕死のコボルトの斧を避けつつ、そいつを殺して綾の元に戻った。

 綾の周りには体が裂けたような死に方をしたコボルトが数匹いた。


「あれ?全部のヘイトは向いていなかったのか。綾、怪我はない?」

「大丈夫。カイの短剣で倒したの。それより魔石回収しよ?」

「オケ丸ピッピたん」


 俺はコボルトの屍の真ん中に立ち、魔石を回収していく。ある程度回収しきったので綾に預け、また、霧の中を進む。


「あのさ。霧谷渓谷物語って知ってる?」

「カイ……。怖いからやめて…」

「あれ?綾ってホラー無理な感じ?」

「ん……。苦手……。その日の夜は背中がゾクゾクする」

「ハハハ。そっかじゃあいいや。それより全然魔物とエンカウントしないんだが…

…」

「ホテルが近いのかも……。行こ…」


 ちょこっと顔を出した希望に向かって走り出す。でも…その希望の道を邪魔する者がいない訳がなくて……。


「グルォォォォォォッ!」


 オーク……。又の名を二足歩行する豚。相変わらずゲテモノをぶら下げ、棍棒を肩に担ぐ姿は見てて笑える。咄嗟に岩の陰に隠れる。が…。


「うっ……。あ、ああ……。ハァハァハァハァ…」


 オークが見えた瞬間体が震え出した。前世ではオークは一度しか倒していない。

 怖いんだ……。あの時倒せたのはオークが打ち上げた俺に注意を向けなかったから。

 あの時倒せたのは枝のクッションがあって骨が折れなかったから…。とか……。


「オル!いい加減にして!前世の事をずっと引っ張ってこないで!ここには私が…ユ……綾がいる!」


 横の綾の声で震えが止まった。凄く懐かしく感じる。心が温まる。前世の阿婆擦れと似たような喋り方だった。なのに、不快感は一切ない。

 一方、オークは綾の声でキョロキョロし出した。


「よし、行こう。前世の俺とは違うんだ…。勝てる。大丈夫だ」


 俺は岩陰から飛び出し、オークの前にたった。俺は…前に進むんだ。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます