存在してきます

作者 松川 真@最新話『正義』更新しました

28

11人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

今の混沌とした世の中に文章が付いてきているのかも
しれないですね。
始めから真ん中くらいまで読ませていただき、
最終まで読みました。
とてもハードです。
ゆるい展開などないので体力が必要ですね。
これからも先の読めない展開を見たいです。

男性の辛い気持ちや、やるせない感じが
難しい表現であらわされていますが、
心に迫ります。
ダイナミックで先が予想できない感じは
見習いたいと思います。
予定調和でないところ、尊敬いたします。

恋愛の好きや嫌いなどという
軽いタッチではないところも、良いなと思いました。

また、読んで頂きありがとうございました。
ご健筆お祈りいたします。




★★★ Excellent!!!

文体は、一見、難解な印象も受けますが、丁寧に読み進めていくと、登場人物が一生懸命、生きている様が痛いくらいに表現されていて、いつしか読者である自分も自身の存在価値について考えてしまう。
哲学書には疎い私ですが、この作品を読んでいくうちに自然と「私って哲学している!?」という感覚になります。
物語つきの哲学の入門書というイメージで、丁寧に読んでいただきたい!

★★★ Excellent!!!

以前、相手との距離が近くて不快に思ったとき、それがきちんと顔に出ていて、それで相手の顔も不快になったことを思い出しました。(しばらく冷戦状態でした)

こちらが不快に感じると、それが向こうにも伝達してしまう。
その不快に「気づかれた」とハッとしていて、頭ではわかっているのに、まるで世界は自分だけのものではないとはじめて知ったみたいに肩身がせまくなる。

そして自分を恥じたり相手を怒ったりして自分自身を見つめたり、それが言語化できずわけがわからなくなったりする。

もし相手がいなければ、恥じたり怒ったりして傷つくことはなかった。憂鬱な時間なんてものはなかった……みたいな。身体を悪くしているからそうなっちゃうのもわかります、そういう部分の設定も素晴らしくて、考えると切なくなります。
物事を極端に考えてしまいそうなアブナイ主人公の感じがして、ハラハラして楽しいです。まだはじまりですが、これからどう変わっていくのか楽しみです。