りけじょ!のシュールな冒険【II】

谷先生の研究室へ

【登場人物紹介】

真智

※自称 あたし

本人いわく、

実験が大好きな好奇心旺盛で優しく正義感の強いリケジョ中学生~(笑)

科学部の部長さん。

科学部の中では一番背が低い。

右上でこげ茶色の髪を短く結んでいる。

服装は赤と桃色の半袖ちゃんちゃんこと半ズボン。

靴下は履かずワラジを履いている。

声は、ゲームが擬人化した世界のね●子に似てるとか似てないとか。


自分は 理系女子リケジョ界のアイドル、『リケドル』だと本気で思っているらしい。

ちなみにそんな真智について友達は、

腹黒系女子バケジョ界のアイドル、

『バケドル』だと本気で思っているらしい。


四葉

※語尾を伸ばす 「かな~ etc」

元々真智とは科学部で一緒だったが、

クラス替えで真智と同じクラスになった。

文芸部との掛け持ちである。

真智を含めた仲良し3人組の一人。

実は中学生でありながら凄腕小説家として

プロデビューしている天才中学生ライター。

真面目でおっとりした性格で、眠くなるような喋り方をする。

しかし、そんな素顔とは裏腹に、一つ困った性格の持ち主でもあるようだ……。

実は彼女、真智警部補から複数の容疑で現在指名手配中である。

諸々の事情からか、アメニティや試飲試食はもちろん、借りパク疑惑さえ日常茶飯事な彼女。

四葉に家に遊びに来られた複数の被害者達から、

証言1

【冷蔵庫の中の食べかけや食べ残した食品がそれぞれ、気持ち少なくなっているような気がする】

証言2

【両親に内緒で婆ちゃんからくすねていた飲みかけの※お酒や食べかけのおつまみの量が気持ち少なくなっている気がする】

など、日夜真智警部補の元には被害相談や捜索願いの相談があいついでいる。


↑※未成年者の飲酒は法律で固く禁じられています。りけじょ!シリーズは現実社会とは法律の違う異世界(心層世界)での物語であり、未成年者に飲酒を勧めるものではありません。

科学部では、谷先生を抜いて一番背が高い。

銀色の髪のストレートヘアーに赤いU字フレームのオシャレ眼鏡をかけている野生的女子。


そら

※自称 あたい 男言葉

仲良し3人組の一人。

バリバリの体育会系で、陸上部のキャプテン。

陸上部との掛け持ちで科学部に入部した。

真智言わく、食べる事と運動することしか頭にないらしい。

真智にノートを見せて貰ったことをきっかけに、仲良しになった。

科学部部室のソファーに昼寝に来ることとお菓子を食べに来るのが彼女の日課である。

本人言わく、親の方針でたくましく育てられたらしいが、

下品な言動を平気でする困った性格でもある。

髪型は男子と見間違えるくらいの短髪で、科学部では四葉に次いで身長が2番目に高い。

女子からバレンタインデーに大量のチョコをもらうほどモテモテな中性的イケメン女子である。


谷先生

※自称うち 関西弁のつもり

本名 谷 恵美

真智達のクラス担任で科学部の顧問。

関西弁で話すいい加減でズボラな性格の女性。

しかし正義感は強く、近隣の恥異賭ちいと大学で

教授をしている天才数学者でもある。

身長は平均より少し高いくらいで痩せ型。

ファッションには無頓着で、出かける際のファッションはアパートに一緒に暮らす姉の羽美が決めている。

真智達と行動する時は基本白衣である。

髪型は黒髪で肩までかかるくらいの長めのポニーテール。

この先生、実はなかなかのムッツリらしい。

真智曰く、その変態ぶりは全てのエロの運命を指し示す

っくレコード』に記録されているという。



羽美うみ先生

自称 私

本名 谷 羽美

谷先生の姉で国語教師。

アパートに谷先生と二人で住んでいる。

谷先生と比べると性格は普通……らしい。


登場人物紹介終わり





「みなさん、おはようございます」


「おはようございます~♪」


「あれ?

今日はホームルーム羽美先生なんですね?

谷先生はどうしたんですか?」


「真智さん、質問は手を挙げてから言ってくださいね」


「は~い」

真智は気のない返事をした。


「みなさん聞いてください。

今日は恵美先生は、え~とですね~(汗)」


「今日もまた寝坊じゃね?」


「え~?

ねえねえ男子~?

谷先生って寝坊したりするの!?」


「俺さ?この前谷先生が教頭に怒られてるトコバッチリ聞いちゃったから間違いね~よ!」


「え~! ウソー!!」


「学生の私達も遅刻しないのにそれひどくない?」


『ワイワイ、ガヤガヤ』


「みなさん、静かにしてくださ~い!」


『ワイワイ、ガヤガヤ』


「ちょとみんなー?

羽美先生困ってるし、

ちゃんと話聞いてあげよう、ね?」


・・・・・・


「真智さんありがとうございます♪

(元はと言えば真智テメェが手を挙げて質問しないからだっつーの!)

みなさん聞いてくださいねー!

今日は恵美先生は科学の実験の為に1日休みをとっていまして、だから今日だけは代わりに私があなた達のクラスのホームルームに来たわけなんですー!」


一一時間目の休み時間一

『キ~ンコ~ンカ~ンコ~ン♪』


「ふぅわあああああ~♪」


「真智ちゃん大きなあくび~、

クスクスw」


「だってさぁ?一時間目の国語の先生の声って

聴いてたら眠くなるんだもん」


「確かにあの先生の声って眠くなるよね~!

昼食の後とかだったら私も眠くなることある~。

でもね~真智ちゃん~?

一時間目からって言うのは流石に早すぎじゃないかな~?」


「えー!そっかなぁ?

え~と、ところでね?」


「な~に、真智ちゃん~?」


「谷先生が休みだとね?

クラスの空気がマジメって言うか、

何て言ったらいいんだろう?

そう! 何か物足りなく感じない?」


「まあね~。でも実験の為って言ってたし

仕方ないよね~?

それに~、私達が谷先生が作る空気に慣れちゃっただけで~、

この空気が本来は当たり前なんだろうけどね~w」


「違い無いねw

(実験!・・・実験?)

ねえねえ四葉ちゃん?」


「真智ちゃんどうしたの~?」


「あのさ、今日放課後谷先生の研究室ラボ行ってみない?」


「え~?

今日の科学部の部活はどうするの~?」


「部活は1日くらい休んでもいいじゃん♪

それにさぁ、谷先生の実験みてるのも

それはそれで科学部の部活の一環って気がしない?」


「ま~、確かにそうだね~」


「なんか二人とも楽しそうじゃん?

何を話してるんだ?」


そら

もぉ!急にあたし達の話に割り込んでこないでよー!」


「真智、悪い悪い。

で、二人でどんな話していたんだ?」


「放課後に二人で谷先生の研究室ラボに行こうかって話だよ」


「それ面白そうじゃん!あたいも行く!」


「えー!?」


「なんだよ、真智?

あたいが行くの不満そうやな?」


「だってさー宙!?

宙はある意味機械とか壊すの名人じゃん……」


「あ、あの時か? 部活の実験手伝っていた時の」


「そうだよ!宙間違って学校中のブレーカーをショートさせちゃったじゃん!」


「あの時はすまんかった」


「謝っても駄目だよ!」


「あたい今日は機械類は何も触らないから、

だからついて行ってもいいだろ?」


「えー!!」


「真智ちゃんまあまあ~。

宙ちゃんもああ行ってることだし~、

三人で行こうよ~?」


「まあ、四葉ちゃんがそう言うなら仕方ないかぁ」


「うっしゃー!

二人ともありがとう♪」


「ね~? 宙ちゃ~ん!?」


「四葉どうした?」


「髪に寝癖ついてるよ~!」


「ああ、これか?

これは静電気、あたいの体質。

あたいは体に電気や霊とか波動とかいろいろな物をくっつけやすい体質らしいんだ。

ちょっと二人にあたいが独学で身につけた芸見せるな」


「え? 見せるって?」


それから宙は、一度深呼吸をした後で

両方の手の内に何かを溜め始めたのだ。

『ビリッ!』


「あ痛っ!」


「真智ちゃんどうしたの~?」


「今ね、指にビリってきたんだけど、

これって静電気かな?」


「きっと※火花放電じゃないかな~?」


「だよねー?

なんだ良かったぁ。ただの火花放電で♪

・・・って全然良くねぇ~~~!!


『ビリビリ、ビリビリ、ビリビリ!』

「電刃!!!、」


「宙、ちょっとちょっと!!?」


「波……」


「ストッ~~プ!!」


「なんだつまらん。

せっかく今からが面白くなるところだったのに……」


「面白くならんでいいわっ!!」


「そうかぁ?」


「ねえ、宙……?」


「なんだ真智?」


「約束しておいて今さら申し訳無いんだけどさ、やっぱ一緒に来るの止めてもらえる……?」


「それは却下だ!!」


「ハァ~!

あたし嫌な予感しかしないんだけど……」



一そして放課後一

真智、四葉ちゃん、宙の三人は谷先生の住むアパートの別室にある研究室ラボへと向かった。


「谷せんせ~い!!」


「誰かと思えば真智達やないか!

今日は部活はどうしたんや?」


「今日は部活は休みにして、三人で谷先生の実験を見学に来たんです」


「そうだったんやな~」


「ところで谷先生?

実験ってどんなことをされているんですか?」


「内容な。実はこのビーカーに入ってる生き物を解剖してるんや」


「そのビーカーの中オタマジャクシですか?」


ちゃちゃう!

似てないこともないけどな。

この生き物はなプラナリアや!」


「プラナリアって聞いたこと無いですが

どんな生き物なんですか?」


「説明しだしたら長くなる。

アパートの前で立ち話もなんやし、

まあ、三人とも中に入りや」


「はい、おじゃましま~す」

「失礼します~」

「いただきま~す♪」


「お前達せっかく来たんやし

飲み物くらい出すで!

コーヒーか紅茶しか無いがそれでいいか?」


「はい!」


真智達三人が目にした谷先生の研究。

これがまさか、あたし達科学部がのちに巻き込まれる不思議体験の原因になろうとは……。

このときはまだ誰一人気付いていなかったの。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます