水道の蛇口から new

【登場人物紹介】

◇谷先生。

本名は谷恵美


◇谷先生の京都の友達。

実家が宇治にあるらしい。


※登場人物紹介 おわり



「なあ恵美?

うちは実家が京都の宇治やろ?

実はな、炊事場の蛇口からお茶がでるんやで。

羨ましいやろ〜?」


「なんやそんなことかいな。

大阪の今うちが住んでるアパートでも蛇口からお茶出るで」


「嘘やん。

あんたのアパートボロいし、

そんな話うち聞いたことないで」


「ホンマやって〜」


「ホンマかぁ?

じゃあ今度うちに見せてみ!」


「いいで。

じゃあ明日うちに確かめにきなはれ」


「いいんか、わかった」



次の日。


「恵美ー!

おじゃまするでー!」


「おう、やっと来たか。

いらっしゃい。

待ってたで。

お茶が出るのはここの蛇口や。

飲んでみるか?」


「飲んでいいんか?」


「ええよ」


「じゃあうち飲んでみるわ。

どれどれ」

『ゴクゴク』


「ん……」


「どうや?

お茶出てきたやろ?」


「ん!??

何やこのお茶?」


「やけに神妙な顔つきやな。

で、どうやったんや?」


「何かな、腐った魚みたいにごっつ生臭くて、

それに変な味がするんやけど。

このお茶ホンマに大丈夫かー?」


「ほんまかぁ?

おっかしいなぁ〜」


「なあ恵美?

念のために聞くけどな、

そう言うあんたはうちにお茶が出る言うくらいやから、

もちろん自分で飲んで確かめてみたんやろうな?」


「あれれ?

この水道の蛇口って台所のちゃうやん?

そやからうち……、

この水道の蛇口から水飲んだことって一度も無かったわ。

アハハ、ハハハ……、ごめん」


「飲め!」


「へ?

ちょい、急になんや?

うちの首根っこつかんでからに。

水道の蛇口を勢いよく開けてからに。

うちに何を見せる気や!?

 って、ちょ!タンマ!

あきまへんって!

ホントマジで!」 


『オゴオゴオゴオゴオゴオゴオゴオゴオゴオゴオゴオゴ※』

(ぐるじいぐるじい)

※谷先生が水道の蛇口から無理矢理水を飲まされる音


『ぐほぉ、ぐほぉ、ぐほぉ。

ブ、ブハッー!!!!』

「ハーハー。

う、う、う、うぇ〜!」


「で?

味はどや?

お茶は美味かったか?」


「これ、ホンマに

マズぅぅぅー!」


「ふん、やっぱりや」


「そんなん言わんといて。

あ〜もう、うちホンマに死ぬかと思うた」


「これであんたも、

さっきうちが言うてた意味わかったな。

よし」


「こ、こ、こ、これ……、

やんけー!!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます