う~ん、こ の後石鹸で手を洗わない奴 は……

この物語は、

『心層科学ファンタジー 5次元少女』

第2章・第6章【りけじょ】の

未収録 短編 集です。

最適なテンポで楽しんでいただけるよう、

本作ではあえて描写の無い脚本調で書きました。

また、本作はきらら系の日常癒し系ストーリーですが、お笑い要素も採用しています。

お笑い要素が苦手な方は観覧の際ご注意いただきますようお願い致します。


【登場人物紹介】

真智

※自称 あたし

本人いわく、

実験が大好きな好奇心旺盛で優しく正義感の強いリケジョ中学生~(笑)

科学部の部長さん。

自分は 理系女子リケジョ界のアイドル、『リケドル』だと本気で思っているらしい。

ちなみにそんな真智について友達は、

腹黒系女子バケジョ界のアイドル、

『バケドル』だと本気で思っているらしい。


四葉

※語尾を伸ばす 「かな~ etc」

元々真智とは科学部で一緒だったが、

クラス替えで真智と同じクラスになった。

文芸部との掛け持ちである。

真智を含めた仲良し3人組の一人。

実は中学生でありながら凄腕小説家として

プロデビューしている天才中学生ライター。

真面目でおっとりした性格で、眠くなるような喋り方をする。

しかし、そんな素顔とは裏腹に、一つ困った性格の持ち主でもあるようだ……。

実は彼女、真智警部補から複数の容疑で現在指名手配中である。

諸々の事情からか、アメニティや試飲試食はもちろん、借りパク疑惑さえ日常茶飯事な彼女。

四葉に家に遊びに来られた複数の被害者達から、

証言1

【冷蔵庫の中の食べかけや食べ残した食品がそれぞれ、気持ち少なくなっているような気がする】

証言2

【両親に内緒で買い、飲みかけのお酒や食べかけのおつまみの量が気持ち少なくなっている気がする】

など、日夜真智警部補の元には被害相談や捜索願いの相談があいついでいる。


そら

※自称 あたい 男言葉

仲良し3人組の一人。

バリバリの体育会系で、陸上部のキャプテン。

陸上部との掛け持ちで科学部に入部した。

真智言わく、食べる事と運動することしか頭にないらしい。

真智にノートを見せて貰ったことをきっかけに、仲良しになった。

科学部部室のソファーに昼寝に来ることとお菓子を食べに来るのが彼女の日課である。

本人言わく、親の方針でたくましく育てられたらしいが、

下品な言動を平気でする困った性格でもある。


登場人物紹介終わり



真智

「二人ともあたしが来るまで昼食べずに待っててくれたんだ!

ホント遅くなってごめ~ん!」


四葉

「大丈夫だよ~」


真智

「四葉ちゃんありがとう!」


「じゃあ、真智も戻って来たし、

昼飯喰おうぜ!」


四葉

「そうね~!」


真智

「うん」


「いっただきま~す!!」


真智

「宙、食べるの早いって!」


「そうか?」


四葉

「ところでね~、

真智ちゃんさっき戻って来るの遅かったけど~、

何かあったの~?」


真智

「あ~さっきのことだね?

あたしね、授業中からお腹痛かったから、

昼休みになってすぐト、ゴホン!

お花を摘みに行ってたんだよワトソンくん!」


四葉

「へぇ~そうだったんだ~。

それで~?」


真智

「それでね、いざ事を終えて

お尻を拭こうとするとき紙が無いわけ~!

あたししょっちゅうしでかしちゃうんだけど、

二人もこの気持ちわかるでしょ?」


「そうかぁ?」


四葉

「そっかな……?」


真智

「ガーン!!

な、何 二人ともその私には関係ありません

みたいな冷たいリアクション!

ちょっと白状くない?

二人とも自分のポジションわかってる?

二人は天然、わたしはツッコミ常識人だよ!

嘘でもそこは読者ファンの夢を壊さない為に

わたしに同情しちゃいなよ!」


四葉

「ごめんね~」

四葉心の声

(真智ちゃんワロス~w

常識人ならみんなでご飯を食べてる時に

うんこの話はして来ないと思うけど~ケケケ。

でもここは真智ちゃんの夢を壊さないどこ~w)

四葉

「それで、真智ちゃんはその時

どうやってやり過ごしたの~?」


真智

「わたしその時ね、

ビデで流してから、お尻が乾くまで粘ってたんだぁ。

だけど、なかなかお尻は乾かなかったの。


それから10分くらいそうしてたかな?

急にトイレのドアノブがガチャガチャ聞こえてきて、

次に待ってる女子生徒達が、

『ねえ。このドア壊れて無い?』

『私女の先生呼んでくるー!』

とか言い出す訳~!

あたしね、もうプレッシャーに耐えられなくって、

しょうがないから生乾きのまま

慌てて戻って来ちゃたんだよ~!!」


四葉

「そっか~。

真智ちゃん大変だったね~」


真智

「ありがとう四葉ちゃん。

ところで四葉ちゃんはトイレに行って紙が無い時どうしてるの?」


四葉

「私~? 私は~、え~と、あら~?

お箸が無いわ~。

もらってくるからちょっと待ってね~」


真智

「いいよ。待ってるね。

じゃあ、宙はそんなときどうしてるの?」


「あたいか?

あたいは拭かない」


真智

「拭かないって、そんなハッキリ言われても……。

お、大きいほうの後だよ?」


「大きい? 何が?」


真智

「うんこ!!

うんこの後だよ!」


「真智すまんすまん。

あたいはハッキリ言われないと鈍いところがあってな」


真智

「ホントだよ、もう!

それで、宙はうんこの後お尻を紙で拭かないの?」


「ああ。

うんこの後は便器の上からチョボチョボ流れてる水をケツの穴にかけて洗い流すのがエチケットってあたいはおやじにならったぞ」


真智

「それ無い!

宙はたぶんお父さんから騙されてるよ!」


四葉

「いやいや~、

真智ちゃん~?

宙ちゃんのお父さんの言ってる事間違いでは無いかも~。

世界規模で見たとき、イスラム教的にかな~?」


真智

「あ、四葉ちゃんおかえり~!」


四葉

「真智ちゃんごめんね~。

話続けて~」


真智

「四葉ちゃんありがと。

さっきの宙の話だけど、

あたしはそんなエチケット勘弁だよ~!

それで宙はうんこの後のお尻を水で洗ってるんだね。

それで……、

その後の水を使ってうんこを洗い流した手は

もしかしてそのまま……?


ゴホン!

ま~、何を信じるかは人それぞれ自由だし、

他人のアイデンティティーに口出ししたくないし、

もうこの下品な話はいいや。聞かな~い」


「安心しろ、真智。

水をお尻の穴の至近距離から浴びせかけてるだけで、直接触ってはいない」



真智

「宙~!

頼むからその生々しい説明は止めて~」


「あたいもこの歳になると、

そもそもうんこの後お尻綺麗に拭いたり水で洗ったりする事もめんどくさいから、

そのままにしてるんだけどな、アハハ!」


真智

「アハハ!ってそこ自慢気に笑うとこじゃな~い!!」


四葉

「じゃあ私の場合話すね~!」


真智

「うん。四葉ちゃんはそんなときどうしてるの?」


四葉

「私はね~

学校のトイレ使わないよ~!」


「使わないって、そんな訳無いじゃん?」


真智

「そうだよ!!

四葉ちゃんはオシッコやうんこに行きたくなった時

どうしてるの!?」


四葉

「私はね~、学校に限らずトイレ自体使わないよ~。

苦手なの~」


真智

「苦手ってそんな問題じゃないでしょ!

家ではどうしてるの?」


四葉

「家にトイレ無いもん~」


「じゃあ、どこでするんだ?

トイレ以外で出来る場所なんて無くねえ?」


四葉

「え~!?

二人ともなんで~??」


真智

「それはあたしが四葉ちゃんに聞きたいよ~!」


四葉

「草むらや花壇や畑とか、

学校だけでも出来る場所って沢山あるじゃない~??」


真智・宙

「野糞をさも当然のように語るなー!!」




《オマケ 四葉の 裏 履歴書 》


小学校の時、学校の花壇でお花を育てる才能を先生に誉められて、花の水やり係に選ばれる。

児童の間で、学校の花壇が臭いと噂になる。


中学校の時、学校の教師の推薦で校内の園芸委員に選ばれる。

生徒の間で、学校の花壇が臭いと先生に苦情が入る。


高校の時、文芸部と科学部の掛け持ちで園芸部の部長に選ばれる。

生徒の保護者の間で、学校の花壇が臭いと騒ぎになり、PTAで問題になる。


社会人になった後、

四葉の噂を聞き付けた科学者に人体を研究される。


四葉の排出物に含まれる強烈な匂いの成分から

画期的な発毛剤が生まれ、科学者と二人でノーベル賞を貰う。


『う~ん、こ の娘はヤバい』











  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます