エッグドロップ

この物語は、

『心層科学ファンタジー 5次元少女』

第2章・第6章【りけじょ】の

未収録 短編 集です。

最適なテンポで楽しんでいただけるよう、

本作ではあえて描写の無い脚本調で書きました。

また、本作はきらら系の日常癒し系ストーリーですが、お笑い要素も採用しています。

お笑い要素が苦手な方は観覧の際ご注意いただきますようお願い致します。


【登場人物紹介】

真智

※自称 あたし

本人いわく、

実験が大好きな好奇心旺盛で優しく正義感の強いリケジョ中学生~(笑)

科学部の部長さん。

自分は 理系女子リケジョ界のアイドル、『リケドル』だと本気で思っているらしい。

ちなみにそんな真智について友達は、

腹黒系女子バケジョ界のアイドル、

『バケドル』だと本気で思っているらしい。


四葉

※語尾を伸ばす 「かな~ etc」

元々真智とは科学部で一緒だったが、

クラス替えで真智と同じクラスになった。

文芸部との掛け持ちである。

真智を含めた仲良し3人組の一人。

実は中学生でありながら凄腕小説家として

プロデビューしている天才中学生ライター。

真面目でおっとりした性格で、眠くなるような喋り方をする。

しかし、そんな素顔とは裏腹に、一つ困った性格の持ち主でもあるようだ……。

実は彼女、真智警部補から複数の容疑で現在指名手配中である。

諸々の事情からか、アメニティや試飲試食はもちろん、借りパク疑惑さえ日常茶飯事な彼女。

四葉に家に遊びに来られた複数の被害者達から、

証言1

【冷蔵庫の中の食べかけや食べ残した食品がそれぞれ、気持ち少なくなっているような気がする】

証言2

【両親に内緒で買い、飲みかけのお酒や食べかけのおつまみの量が気持ち少なくなっている気がする】

など、日夜真智警部補の元には被害相談や捜索願いの相談があいついでいる。


そら

※自称 あたい 男言葉

仲良し3人組の一人。

バリバリの体育会系で、陸上部のキャプテン。

陸上部との掛け持ちで科学部に入部した。

真智言わく、食べる事と運動することしか頭にないらしい。

真智にノートを見せて貰ったことをきっかけに、仲良しになった。

科学部部室のソファーに昼寝に来ることとお菓子を食べに来るのが彼女の日課である。

本人言わく、親の方針でたくましく育てられたらしいが、

下品な言動を平気でする困った性格でもある。


谷先生

※自称うち 関西弁のつもり

本名 谷 恵美

真智達のクラス担任で科学部の顧問。

関西弁で話すいい加減でズボラな性格の女性。

しかし正義感は強く、近隣の恥異賭ちいと大学で

教授をしている天才数学者でもある。


登場人物紹介終わり



谷先生

「おまえら遅えわっ!!」


真智

「谷先生~。

今日本当に部活やる気なんですか?

明日にしませ~ん?

あたし、帰りにマ……」

谷先生

「却下!」


真智

「ちょっ、谷先生!?

あたし、まだ理由「マ」しか言って無いですよ!?」


谷先生

「ママのお迎え却下!

はい次」


真智

「ちょっと谷先生~!?」


「真智、お前、この歳で……?」


真智

「宙、ち、違うんだよ!」


四葉

「私誰にも言わないよ~」


真智

「四葉ちゃんまで!

みんな違うの!

ママじゃなくてマンガ!

あたし今日学校の帰りに新刊のマンガを買いに行きたいの!」


谷先生

「真智、お前なぁ~。

そんなのわざわざ今日買い行かんで

明日でええやろ?」


真智

「絶対今日続きが読みたいんです!」


谷先生

「アカンアカン、却下や!」


真智

「ガクッ。

しゅ~ん」


四葉

「真智ちゃん、落ち込んでる~?

大丈夫~?」


真智

「ううん、大丈夫だよ。

ありがとう、四葉ちゃん」


谷先生

そら、お前は今日部活出れるやろな?」


「谷センセー今日はすんませ~ん!!」


谷先生

「なんでや?」


「あたい実は今日っすね、

最近入った陸上部女子新入部員の着替えを観に

女子更衣室に行くんでぇ~、

えへへ、

えへ、

えへへへ~w」


谷先生

「もう、てぃんでしまえ……。



ほな四葉!

お前はどうなんや?」


四葉

「私はお父さんが山にイタチ狩りに行ってる間に

川に夕食のコケを採りに行かないと~」


谷先生

「え~い!

おのれはメソポタミア文明から出直せ~い!


コホン!

じゃあみんな今日の部活に参加でいいんやろな?」


真智・四葉・宙

「へ~い」


谷先生

「何やそのやる気無い返事は?」


真智 小声

「ねえねえ、四葉ちゃん?」


四葉 小声

「どうしたの真智ちゃん~?

ひそひそ声で~?」


真智 小声

「谷先生、いつもは授業も部活も全然やる気無いのに、

こういう自分が好きな分野の時だけ

みんなを巻き込むよね~?」


四葉 小声

「これが谷先生の性格だから

仕方ないんじゃないかな~?」


真智 小声

「そうだね~」


谷先生

「なあ、真智?

うちの今の説明で何をするかわかったな?」


真智

「え、え~と……」


四葉 小声

「真智ちゃん~?

谷先生は生玉子を高い所から落としても割れない

仕掛けを三人で考えなさいって言ってたよ~」


真智 小声

「ありがとう四葉ちゃん」

真智

「谷先生!

あたし玉子を割らないいい方法思い付きました!」


谷先生

「ホントかぁ、真智早いな~!」


真智

「とにかく玉子を割らなければいいんですよね?」


谷先生

「ああ、まあそうだな」


真智

「あたしに任せてください」


谷先生

「おお。作るのに時間はどれくらいかかりそうなんだ?」


真智

「10分で出来ます」


谷先生

「10分?

真智、それ正気か?」


真智

「大丈夫です。

三人で今から話し合って大丈夫ですか?」


谷先生

「いいぞ、じゃあうちは20分くらいしたら部室に戻ってくるからその時に見してや」


真智・宙・四葉

「わかりました~!」


「なあ真智、谷先生に本当にあんなこと言って大丈夫なんか?」


真智

「大丈夫。

二人とも耳貸して!」


四葉

「なあに~?」

「何だ?」


真智

「実はね……」




谷先生

「お前ら~、

戻ったぞ!

真智? さっき言ってた装置は出来たか?」


真智

「出来ましたよ」


谷先生

「どれや?」


真智

「これです」


谷先生

「これって、装置なんてどこにも無いやん」


真智

「先生……!?

まさかこの装置見えないんですか?

バカな人にだけは見えないらしいんですが、

谷先生はもちろん冗談で見えないって言ってますよ……ね?」


谷先生

「おい……、真智。うちをからかうなよ」


真智

「からかってませんよ!

ねえ、四葉ちゃんはこの装置見えるよね?」


四葉

「うん~」


谷先生

「まじかー!?」


真智

「宙も見えるよね?」


「何が?」


『ぎゅ~』

「痛てて、痛てて、

見える、見える」


谷先生

「おう……。うちも見える」


真智

「谷先生?

それ、ホントにホントですか~?」


谷先生

「真智!

うちをおちょくるな!

うちが見えるっていったら見えるんや!


ところで、ちゃんと玉子落としても割れないように作ったんやろうな?」


真智

「も、もちろんですよ~!」


谷先生

「じゃあ、まあ今回はお前らに特別にハンディをやろう。

本当は3メートル以上って言いたいところだが、

何メートルって条件うちは先に言わんかったからな。

うちが2メートル上から玉子を落として割れんかったら

お前らの装置みとめたる」


真智

「やった~!」


谷先生

「じゃあ、今から玉子落とすで?」


真智

「いいですよ」


谷先生

「そらっ!」


谷先生が玉子から手を話し、

玉子は一瞬で下に落ちた…………

はずだった。



谷先生

「?????


………………、


なあ、真智?

これ一体……、どうやったんや!?」


真智

「谷先生びっくりしました?」


谷先生

「そりゃびっくりするわ!

うちが下に落としたはずの玉子が

跡形も無く消えてるんやし……。

仕掛けを教えてや!」


真智

「嫌です!」


谷先生

「真智様、

そこをなんとかおねげえ~します!」


真智

「そうやって、

どこぞのメッセージアプリの

変顔キャラみたいにリアルに迫られるの、

はっきり言ってウザイんでやめてもらえます?」


谷先生

「グサッ!!」


四葉

「真智ちゃん、ま~ま~」


谷先生

「宙、お前はうちに仕掛け教えてくれるやろ~?」


「仕掛けは無……」

真智

「ゴホン! ゴホン!

あ~、あたし急に頭が痛くなった~」


谷先生

「急にどうした真智?

顔色は全然良さそうだが……」


真智

「今日はこれで、解散にしませんか?

ゴホンゴホン!」


谷先生

「…………?

なぁ~真智、

お前って……」


真智

「ん? 何ですか谷先生?」


谷先生

「お前ホンマおおちゃきいな~。

学生なのにお前のアソコは黒過ぎる。

ゲスの中のゲスや!」


真智

「グサッ!

先生ひど~!」



谷先生

「いや、待ちや……?

むしろエグいな。

実写版 まっくろコ◯助 や!」


リアル真智 心の中

(ナンデそうなっタァァァァ~!!)


谷先生

「真智は

そんなキモく劇画チックに驚いてどうしたナリか?」


真智

「ナリってちょっと谷先生~!?

それに《まっくろコ◯助》 って……それ、

言葉のチョイスいろいろと間違ってませんかぁぁあ!!?」


真智のイメージ

【カサカサカサ!

ポタ……、ポタ……、

ギョロ!!


まっくろコ◯助

「美◯ちゃん、ごちそうさまナリ~♪」


美◯ちゃん

「…………」】

真智

「実写版 怖っ!!」


谷先生

「お前『月水げすい※』とコンビをくんだらどうや?」


真智

「月水って誰でしたっけ?」


谷先生

月水げすい休一きゅういち や!

自称、素粒子物理学界のカリスマ美容師 を名乗る

マザコン◯ゲ眼鏡!」


真智

「あ~!あたし思い出しました!

確かあの、

素粒子物理学を研究する前に

まず自分の◯ゲ散らかった頭をなんとかしてほしい

あの谷先生の彼氏の 一休さん ですね?」


谷先生

「あんな彼氏や友人うちにはおらんわー!!」


真智

「だってあの人、谷先生のこと えみたん って……」


四葉

「え~?

谷先生に彼氏おった~ん?」


「あたいにもkwsk!!」


真智

「宙 顔近いよぉ~!

頼むからその鼻息と鼻毛

勘弁して~!!」


谷先生

「お前らそうやってうちの話しそらすんやない!!


真智・宙

「へ~い!」


谷先生

「ところで四葉?

この仕掛けうちに教えてくれるな?」


四葉

「…………」


谷先生

「は?

四葉どうしたんや?

何で喋らへんのや?」


真智

「そうだ!!

そうだった、そうだった!

谷先生~、四葉ちゃん実はインフルエンザなんですよ。

だから、みんなに風邪うつさないように……」


谷先生

「さっきまで四葉話してたやないか……」


真智

「それは……」


谷先生

「さては、お前ら……。

うちわかったで。

うちトイレに行って来るからお前らそこで待っとれ」


真智

「あ、谷先生……?」



谷先生

「戻ったで」


真智

「戻るの早かったですね」


谷先生

「お前ら、さっきのうちにもう一回見せてみ?」


真智

「えー!!?

もう一回ですか?」


谷先生

「真智~!

お前なんか嫌そうやな?

問題無いやろ?」


真智

「は、はい。

じゃあ、谷先生。

はい、玉子です」


谷先生

「じゃあ二回目、ほ~れ。


また消えたな……」


真智

「消えましたね、

凄いですね~。

じゃあ、もう外も暗くなりましたし、

そろそろ解散しましょう。

それじゃみんな、ばいば~い♪」


谷先生

「真智、ちょい待ち~!」


真智

「へ?」


谷先生

「お前らはこの後ろの機械が何かわかるな?」


真智

「ビ、ビデオカメラ……ですか?」


谷先生

「そうや。しかもうちが研究室で使うハイスピードカメラや


ほな再生、ポチ」



谷谷谷先先先生生生

『じゃゃゃあああ、


今今今かかかららら



玉玉玉子子子ををを落落落とととすすすでででぇぇぇ~?』


真真真智智智

『いいいいいいでででぇぇぇすすすぅぅぅよよよぉぉお~』


谷谷谷先先先生生生

『そそそらららっっつ!』


谷先生

「ストップ!!


ほらやっぱりや!

お前らこの玉子が地面に当たる0.002秒前

のコマ見てみ!」


真智

「子どもの手みたいですね!

何で玉子のところに手がのびてるのかな?

宙わかる?」


「あたいか?

知らない。

四葉は知ってる?」


四葉

「…………」


谷先生

「コマ進めて地面着地0.001秒前や!」


真智

「あちゃ~」


???

『ゴクンっ!!』



真智・宙・谷先生

「???」


谷先生

「なあ……お前ら?

確かに今……、

肉食恐竜が獲物を丸呑みにした時みないな

不気味で気持ち悪い音……

聞こえたやろ!?」


???

『グウェッ!(げっぷの音)』



真智・宙・谷先生

「………………!!?」


四葉

真智ちゃんごめんね~!

私今、実験の玉子飲み込んじゃったよ~」


真智

「あ! ねえねえ、あたしわかったよ!

さっきの犯人、野生動物さんだったんだよ!

たぶん、カメレオンとかそっち系の」


「そうかぁ~?

あたいは動物って言うより、

野生の植物の仲間だと思うぜ?

食虫植物が近いんじゃねぇか?」


四葉

「みんなもっと真面目に考えよ~!

野生動物や食虫植物が科学部の部室なんかにいる

訳無いよ~!

きっとみんな疲れてるから幻覚を見たんじゃないかな~?」


谷先生

「確かにそうやな。

そうやそうや!

さっきのは見間違い……って、

あれ?

つい今までうちが手にしっかり持ってた

カメラ……どこや!?

真智は知らんか?」


真智

「さ~。

宙知ってる?」


「さ~。

じゃあ、四葉?」


四葉

「これもたぶんみんなの見間みま……」

谷先生・真智・宙

「んな訳あるか~い!!!!」





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます