オッサン 保健室に行く

【登場人物紹介】

竜胆りんどう撫子なでしこ

通称 クチャ子※後に命名

死んだオッサンの生まれ変わった少女。


◆保健の先生

今ドキの若い女性の先生


※登場人物紹介おわり




保健室はこの中やな?


ワイは、授業中の為に閑散とした校舎の廊下を無駄に行ったり来たりしながらなんとか誰にも疑われることなく保健室までたどり着いた。


『ごっくん』

ワイは一度深呼吸して唾を飲むと

覚悟を決めた。

「あ~失礼しま~す!」

『ガラガラ~』


「あら?

竜胆りんどうさんじゃない?」


案の定、保健室にいたのは保健の先生だった。しかも女性で瞳が大きく顔が整っていてそこそこ美人。

髪は最近流行ってるらしい清楚系黒髪ロングパーマか。


(うっしゃー!)

ワイはちょっと嬉しかった。


(くぅ~♪

ワイの来世は開始早々オワコンだと思ったが

こんなイイ事もあんじゃね~か(涙))


白衣がたまらん。

しっかし、若い保健の先生に白衣はチートやと思うで。

月と真珠 と言えば読者の諸君にも理解してもらえるやろ。


ところで保健の先生の歳は20代くらいやろうか?

前半にしては雰囲気が落ち着いとるし、

かと言って張りのある肌ツヤから察するに後半とまではいかなんやろな。

しっかし、インナーの胸元から垣間見える保健の先生の π乙 デカイし、フォルムもええな~、ムフフw



竜胆りんどうさん、

さっきから独り言多いけど

大丈夫?」


「は~い 、ぜんぜん 大丈夫デース!!」


「朝から元気がいいわねw

あ、そうそう!

あなたが来てくれてちょうど良かったわ!

あなたにお願いしたいことがあるんだけどいいかな?」


「何ですか?」


「私、実は今朝から生理痛で腰が痛くって。

でもだからといって急に病院に行って保健室空ける訳にもいかないし……。

そこで私考えたのよ!

あなた女の子だし。


私今からこのベッドでうつ伏せになるから。

あなた……」


「お、わ、ワタス?」

『ドクン、ドクン』

心臓がはち切れそうになるワイ。

ワイは保健の先生のあまりにも予想外な提案に激しく動揺しながらも、

念の為に自分を指さして再確認をした。


「そう。竜胆りんどうさん、

あなたに言ってるの。

今から私の体、マッサージしてもらえる?」


「はい。

??……って、え~!!!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます