H.A.N.A.K.U.S.O 手間もお金もかからない花粉症治療の最前線

はじめにいいます。

僕は割とヘビーな花粉症です。

花粉症の治療法を調べていて、僕はある究極の治療法をみつけたのです……。




鼻くそを食べることは自然の予防注射みたいなもの。


そう語るのは、カナダ サスカチュワン大学生物学研究者のナッパー博士です。

ナッパー博士は「鼻くそを食べると免疫力が上がる」という今注目の健康法について、

科学的に研究しているそうです。

ナッパー博士は以下の様なことを言っています。


人類は非衛生な環境での生存に適するよう霊長類から進化してきたにも関わらず、清潔でいたいからという理由で周りの環境を過剰に清潔なものに変えていくことは望ましいことでは無いと。


ナッパ―博士とは他にもいるそうです。

その一例がハーバード大学やマサチューセッツ工科大学の研究者達の主張です。

鼻くそは良いバクテリアの塊で、「子どもが鼻くそを食べるのを両親は汚いと言ってやめさせるべきでない」

研究者達はそう主張します。


また、それ以外の主張として、

鼻くそを体内に取り込むことで呼吸器感染症や胃潰瘍、HIVに対しても防御できる可能性があるかもしれないそうです。


更に、アメリカ微生物学会の機関誌に載った論文によりますと、鼻くそを食べることで歯に虫歯菌が付着するのを防ぐことができるらしく、

現在、その利点を使った

【合成練り歯磨きやチューインガム】

が開発中らしいのです。

最後に、オーストリアの肺専門医 フレドリック・ビシンガー博士の興味深い主張です。

統計調査の結果、鼻をほじる人はそうで無い人より健康で幸せな生活を送っていると答える人が多かったらしいのです。



もしこの健康法で免疫機能のバランスが正常になり

花粉症が治ったら、免疫舌下療法の様に定期的に病院に行く必要は無いですよね。


僕自身、通院しなくても花粉症が治せる方法があるなら試してみたいのです。

床に落ちた食べ物でも3秒以内は可とする3秒ルール治療も含めて。


ただ、これらの健康法を勇気を出して試そうとする僕に対して、

心の中のベジータが言うんです。


『オレは地球人やナメック星人やカカロットと鼻くそを食べて花粉症を倒すぐらいなら・・・・・・・・・ 、

医薬品だけで闘って散ったほうがマシなんだ 』


「あの〜、お客様?」


『邪魔だ!

オレは今、◯根細胞の運命や知的生命体としてのプライドをかけた

究極の選択をしているんだ!』


「お客様の究極の選択が何か

私どもは存じあげませんが、

当店は、もう閉店なんですよ〜」


『何ー!?

もうそんな時間か!』


「はい。

ところでお客様?」


『何だ?』


「お客様は本日来店されてからずっと、

買い物カゴに入れた発毛剤と新商品の

【合成練り歯磨きとチューインガム】

を見つめていらっしゃいますが、

買われるおつもりですか?

それとも、買われ無いおつもりですか?

どっちなんですか?」


『あ、あの、

……さい』


「すみません、お客様。

少々聴き取りつらかったものですから、

もう一度、今度は少し大きな声でおっしゃっていただいてもよろしいでしょうか?」


『コレ、これ全部くださいっー!!!

こ、これでいいだろ!』


「毎度あり〜♪

ありがとうございましたー!」


『ふん!

の家来になんてなってたまるか……!!!

カラダと心は支配されても、誇りだけは思いどおりにならんぞー!!!』



あなたが僕の様にヘビーな花粉症だとして、

この免疫治療の最前線の健康法について

どう思われますか?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます