坂井玲奈から坂井令和(れいな)へ

作者 坂井令和(れいな)

192

68人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

何かに囚われることなく、ひたすら気持ちのままに進もうとする姿勢が潔くて美しいです!

躊躇しない願望、過去の自分への反省、読者や他の作者に対する敬意、もう様々な部分で共感してしまう内容です。

飾らない坂井さんの口調も小気味よく、寄り添って応援していきたくなるようなお人柄。

手がけられる作品も果てしなく幅が広く……エッジの効いた発想にハッとさせられます。

きっとあなたも彼女のファンになると思います。
(彼女ってバラして良かったのかな……笑)

★★★ Excellent!!!

「書き手」という人種は、いつの時代も我が儘である。
常に「我が我が!」と他人を蹴落とす悲しい人が存在するのは事実だ。

そんな中、故さくらももこ氏に勝るとも劣らないエッセイが令和という新しい時代に幕を開けたのは、偶然ではあるまい。
(作者の名前も令和ですし)

本作は手垢まみれのありふれた「時代を斬る!」系のエッセイでは断じてない。
逆だ。
心がほんのり温かくなり、時にユーモアも取り入れている点で、さくら氏のエッセイと相通じるものがある。

どの点かというと――他の書き手にとって有益な情報を、堂々とオープンにしている部分が代表例だろう。
この点に作者の温かみが溢れ出ている。

そして秀逸なのが、一切の予告無し・抜き打ちで行われる「コンテスト」だ!
いきなりの「結果発表~!!」の展開は、東野圭吾氏や伊坂幸太郎氏がミステリーのクライマックスで怒涛の展開で見せる勢いに酷似している。

諸君、ゆめゆめ油断なさるな!
次のコンテスト受賞者があなたである可能性は十二分にあるのだから!

★★★ Excellent!!!

皆さんはどうしてカクヨムを始めたのでしょうか?楽しいから、他人と交流したいから、本気で小説家になりたい、なんとなくetc…

そして今、皆さんはカクヨムを「楽しめてますか」?読まれないことや評価されないこと、人気が出ないことに苛まれて小説を書くということの本来の楽しさを見失ってはいませんか?あなたがここにきた動機も含めてね。

この人のエッセイを読んでみてください。自分の素直な気持ちを今一度思い出すチャンスかもしれません。本当の創作の意義を見いだせるかもしれませんよ。

Good!

というのが伝わってきて、読んでるこちらまで楽しくなってきます。

「上手い小説」「読まれる小説」を目指すようになると、そういう純粋な「ワクワク」や「書く楽しさ」を忘れてしまいがち。

だけど本来、創作って「楽しい!」からはじまったものですよね。
この日記を読んでいると、そういう純粋な気持ちを思い出すんです。

★★★ Excellent!!!

 坂井さんの文章が楽しいのは、多分、ご自分も楽しんで書いていらっしゃるからだと推測します。
 実際、苦悩の果てに作り出されたモノは、やはりどこかに重みがあって、それが重すぎる時もあるのですが、坂井さんの作品は、明るい、面白い(笑える)、楽しい、この三つが揃っています。
これが、読者を楽しませるポイントでもあるのです。
 新しい筆名で、これからも楽しませて下さい!

★★★ Excellent!!!

KACに参加した人でこのエッセイに共感できないという人はほとんどいないのではないでしょうか。
KACに参加した人にぜひ読んでほしい作品。
そしてKACに参加してない方にもこんなに面白かったんだよ!っていうことを知ってもらうのにも良い作品だと思います。

★★★ Excellent!!!

共感の嵐ですなあ。
小説って書けるものなのか知らなかったけれど、
書いてみたら書けるわけで。
ひとつ書けばふたつもみっつもネタがひっついてきて。
あれよあれよと次々に書くことになってしまう。
カクヨムの被害者といってよいのでは。
有給までとってしまうなんて、かなり重症です。

KACの応募作としてはじまったのですけれど、
エッセイ集、あるいはみんなの広場的なものに模様替えしました。
坂井令和(れいな)さんのキャラが出ていて面白いのでは。

★★★ Excellent!!!

楽しむことが大事なのだと、私もそう思います。
あの人の作品は私よりも面白くはない。
この作品は何で評価されているのか判らない。
なのになんで私が評価されないんだ。
そんな心で満たされてしまえば書くことすらも面白くなくなっていくものです。
そしてそんな考えは作品に影響し、結果的に筆を折ってしまうと私は思っております。

周りにはいろんな文体や作品が溢れていますし、素敵な作品だって腐るほどあります、好き嫌いせずに作品だけではなく作者様に感想を飛ばしていけばきっとその作品が好きになったりもします。

坂井玲奈様もその気持ちのまま、ゆるりと楽しく作品を続けてくださいませ。
その考えは非常に好ましいと私は思っております。

★★★ Excellent!!!


小説好きな方必見です、出来上りのきちんとした作品魅力ですよね。出来れば私も死ぬまでに沢山出会いたい(〃^ー^〃)でも小説好きな人でも読めないものがあるんです!それは作家が小説を作る過程です。読んであなたも面白い小説作りに参加して見ませんか?坂井令和さん絶賛企み中ですヽ(・∀・)ノ





書く人 読む人 書くだけの人 読むだけの人。ぜひ坂井令和さんのエッセイを読んでみて下さい。物語が好き。慣れた人には当たり前の言葉が、とても価値があることだと改めて思うはず。坂井令和さんは、こんな書き手さんです。なんと小説も書きます。これを読んだらぜひ彼女の小説も読んでみて下さい。このエッセイを読んだ時に感じた事が、間違いではないと思えるはずです。




この坂井さんのエッセイを読むと小説が好きなの人「小説っていいな」とか「自分も書いてみようかな」小説を書く人は「自分も書くぞ!」「この気持ちに応えるような作品を書きたい」そんな風に思うのでは。すべての物語を愛する人に。これから物語を愛する人たちへ。読んで頂きたい言葉です(〃^ー^〃)

★★★ Excellent!!!

本当に沢山のありがとうを伝えたい気持ちでいっぱいの企画でしたね!
素晴らしい作品たち、素晴らしい作品様、私以外にも多くの想いが詰まったイベントだったのではないかな?と感じました!
沢山読んでいただきまして、本当に感謝感激雨あられです!!(笑)
素敵な作品を生みだしてくれて、ありがとうございました!!

★★★ Excellent!!!

小説は書いてる内は作者様だけの物である。

しかし、
作品を公開するという事は、読者様を意識しないといけない。

だって、
作品の価値は読者様で決まるのだから。

読者様の気持ちになるには、自分も読者になるべきだ。

読んで欲しいけど、人の作品は読まないは、ただの我が儘である。

作品を読むのは無駄にならない。

色んな作品の良い所、悪い所が見えてくると、自分の作品も客観的に見れるから。

自分の作品を少しでも向上したいなら、勉強は大事です。

本当にWeb小説を書いてる人には考えさせられる内容でした。