ひいじいちゃんの通夜にひいじいちゃんと出た時の話

作者 @h_lhf

15

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

生きて死ぬ。どんな人間でも体験する単純な真理である。
その命の営みには本来何の意味もないかもしれないが、こういうふうに「自分の生きざまを褒めてもらえたら嬉しい」という気持ちはおおいに共感できる。

人生を全うした。できればそう胸を張って、いつか来る自らの終わりをむかえたいものである。

★★★ Excellent!!!

103歳まで生きたひいおじいちゃんが亡くなった。
そして、通夜の席でおばあちゃんが場に似つかわしくもない台詞を口にした。
「おめでとう」と。人が亡くなってなぜ「おめでとう」なの?

ひ孫である僕と幽霊になったひいおじいちゃんの交流が温かい少し不思議系SFです。生きるって何だろう、人生に意味ってあるんだろうか。そうした問いかけに葬式という終焉から答えを見出すお話です。

世界にはお祭り騒ぎをする国もあろうそうだから、こういう賑やかな葬式も悪くはないんじゃないでしょうか?