9S〈ナインエス〉

作者 葉山 透/電撃文庫

143

49人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

連載再開おめでとうございます。
友達の紹介で初めて読んだ小説。それまで活字は読めなかったけど、これから小説の面白さにはまり、ラノベや文学作品を読める様になりました。
葉山さんの作品はどれも本当に面白いですが、1番楽しみなのが9Sです。それだけに作者の納得のいく作品にしていただきたいので今までもこれからも待ちます。なので最高のエンディングに向けて頑張ってください。
改めて連載再開本当にありがとうございます。

★★★ Excellent!!!

学生の頃にわくわくしながら続きを読んでいた小説です。SFがこんなに面白いジャンルだと教えてくれました。
連載再開を聞いて本当に嬉しかったです。嬉しさのあまり電子書籍で先生の著作を全部買いました。
これからも応援しています!由宇と
闘真の活躍が楽しみです。

★★★ Excellent!!!

現在21の社会人です。
中学生の時に図書室に一巻だけあった9Sの二文字に興味をそそられ
借りて読んだその日に出てるだけ買って読破しました。
新刊が出るのをずっっっっっと待ってました!
続きが読めるのがとても嬉しいです!
SFだけどリアルなSFで
とても作り込まれた遺産の機能だったり
人間関係、全体の動きなど
どんどんのめり込める作品です!
語彙力の無さに泣きたい

★★★ Excellent!!!

一見ありえない事象で読者に問いかけ、考えさせ、そして予想の上を行く答えをちゃんと与えてくれます。

中国語に「意料之外,情理之中」という言葉があります。つまり理にかない、なおかつ読者の予想の上をいく物語が面白いということです。それを地で行く技量をたった数ページで見せつけたのがこのプロローグです。

そしてこのたった数ページで『9S』の面白さにハマった自分を褒めたいです(笑)。

私事ですが、思えばこのプロローグは、私のライトノベル翻訳者としての人生のプロローグでもあります。

まさかこのような形で、たくさんの読者と一緒に拝読させていただくことができるとは、思ってもみませんでした。なんだか涙が出そうです。

これからも、面白い物語をくださいね!