[詩集] ホノカ二ウチヒカリテ

作者 Kaede Moridaka

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全50話

更新

  1. キスしたあとの、ほのかに香るビールの味
  2. 「人は独りでは生きられない」ってお前が言うな!
  3. なんの手段も無い
  4. 極限孤独と睡眠薬が生み出す時間軸の海
  5. 極限孤独が引き起こす全身痙攣と吐血
  6. 我れに木太刀の一本なりともあれば
  7. 非常口
  8. 誕生日は自殺願望がピークに達する
  9. 孤独の神髄
  10. 恋愛の神様
  11. 止まったままの時計
  12. 身元保証人を求めるクズたち
  13. 霧が無くなったとき、目の前には警察官がいる
  14. 前を向くという言葉
  15. 満開の桜木たちの隙間から見える墓地
  16. 吐血と汗と涙と震え
  17. 極限孤独の世界では彫刻刀の使い方が変わる
  18. 私が最愛の人を殺したら、君はどんな顔をする
  19. 誘拐未遂
  20. ほんの一粒の桜の花びらが水面に舞い降りる
  21. 生まれてから死ぬまで、会話の相手が1人もいない人生なんて誰が耐えられる?
  22. 身勝手な定義を世に送り出す成功者たち
  23. まるでショーケースの中に飾ってあるおもちゃを欲しがる子供のように
  24. 仕事をしていないから孤独になるのではなく、孤独だから仕事ができない
  25. 「孤独死」という言葉の使い方が間違っている
  26. 僧侶って存在するの?
  27. ランバージャックデスマッチ
  28. 私を探して、私を見つめて
  29. 自傷行為という一言で片づけられてしまうけど、実際は全然違うんだよ
  30. パラレルワールドの境界線が崩壊
  31. 今が永遠に続けばいいのに……
  32. 1回きりの人生を失った絶望が深すぎて、何も手につかない
  33. ラストデイズ
  34. デジャヴとジャメブ
  35. 重なった時間を、もう一度記憶の底に沈めて
  36. スペースデブリ
  37. 券売窓口の中から通り過ぎていく人生の流れを見つめて
  38. 初夏と新緑と憂鬱と傷だらけ
  39. 散らばった服を拾い上げて、25年前の洗濯機に放り込んだときのフリーズ
  40. 私は三日月なんか見ていない
  41. 正解はどこにあったのか?
  42. 感情はいつ死んだのか?
  43. なぜか、恋愛を経験したことになっている
  44. 無人島漂流生活と中年漂流生活は、いったい何がどう違うのか?
  45. ゴミ収集車を眺めていると……
  46. 月影がいざなう
  47. 一番送りたくない一回きりの人生だった
  48. 出会いの条件が神の領域
  49. 新緑の大地に落ち葉が舞う
  50. 炭酸リチウムの脳内感覚