魔王様、溺愛しすぎです!

作者 綾 雅(りょうが)

872. 甘い雰囲気は吹き飛んだ」への応援コメント

このエピソードを読む

  •  ピヨは魔王様の機嫌が悪いことはわかるのか(本能は仕事をしている)
     で、疑問はすぐ忘れる鳥頭(……おそらく烏ではなく駝鳥が親戚にいるのだろう)

     アベルの安否確認が取れていないのも気になるが、今回護衛のはずのベルゼビュートの姿がずっとない……。
     夜会の準備の手伝いをしているとも思えない。
     吸血鬼王と温泉街で鉢合わせしていないといいけど。

    作者からの返信

    ピヨはまだ人間でいう1歳未満なので、ほぼ
    赤子……つまり本能優先型ですw
    何も覚えないけど、好き勝手に本能のまま
    興味が向くままに動きます。

    アベルの安否……奴はどこに捨てら……げほっ
    いやいや。どうしたんでしょうね。

    ベルゼ姉さんは浴室にいそうな予感w

    2020年7月2日 17:15

  • アシュタ、さっきの出来事を根に持っていての行動か
    買い物先でアベルか他の誰かがやらかした腹いせか
    真実はわからないが死亡事件()に繋がる行動を
    アシュタがとるとは思わないな笑

    作者からの返信

    (*´꒳`*)ウフフ アスタロトがそんな悪いことする
    はず……ないじゃないですか! たぶん~
    きっとぉ~

    2020年7月2日 17:14