魔王様、溺愛しすぎです!

作者 綾 雅(りょうが)

867. 絵がいっぱいの本」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 屋の猫と古本屋の店主店が頭を下げる
    店主”店”の店が不要かな

    これが印税というやつか
    ほっそりと営業する予定だった店主な老婆さん
    魔族だから最後までやりきれるよね笑

    作者からの返信

    はい (`・ω・´)キリッ 直しました。
    助かりますです、はい。

    初の印税……後日対策を考えないと、コピーされ
    まくる未来しか見えない_( _´ω`)_

    2020年7月1日 15:56

  •  種族的に文字の読めない魔族もいたはずだから、漫画のような本がなかったのはちょっと意外。
     本の複製が無かったということは魔王史も全部手作業?
     印字技術とかどうなっているんだろう?
     ベルゼビュート並みとは言わないが読みにくい…個性的な……達筆な文字の人に当たったら解読するのも大変そう。
     魔方陣で複写すると誤字の修正とか増版のたびに行わないといけないよね?
     リリスが持ち帰った元になった本は保存用の劣化防止の魔法がかけられて国会図書館の書籍並みに管理されそう。
     7~8年後の安定供給はやっぱりリリスの子供に合わせて準備しているのだろうか。
     ああ、清野家の子供の可能性もあるか。

    作者からの返信

    漫画はないけど、絵本はありました。
    そこまで詳細な描写が不要だったのは、子供
    を大切に育てる魔族にとって、口伝えが
    ものすごく発達してたんですね(* ̄ー ̄*)ニヤリッ
    書類の複製はよく行ってました。
    本の形で複製したことがなく、1枚ずつ
    複製したものをファイルする形が一般。
    今回は本をバラさずコピーしました。
    原本は収納に保管が一番ですねd(・`ω´・)グッ

    2020年6月30日 13:41