魔王様、溺愛しすぎです!

作者 綾 雅(りょうが)

777. 懐かしさと謝罪」への応援コメント

このエピソードを読む

  •  3人の日本人はあまり異世界の話をしないけど郷愁の思いがないわけじゃないものね。
     アベルは人間に思い入れがないみたいだけど、清野兄妹は父親と妹が確か存命のはずだし。

    「放り込むために繋がった瞬間」
     何か放り込んだ?
     3人が何かに急かされる様にオレリアと一緒にフェンリルの森に飛んだのは記憶に残っているんだけど。

     カルンは助けを求めに来ただけなのかな?
     海からの最初の使者は霊亀だと思うんだけど。
     魔の森のお母さんといえどもこの世界にない物質を浄化するには前準備のために時間が必要だと思う。
     魔の森と海はタイミングの最終調整をするために分身を配置したのではないかな?
     カルンが黒くなったのも、海の分身だからじゃないかなと推察。

     黒い何か、公害病を思い浮かべましたよ。

    作者からの返信

    帰らない決断をしても、細く繋がって感じる
    故郷は心の支えだったでしょう。
    なかなか帰らないけど、存在が心に深く残る
    のがふるさとです。

    放り込んだというか、勝手に放り込まれた
    というか。フェンリルの森を目指したのは、
    方向を示しただけなので、本当の目的地は
    海だったと思われます。←自覚なし

    カルンはおそらく予想外に人化した可能性
    あります。使者は霊亀の予定だったけど
    珊瑚もいるじゃん?みたいなw

    公害病は近いです (`・ω・´)キリッ

    2020年4月16日 19:55

  • 黒い何か、工場とかから出る汚染物(ゴミ、廃油くらいしか…
    本当にネタ枠のgしか思いつかない笑

    作者からの返信

    廃油はけっこう近かった?かな。
    出してはいけないゴミという意味でも……
    黒い灰は汚染物質として最悪でした。

    2020年4月16日 19:49