魔王様、溺愛しすぎです!

作者 綾 雅(りょうが)

739. 結束と侵攻の境目で」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 優しい民と転機の民

    作者からの返信

    守られる弱者でも、物理面なら動ける。
    少しでも手助けする姿勢が素晴らしいです。
    昔の日本人の良き姿ですよ・:*:・(*´▽`*)うっとり・:*:・

    2020年3月27日 16:07

  •  力を削がれたはずの人族がこのタイミングで侵攻して来たか。
     勇者の呪いで「神様のお告げ」でもあったのかなと邪推するレベルの素早さ。
     イザヤたちもフェンリルの森を指定してるし、「何か」の意識干渉があって反応しているのかなって疑ってしまう。勇者の呪いは強制力が弱いから3人が操られたりする心配はしてないけど。
     魔族側も即位祭のおかげで城や城下町に民が集まっているから、緊急時の対応ができてるんだよね。
     即位祭が無ければ各自の生息地にいるから情報を集めるにも転移するにも魔力が必要になって、早々に魔力の枯渇状態になっているはず。
     魔の森がこの時期を選んで何かを仕掛けたのかな?

     イザヤたちが人族ではなく日本人と呼んで欲しいと願うのはわかるな。
     こんな奴らと同じだと思られたくないよね。

    作者からの返信

    このタイミングです。なぜ人族が動いたか。
    考えなしでタイミングが合ったのか、誰
    かの思惑なのか。
    彼らの存在は異物なので、魔の森との相性
    最悪ですね。
    イザヤ達も大分類だと人族なので、何か
    違和感を覚えたのかもしれません。
    徐々に魔族は魔王城へ終結せざるを得な
    くなるでしょう。今の時期じゃないと
    ダメな理由があったのか。

    ちょっと魔の森ママンに聞いてきますね
    イソイソ…((((*・ω・)ノ

    2020年3月27日 16:00